30代で稼げる仕事とはどんな職業?

30代で稼げる仕事というのは、様々な職種がありますが、1つだけ注意しなければならないポイントもあります。

それは、「他の年代では稼ぐことが出来ているのか?」ということです。

仕事をする上で、一般的には20代~60代の方が多いと思われますが、業界や職種などによって稼げるシーズンが異なっているケースが多いために、どの世代を基準にするのかということで大きく変化することになります。

仕事によっては、20代~30代は苦難の道となっているが、40代以降は仕事量も減って収入が上がるというような職種もあります。

逆に、20代の頃は同期と比べてもかなり多い給料をもらっているが、30代、40代になると尻窄みに収入が減ってしまうという職種もあるために、30代で稼ぐためには何が必要なのかということについて詳しく紹介していきます。

30代で稼ぐために必要な条件というのは2つしか無い

30代というのは、日本社会において労働環境を考えた時に改善することが出来る最後のチャンスを掴むことが出来る年代でもあります。

日本という国は、実力主義が謳われて久しくなっていますが、企業としてはまだまだ年功序列制度が蔓延っている国でもあります。

そのため、40代~50代になってから転職をしても、いま以上に稼げる仕事に就くことが出来る可能性は低くなっていて、稼ぐために仕事を変えるのなら、30代が最後のチャンスであるということを知っておいてください。

そして、30代で稼ぐために求められる条件というのは、原則として2つしかありません。

  • 今までの経歴を踏まえた能力を示す
  • 仕事に就くために特殊な資格が求められる職種に就く

これらのどちらかの条件が求められることになりますが、どちらも有しているのなら30代で稼ぐ仕事に就くのはそれほど難しいことではありません。

30代というと、20歳で就職をしたとして、10年~20年の経験を積み重ねているということになります。

つまり、自分の積み重ねてきた仕事に関しては大きなキャリアを持っているということに繋がるために、同業界に転職をする場合は就職しやすくなるというメリットがあります。

ここで注意しなければならないのは、自分が積み重ねてきたキャリアが、「稼げる仕事に合っているのか?」ということになっていて、業界自体が先細りとなっているような仕事でキャリアを積み重ねても稼げる仕事に就くことが出来る可能性は低いということです。

そこで求められるのが、仕事をするために特殊な資格が必要となる職種となっていて、こちらの場合に代表的なのは「士業」となっています。

弁護士や税理士、公認会計士というような士業と呼ばれる職業に就くためには、当然のことながら難関と言われている国家資格を取得しなければいけません。

しかし、資格を取得することによって稼ぐ仕事に就くことが出来るというのは、考え方によっては手軽ということも言えますので、稼ぐために最も手っ取り早い方法だとも言えます。

資格も能力もない状態から稼げる仕事に就くためには?

30代というのは、今までの積み重ねたことによって稼げる仕事に就くことが出来る年代でもありますが、今までに積み重ねたことがなかった場合には、どうすれば良いのか分からなくなってしまって、現状維持を選択してしまう人も多いです。

そこでこちらでは、20代の頃に選んだ道を誤ってしまった場合に、30代でどのように修正すれば良いのかということについて詳しく紹介していきます。

世間的に見ると転職や再就職が難しくなると言われている30代ですが、稼ぐ仕事に就くために職種を選ばなければ、まだまだキャリアアップするチャンスは残されています。

重要なのは、「稼ぐことが出来る職種を選ぶ」ということになっていて、30代で転職をすることによってゼロからキャリアを構築することが可能になっています。

そして、30代から何の能力がなくても、ゼロから始めることが出来て稼ぐことが出来る仕事の代表格となっているのは「営業」の仕事です。

営業というのは外部の企業や個人から仕事を受注したり、販売したりする仕事をしている人の総称となっていますが、営業職というのはどのような業界でも渡り歩く事が出来る職種でもあります。

