年収500万以上の生活をするために、今日からできることとは

年収500万円をもらっている人の割合は、給与所得者の中で3割ほどと言われています。

働いている人の3分の1くらいが年収500万円ということですが、これを多いと感じるか少ないと感じるかはその人が働いている業界や、住んでいる地域にもよるでしょう。

平均的な成人男性が年収500万円に到達するのは、30代の終わりごろとも言われていますが、それだけの年収を得るために今からできることはあるでしょうか。

年収500万円を達成するために

application-blur-business-270408

年収500万円の生活は概ね中流と言っていいです。

夫婦と子供二人の4人家族でも、持ち家で普通に暮らしていけるレベルと言えます。

厚生労働省の統計データでは、年収500万円台の仕事には次のようなものがあります。

 

  • 技術士 年収      596.99   万円
  • 歯科衛生士 年収      577.58   万円
  • システム・エンジニア 年収      560.21   万円
  • 薬剤師 年収      552.62   万円
  • 電車車掌 年収      547.01   万円
  • 診療放射線・診療エックス線技師 年収      545.85   万円
  • 圧延伸張工 年収      544.18   万円
  • 自動車組立工 年収      538.56   万円
  • 発電・変電工 年収      526.63   万円
  • 各種学校・専修学校教員 年収      525.04   万円
  • 港湾荷役作業員 年収      523.29   万円
  • 化学分析員 年収      520        万円
  • 臨床検査技師 年収      514.47  万円
  • 社会保険労務士 年収      506.72   万円
  • クレーン運転工 年収      506.18   万円
  • 一般化学工 年収      505.15   万円
  • 機械製図工 年収      501.59   万円

 

見てわかる通り、特別な才能がなければなれない仕事というのはありません。

学歴や資格がなくても、やり方次第では稼げる額だということです。

 

しかし、実際に稼ぐとなるとどうしていいかわからなくなる場合もあります。

例えば、日本の平均年収は現在420万円程度ですが、これを基準にした場合、さらに80万円を稼ぐためにはどうしたらよいでしょうか。

今日からできることは何があるでしょうか。

 

 

年収を上げるためにその① 副業

 

本当だったら、会社内で出世して給与をアップさせることも考えられるのですが、月に5万円給料をアップさせるのも結構大変です。

そのような場合、手っ取り早く収入を上げるのに有効なのは副業です。

副業ならば、月に5万円程度稼ぐことは比較的簡単です。

土日に家でゴロゴロしていてもしょうがないと言ってパチンコ店でアルバイトをしている人もいました。

時給1000円でも8時間働けば8000円、さらに毎月土日に8日入って、これだけで64000円になります。

 

また、近年ではインターネットで仕事を探すことも楽になってきました。

企業から個人に向けて仕事を依頼するようなサイトやサービスも出てきているので、それを利用するのも良いでしょう。

有名なのはLancersやクラウド・ワークスあたりです。

 

ただ、会社によって副業禁止の場合もありますので、そこは注意が必要です。

 

 

年収を上げるためにその② 転職

 

あまりにも今の給与が低い場合、またはどう考えても年収500万円に届かないと思われる場合は、転職をお勧めします。

業界間、会社間によって年収には確実に格差があります。

商社・金融・メディアなどは年収が高い業界と言われています。

また、逆に平均年収の低い業界もあるので、その壁を超えるだけで年収がぐっと上がる可能性があります。

知り合いの美容師がメーカーに転職して、年収を大きく上げたことがありました。

美容師の平均年収は284万円、平均年齢は30歳と言われています。

美容業界はおしゃれな職業なので人気ではありますが、平均年収はあまり高くない傾向にあるようです。

 

あるいは、同業界でも会社を変わるだけで年収が上がる可能性があります。

同じ業界でも調子のいい会社と悪い会社は確実に存在しています。

自分の能力に自信がない場合でも、やってみると意外に転職できたりもします。

まずは勇気をもって初めの一歩を踏み出すことが大切です。

 

 

年収を上げるためにその③ 社内顧客の考え方に切り替える

 

今の会社で努力して出世し年収500万を達成する、というのも方法の一つです。

企業ごとの平均年収は、企業の大きさに比例するというようなデータもあり、大企業ほど平均年収が高い傾向にあります。

しかし、従業員が100人ほどの中小企業でも役員になれば年収1000万円ほどになることが多いです。

年収500万円ならば、中間管理職でも可能な額です。

ただし、出世するには上司に認めてもらう必要があります。

また、ポストがない場合はどんなに優秀でもなかなか出世できない場合もあります。

こればかりは運も絡んできます。

もっとも、だからと言って努力を怠るのは前向きとは言えません。

社内顧客と言う考え方がありますが、出世するために上司に認めてもらうためには、上司を顧客ととらえて、その人が望む結果を出すことが大切です。

 

 

まとめ

DCIM100MEDIADJI_0008.JPG

DCIM100MEDIADJI_0008.JPG

以上、年収500万以上の生活をするために、今日からできることとは、ということで見てきました。

副業、転職、社内出世と今回は3点を挙げさせてもらいました。

年収を増やすのに必要な方法とは、大まかに言えば実は一つしかありません。

それは実績を積んで、信用を得ることです。

副業の場合は仕事が増えるし、転職にも有利になります。

また、社内でも出世しやすくなります。

どうやったら自分の実績と信用を高められるか、そこからスタートすれば考え方はもっと大きく広がります。

合わせて読むべき記事

aerial-business-computer-1011329

男性に人気!大阪で探す高収入のお仕事

      大阪で探す高収入の仕事     1.保…

clean-setup-keyboard-and-glossy-desktop-display-picjumbo-com (2)

年収1,000万以上の仕事をしている人の共通点

稼ぎ方は人それぞれ   年収1000万円以上の人は全労働者の5%未満です。 しかし、数はそ…

bc0e5a0a438b321594ed1d73d29f330c_s

年収1,000以上の生活の実態調査

年収1,000万円の手取り 総支給から税金などを引いた、実質自由に使えるお金のことを可処分所得と言い…

806076ed25fa703936bc9288134a5c1f_s

今注目の年収500万以上稼ぐ仕事

状況は刻々と変化する   時代とともに消費者のニーズは大きく変化していきます。 それまで必…

man-checking-his-iphone-working-at-home-office-picjumbo-com

年収1,000万以上の仕事って実際どうなの?職種から手取り、貯金まで徹底調査

年収1,000万円を実現できるのはどんな職業? 年収1,000万円というと「高給取り」の代名詞です。…

smartphone-diary-and-silver-pen-on-black-workspace-desk-picjumbo-com

年収1,000万以上稼ぐにはどうすればいい?

上位5%に入るためには   年収1,000万を実現するためには、どんな方法があるのでしょう…

publicdomainq-0020186gnx

年収1000万以上稼ぐにはどんな資格や特技を持っておくべきなの?

年収1000万円以上稼げる仕事をみる 年収1000万円稼ぐために必要なスキルや資格を知りたければ、ま…

publicdomainq-0019218vqg

年収をUPさせたい…20代の営業マンが年収UPするためにすべきこと

営業マンに求められるもの それでは営業マンが年収をアップさせるために必要なものは何でしょうか。 営業…

silver-pen-in-open-business-day-planner-diary-picjumbo-com

年収1,000万円以上稼ぐには?夢に近づくために行うこと

  少しでも目標に近づくには 年収1,000万円を稼ぐ方法とはどのようなものでしょうか。 …

designer-home-office-picjumbo-com (1)

簡単!年収500万以上稼ぐ方法

上場企業で働く 一般的に上場企業や大企業に就職や転職をすることで、高年収を得られやすいといったことが…