年収500万以上稼ぐには絶対に外すことができない条件

あなたの今の年収はどれくらいですか? 

給与額は性別にも年齢にもよると思います。
しかし、男性のみに限って言えば35歳の平均年収が500万円程度というデータがあります。

あなたの年収はそれよりの多いでしょうか、それとも少なかったでしょうか。
どちらにせよ、今よりも年収を上げたいと考えるのは自然な感情です。
特に年収500万円未満の場合、頑張りたいと思う人も少なからずいることでしょう。

しかし、それだけ稼ぐためには、どうすればいいのでしょうか。
何か条件があるならば、それを満たすことができれば目標を達成できるのでしょうか。

参考:https://doda.jp/guide/heikin/2015/age/

年収500万円以上を達成するための条件

book-2652174_1920

年収500万円以上を達成するためには、どうしたらいいでしょうか。

目標は年収500万円と定まっているので、あとはルートを探してそこを登っていくだけです。

しかし、肝心のルートをどう探したらいいのでしょうか。

まずは自分の立ち位置から考えたほうがよさそうです。

 

 

今の状況で、年収500万円を達成できるのかを考える

 

今の会社で大丈夫な人

 

まずは自分の働いている会社にこのまま勤めていて、年収500万円もらえるようになるのかを考えましょう。

今のあなたは何歳で、どのような仕事をしていますか?

このままの給与アップベースで目標達成できるなら、おめでとうございます。

そのまま、その会社で頑張ればよいのです。

しかし、大きなミスをしないでください。大失敗すると、給与ダウンや、解雇もあり得ます。逆にそれさえなければ、後は特に努力しなくても目標を達成できるでしょう。

この項で見てきた人は年収500万円以上稼ぐために、特に努力はいらない人でした。

ただし、大きなミスをしないこと、これが絶対条件になります。

 

 

少し年収500万円に足りない人

 

しかし、あと少しで年収500万円に到達できない人もいると思います。

そんな人は、ほんの少しを何かで補う必要があると思います。

しかし、どうすればいいでしょう。給与を上げるためには転職することも考えたのですが、リスクも当然あります。

逆に年収が大きく下がってしまうことだってあるからです。

リスクを少なくして、もう少しだけ年収を上げる方法はあるでしょうか。

例えば、その答えの一つとして副業が考えられます。

今の時代は、インターネットでいくらでも仕事を探すことができます。

副業で一か月数万円程度なら、稼げてしまいます。

ウェブの仕事ですので、ウェブページの作成、ウェブコンテンツの作成、あるいはプログラミングの仕事などもあります。

ただ、ライティングもプログラミングもよくわからないという人もいます。

そんな人は体を使って、土日にバイトしてもいいでしょう。

平日は本業で働いて、土日にパチンコ店でバイトをしているような人もいます。

話を聞いたら、家で寝ていてもしょうがないから、と笑っています。

業務連絡マイクで仲間と会話しながら楽しそうに働いていました。

この項に当てはまる人が年収500万円を稼ぐための条件は、ちょっと努力して本業以外からの収入を得る、と言えそうです。

 

 

かなり厳しい未来予想図

 

年収500万円なんて、夢のまた夢だ! なんていう人もいると思います。

中小企業でも役職が付けば年収500万円になる可能性は十分ありますが、それも厳しい場合があります。

人のやりがいはそれぞれですので、今の仕事に誇りを感じている人もいると思います。

しかし、給与の少なさへの不満がやりがいを上回ったら、もはや残された道は、転職、独立、あきらめる、の三択です。

もし、自分の実力に対して給与が少なすぎるなら、転職が良いでしょう。

独立はリスクも大きいですし、あきらめるのも悔しいです。

だとしたら、転職はどのようにすればいいでしょうか。

まずは、自分の業界が儲かっている業界かどうかを冷静に判断します。

儲かっている業界なら、給与が低いのは会社のせいなので、別の会社に転職します。

もし、業界が儲かっていないなら、別の業界への転職も視野に入れなければなりません。

 

同業界への転職

 

同じ業界への転職の場合は、リスクも少なくて済みそうです。

業界知識、業務知識がそのまま使えるので、今まで蓄積してきた経験がそのまま転職先でも有効に使えるでしょう。

あえて学ぶとすれば、転職先の独自性だけなので、これはほどなく身に着けられると思います。

 

 

異業種への転職

 

あれ? そもそも、この業界にいても給与が上がる見込みがないぞ……。

これは会社のせいではありません。業界が不景気だから、会社もあなたに給料を出せないのです。

今だけ不景気ならば、まだよいのでしょう。

しかし、今後も景気回復が見込めない場合は、どうなるでしょうか。

5年先、10年先に景気が回復すると言われていても、人間の人生は短いのでそんなに待てない可能性があります。

そんなときは別業界に転職するしかありません。

しかし、別の業界へ転職すると、今まで培ってきた業界知識が使えません。

と、するならば、業界に関係なく力を発揮するスキルで勝負するしかありません。

つまり、コミュニケーション能力、課題発見能力、課題解決力、語学力、その他、ポータブルスキルと呼ばれるものです。

 

この項に当てはまる人が年収500万円を達成するために必要な条件は環境を変えることです。

 

 

まとめ

classified-2651347_1920

人の置かれた条件は様々です。

今のままで特に努力する必要のない人もいれば、状況を大きく変えなければいけない人もいます。

年収500万円以上を稼ぐには、絶対に外すことのできない条件はその人の状況次第なのです。

合わせて読むべき記事

catalogs-2754663_1920

【東京編】高収入を狙う男性におすすめの仕事ランキング

東京 高収入ランキング 東京都の平均年収は約610万円、中央値は約570万円です。 また日本の平均年…

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s

年収1,000万以上の仕事に就くために必要なスキルや知識とは

年収1000万円もらえる仕事にはどんなものがあるのか   まず、年収1000万円を超える仕…

stunning lifestyle imagery for modern creatives...
check out another scenery / perspective

年収500万以上の仕事内容と仕事を効率的に進める裏技

30代後半~40代前半というステージ   先にも説明した通り、平均的な男性の場合に年収50…

no image

年収1,000万以上の仕事って実際どうなの?職種から手取り、貯金まで徹底調査

年収1,000万円を実現できるのはどんな職業? 年収1,000万円というと「高給取り」の代名詞です。…

no image

年収1,000万円以上の仕事にはどんなものがあるのか

  国家資格編   高収入の職業と言われて、真っ先に頭に浮かぶのがいわゆる国家資…

publicdomainq-0020186gnx

年収1000万以上稼ぐにはどんな資格や特技を持っておくべきなの?

年収1000万円以上稼げる仕事をみる 年収1000万円稼ぐために必要なスキルや資格を知りたければ、ま…

pexels-photo-577585

意外と知らない!?年収1,000万以上の仕事

意外と知らない年収1000万円以上の仕事 航空機操縦士   飛行機のパイロットです。 年収…

apple-691282_1280

2017年稼ぐならこの資格!高収入の資格ランキング

求められるスキルあ詰め込まれた米国公認会計士 日本の企業相手に監査業務を行う法人を監査法人といい、監…

54bbdd1ce11887f5356271e59daa0343_s

年収1,000万以上の仕事の人気ランキング

    年収1000万円以上が望める、人気の仕事ランキング   1.金…

806076ed25fa703936bc9288134a5c1f_s

今注目の年収500万以上稼ぐ仕事

状況は刻々と変化する   時代とともに消費者のニーズは大きく変化していきます。 それまで必…