そのため、キャリアアップがやりやすいということが挙げられますが、それよりもオススメなのは「稼ぐことが出来るチャンスが多い」ということです。

どのような営業をしているのかということでも大きく異なることになりますが、例えばマンションの営業や証券会社の営業などの場合は、会社によっては30代で年収が1,000万円を超えることも珍しいことではありません。

1,000万円以上稼ぎたいという人も多いかもしれませんが、日本という国で、年収が1,000万円のラインを超えているのは労働人口の4%に過ぎないというデータもありますので、1,000万円という数字は1つのゴールだと思われます。

resize-11bb8

 

独立することによって稼げる仕事にする

30代で稼げる仕事に就くための手段として考えられるのが、「独立をして稼ぐ」ということです。

30代というと、既にその業界で10年~20年のキャリアを積んでいるということになるために、仕事をする上でのノウハウを掴んでいる人も多いです。

そのような人の場合は、独立をすることによって年収をアップさせることも可能になっています。

30代での独立が多い業界と言えば、建築関係とIT関係が挙げられますが、両者に共通しているのは「初期投資が低く、人員が少なくても稼働できる」ということになります。

極論を言えば、1人でも仕事をすることが出来る職種でもあるために、独立しやすいということが挙げられます。

独立してしまうと、当然のことながら全ての業務を自分で行うことになりますが、支払われた収入は全て自分のものになります。

こうすることによって、業務量は多くなりますが、稼ぐ仕事に就くことが出来ると言い換えることも可能です。

match

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

30代で稼ぐ仕事に就くことは難しいと考えている人も多いですが、要点を抑えることによって稼ぐことが出来る仕事に就くことは難しいことではありません。

もちろん、稼ぐためには何らかの努力や成果というものが求められることになりますが、何もしないで高収入を得るということは不可能だということを知っておいてください。

「努力によってしか、稼げる道はない」と言えるように、おいそれとキャリアチェンジ!独立!という軽い気持ちで年収が上がるわけではなく、常日頃プレッシャーにさらされていなくてはなりません。

 

合わせて読むべき記事

gahag-0089178445-1

20代ならではの起業方法と起業の手順について

20代で起業する方法 箱を作るだけならば簡単にできるので、起業だけならすぐにできます。 しかし、事業…

AdobeStock_64617196

20代で「稼げる人」になるために覚えておきたい仕事探しのポイント

  業界を考える   無い袖は振れない、という当然の理屈があります。 あなたの働…

85d32e2e88e87dfe07305f32affdb08b_s

20代から稼げる仕事ランキング

20代から稼げる仕事ランキング   今回は厚生労働省が発表している平成28年度の『賃金構造…

d0e6b7deee27c10b5bef617796ff0efe_s

30代で稼げるようになる仕事一覧

弁護士   日本の3大国家資格の一つである弁護士は、高年収の仕事で知られています。 現在、…

no image

20代必見!稼げる仕事に就くために知っておきたいビジネスマナー

  【20代】知らなきゃまずいビジネスマナー   20代の比較的経験の浅いビジネ…

505f12f501cab127dc1631952d92b0c6_s

30代で起業する方法とリスク

30代で起業するために   起業するためには、それなりの準備が必要です。 いきなり何もない…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

すぐに準備しないと間に合わない!30代で稼ぐ方法とビジネスに必要な知識

30代という状況 何事も傾向と対策ですが、最初に30代を取り巻く状況を整理してから、そこで稼ぐ方法を…

photographer-designer-office-workspace-setup-from-above-picjumbo-com

30代で起業!知って得する起業方法を徹底解説

30代がキャリアの分かれ道である理由 30代という時期は、企業内で役職につき、責任ある仕事を行ってい…

mojito-with-a-laptop-picjumbo-com

30代だからできる!30代の稼ぎ方とは

スキルのある社会人なら副業を積極的に 古い体質の多くの大企業が副業を禁止していることは確かですが、そ…

Man Writing Document Dinning Table Concept

20代営業マン必見!年収を左右するポイント

若手営業マンの年収を左右するポイント ポイントその① バイタリティ   まずは何よりもバイ…