年収1,000万以上稼げる方法はこれ!

現在、労働者の7割が400万円台以下の年収で生活しており、年収1,000万円を稼げる人は、全労働者の5%未満と言われています。

年収1,000万円は人によっては一生届かない数字でもあり、しかし、努力すれば到達できそうな金額でもあるため、がんばってみようと思う人もいるはずです。

しかし、目標を立ててみたはいいものの、どうやって稼げばいいのか、わからなくなってしまう人もいるはずです。

そんな人たちのために、年収1,000万円以上を稼ぎ出すにはどのような方法があるのか紹介していこうと思います。

すでに整備されている道を歩く

turkish-airlines-1940463_1920

車輪の再開発、という言葉をご存知でしょうか。

車輪は長い年月の間、様々な試行錯誤を経て確立された物の代表です。

これを一からまた作り直すには時間も手間もかかります、

すでに完成品としてあるならば、それを利用するのが最も効率的であるという事を揶揄した言葉なのですが、これは方法論としても言えることです。

年収1,000万円を稼ぐにはどうしたらいいかを一から必死に考えるより、すでに年収1,000万円以上を達成している人が通った道を、なぞって進んでいくのが最も効率的と言えそうです。

 

 

多くの人が通った道が、安全で確実

 

年収1,000万円に到達するにはどのような道があるのでしょうか。

道と言っても、困難が次々と襲い掛かってくる道は避けたほうがよさそうです。

多くの人がそこを通るたびに道は踏み固められ、歩きやすく安全なものになるので、できるだけ多くの人が年収1,000万円に到達している方法を知ることが最も近道に思えます。

 

 

年収1,000万円もらえる企業に就職する。

 

良い大学を卒業して、年収の高い企業に入る。

これが日本人にとって一番メジャーな方法と言えます。

現在、上場している企業は約3500程度ですが、その中でも平均年収が1,000万円を超えている企業は約60あるというデータがあります。

そこに入ることができれば、

年収1,000万円はよほどのことがない限り達成できるでしょう。

しかし、すでにご承知の通り、この方法は会社に入るまでが大変です。年収の高い企業は競争率も高いため、募集が殺到します。

大切なのは、就職試験までにどれだけの成果を上げることができるかです。つまり、どれだけ学力の高い大学へ入れるか、入った大学でどれだけの成果を残せるかです。

また、すでに就職して、このような企業への転職を考える場合は、今の会社でどんな成果を上げているのかをはっきりと面接相手に伝えられることが必要になってきます。

このように一流企業に就職することができれば、業界によっては30歳前後で年収1,000万円を実現することができます。

ちなみに年収1,000万円の人の割合は20代で0.2%、30代で1%程度と言われています。

多くの場合は、40代で年収1,000万円になることができるようですので、それまでつまらないミスをしないように、堅実に仕事をこなすことも重要です。

 

 

難関資格に挑戦する

 

難関資格に挑戦することで、年収1,000万円に近づくことが可能です。

医師・弁護士・会計士、その他、資格を取得することで高い年収を実現できる職業に就くことが可能です。

ただし、これらの資格を取得するためには勉強時間の確保が必要になってきます。

学校に通いながら、あるいは仕事をしながら勉強を続け、数年かけてようやく取得できる資格ですので、モチベーションや根気が必要になってきます。

資格を取得して事務所を開き、成功することができれば、年収1,000万円を大きく超える額を稼ぐことも可能となってきます。

逆に言えば、資格を取っただけで大きく稼げるかというと、そうでもありません。近年、さまざまなメディアで弁護士の貧困が紹介されているように、どのような職業でも稼ぐ意識を持たなければ、稼げません。

それは医師でも会計士でもそうです。

ただし、低い報酬で努力する方の中には、弱者のために尽力されている弁護士なども多くおり、それはそれで意義の大きな仕事と言えます。

 

 

資格はなくても 大企業じゃなくても

 

一流企業に就職できなくても、資格がなくても、年収1,000万円を実現する方法は他にもあります。

例えば、営業職に転職することもその一つです。

業界にもよりますが、営業職は学歴が重視される傾向がなく、歩合制のところが多いのが特徴です。

インセンティブによって、年収1,000万円を実現することも十分に可能です。

向き不向きが激しい職種ですので、向いている人はよいのですが、向いていない場合は非常に苦しい思いをします。

そのため、人材の出入りが激しいので、一年を通して募集している業界もあります。

また、もう一つの手段としては独立して、会社を立ち上げることが挙げられます。

年収1,000万円を超える人の職業が企業数40~100人程度の中小企業の経営者や役員であることが多いと言うデータがあります。

学業に縁がなく、大企業に就職することができなかった人でも、自分で企業を立ち上げてある程度の規模を実現できれば、年収1,000万円に到達することは十分可能だと言う事です。

 

 

年収1,000万円を稼ぐには

macbook-pro-at-pink-night-picjumbo-com

年収1,000万円を稼ぐには、人生の中でそれに値するだけの成果をどこかで上げる必要があります。

学生時代に頑張るか、就職してから頑張るか、あるいは独立して頑張る方法もあるのですが、どこかで相応の努力をすることで道が開けるのです。

 

合わせて読むべき記事

notebooks-569121_1280

男で年収500万円稼ぐなら知っておきたいこと

年収も同様であること 「他人と比べて自分の年収はいくらか」「一般的に多いのか低いのか」「どのようにす…

80ae103cc037d9440c333be42634f325_s

年収600万以上稼ぐには何をすべきで何を身に付ければいいのか

年収600万円以上稼ぐためにすべきこと まず、残酷な話をしなければなりませんが、生涯身を粉にして働い…

29545cb16d836240304199a00ae64286_s

年収1000万以上の仕事を探すときに注意すべきポイント

年収1000万円に対する感覚   年収1000万円というのがサラリーマンにとってひとつの目…

AdobeStock_64617196

あなたの年収はどのレベル?20代営業の平均年収

20代の営業の平均年収   国税庁の調査では、20代の平均年収は296万円となっています。…

business-agency-team-working-on-new-ideas-picjumbo-com (3)

「年収1,000万以上」ではどんな生活になるのか

年収1,000万円の生活   それでは年収1,000万円の生活を見ていきましょう。 中小企…

20170306232216

年収500万以上稼ぐには?共通点はコレ!

    職種で見る、年収500万円以上仕事   共通点を探る前にまずは…

stunning lifestyle imagery for modern creatives...
check out another scenery / perspective

年収500万以上の仕事内容と仕事を効率的に進める裏技

30代後半~40代前半というステージ   先にも説明した通り、平均的な男性の場合に年収50…

da855702e949f2eabc2862fc66a8da6d_s

年収500万以上稼ぐのにやるべきこと

4年制大学を卒業して、新卒で一般的な企業に就職する   大学入学における難易度に関わらず、…

access-1846056_1920

年収1,000万以上の人の実生活と税金について

年収1,000万円の手取りはどれくらいになる? 一般的には手取りと言われている金額は、総支給から税金…

watches-picjumbo-com

年収を増やすために役に立つ資格とは?

情報処理推進機構の定める資格 情報処理推進機構という独立行政法人があります。 この法人では、基本情報…