20代で稼げる仕事の共通点や稼げるようになるための基礎知識

20代で稼げる仕事には何があるでしょうか。
例えば、日本の三大国家資格の医師・弁護士・公認会計士などは、取得までに時間がかかるため、本格的に活躍できるのは30代以降となるケースが多いようです。

確かに長い目で見れば稼げるのですが、20代のうちから稼ぎたい人にはじれったいでしょう。
今回は、すぐにでも稼ぎ始めたい人のために、20代のうちから稼げる仕事の共通点や基礎知識を見ていきたいと思います。

20代から稼げる仕事には何がある?

gahag-0116672470-1

20代の平均年収は296万円です。
年間所得が300万円以下だとワーキングプアだと言われる時代で、これは少々きついかもしれません。
これからは報酬もグローバル化が進むため、海外で安くできる仕事なら、日本でも報酬は下がっていくと言われています。
これは何か考えなければ、まずいかもしれません。
それでは20代からでも稼げる仕事を見ていきましょう。

業界で見る

まずは業界で見ていきましょう。
基本的に平均年収の高い業界は20代でも高年収になる傾向があります。
大手の総合商社などは、初任給だけは低く抑える傾向にあるようですが、その後の昇給率はやはり違うようです。

20代でも稼げる業界は次の三つです。

 総合商社
 メディア
 金融
いくつかのデータを参照するとこれらの業界の年収が他の業界よりも高い傾向にあることが分かります。
といっても、そこはやはり会社ごとに違うので注意が必要です。
しかし、一流とは言わないまでも中堅どころに入ることができれば、業界内での転職なども可能になってくるのも事実です。

会社の規模で考える

また、20代で稼ぐためにはやはり会社選びも重要です。
東証1部上場企業の中には、平均年収が1000万円を超える会社もありますので、そのような会社に入ることができれば、20代のうちから稼ぎやすくもなります。

ただし、給料をもらっている分、仕事はきついものになる傾向もあります。
金融関係などは同期と熾烈な争いをすることになる場合も多いようです。

このような業界、会社に入るために

このような業界や会社に入るためには、どうしたらいいでしょうか。
まず簡単な方法は一流の大学を卒業することです。
一流企業は名門大学の卒業生を中心に採用しますが、学歴は社会に出る前の学生が目の前のことに対してどれだけの成果を出したかを測る一つの指標だからです。

有名な企業の人事担当者に面接での採用基準はなにかと聞いてみたら、数分程度の面接でその人物を見抜けるわけがないだろうと、怒られたことがありました。

面接に対しては、適切な受け答えや、質問に対する備え、計画性など見ているそうで、その比重は必ずしも高いわけではないようです。
そうなるとやはり、実績=学歴が重要になってきます。

すでに社会に出ている場合はどうする

とはいうものの、これを読んでいる方の中にはすでに社会に出ている人も多いでしょう。
もう一度学校に戻ることはなかなか難しいので、今、自分の持っているカードで戦わなければいけない人も多いはずです。
その場合は、新しいカードを山札から持ってくる必要があります。

そのもっとも有効な手札の一つが「資格」と言えます。
この記事の初めに、医師や弁護士など日本の最難関資格を例に挙げましたが、さすがにそれは時間がかかるため、なかなか難しいでしょう。
となれば、働きながらでも取れる資格を目指すべきです。

努力を続けられる人ならば、会計士や弁理士などの道もあります。
ともに、平均年収は700万円以上です。
20代前半でも、500万円以上となっていますので稼げる仕事といえます。
働きながら勉強して、3~5年でこれらの資格を取得している人を見かけます。

また、それ以外の資格もいくつかあるので、自分にあった資格の取得を一度考えたほうが良いでしょう。

営業ならば

基本的に高度な専門知識やスキルを持っている仕事が20代でも高年収になる傾向がありますが、もう一つ20代でも稼げる仕事があります。
それは営業系の仕事です。

営業職は、会社によっても違いますが給与における歩合給の割合が高くなっており、成績次第では、20代で1000万円~2000万円を稼ぐ人もでてきます。
逆に成績が振るわなければ、低い基本給だけで生活することになりますので、経済的なことを理由に退職する人も多いのが特徴です。

一般的にノルマなどがあるため、敬遠されがちですが、学歴や資格もほとんど必要がないため、転職しやすく誰にでもチャンスがある職業です。

実は中小企業の社長などもほぼ営業職といって差し支えないので、できる営業マンは独立して会社を成長させる人も多くいます。

まとめ

m_a_talent_183547766-900x600

以上、20代で稼げる仕事の共通点や稼げるようになるための基礎知識、ということで見てきました。

稼げる仕事の共通点は、業界ならば総合商社・メディア・金融です。
また、高度な専門知識が必要な仕事が高年収になるため、20代で稼ごうと思ったら取れる範囲で資格を取得するのも悪くありません。

また、営業職ならば、特に資格も学歴も必要なく、人柄と行動力で稼ぐこともできるのでやる気のある人は挑戦してみるのも良いでしょう。

合わせて読むべき記事

pexels-photo-315653

20代で稼げる人は普段何をしているの?

働いている もっとも多いのは「働いている」でしょう。 実は20代で起業して成功した人たちの多くが口を…

Man Writing Document Dinning Table Concept

20代営業マン必見!年収を左右するポイント

若手営業マンの年収を左右するポイント ポイントその① バイタリティ   まずは何よりもバイ…

3845ca83bede79c6e657449cbfe7cb05_s

30代で稼げる仕事。今もっともアツい注目の職業とは

中途採用も増加傾向にある商社マン 年収ランキングで上位を占めているのは商社です。とりわけ総合商社であ…

business-agency-team-working-on-new-ideas-picjumbo-com

お金を稼げる人が20代のうちにやったこととは?

20代のうちに何をすべきか 学生時代にある程度の準備をしてきたとはいえ、演習と実戦は大きく違います。…

business-869379_1920

20代で稼げる人の仕事観と私生活

若くして稼げる人の仕事観 給料は会社からもらうものじゃない   会社から給料をもらう。 一…

bc80812f137c9c76b0a0c6186d9bb218_s

【営業職】20代のうちから年収をアップさせるポイント

営業職は20代からでも大きく稼げる可能性がある 先に書いた通り、良くも悪くも営業職は成績次第で給与が…

chart-close-up-data-590022

20代前半で勝ち組になるためには?稼げる人になる10のポイント

目の前のことに全力であたる ある意味、身もふたもない言い方かもしれませんが、実際、成功した人の多くは…

macbook-924824_1920

20代でも稼げる仕事ランキング

20代でも稼げる仕事ランキング TOP7   第1位 投資銀行業務 平均年収648万円 &…

publicdomainq-0019215gfc

30代の起業方法と起業する前に確認しておくべき注意点

30代で起業する 30代で起業するなら、できれば20代から準備しておくと安心です。 思い立ってすぐに…

business-agency-team-working-on-new-ideas-picjumbo-com (2)

20代だからこそ稼げる仕事とは

20代だからこそ稼げる仕事を考える 世の中様々な仕事がありますが、20代の特徴というのはやはり若さと…