年収500万以上稼ぐには?今すぐはじめたくなる3つのヒント

年収500万円以上稼ぐには、何をしたら良いか即答できる方はいるでしょうか?およそ60%の方が、年収400万円以下を占めるといわれている昨今、年収500万以上稼ぐのは、とても大変です。さらに、それが「アルバイト」だったとしたら、実現可能なのでしょうか?本記事では、正社員ではなく、「アルバイト」にスポットをあて、年収500万以上稼ぐために必要な、たった3つのヒントを分かりやすく紹介しています。

all-black-working-setup-diary-and-iphone-picjumbo-com-1

アルバイトでも年収500万は可能

結論としては、アルバイトやフリーターの方でも年収500万円以上稼ぐことは可能です。ただし、時給による給料で500万円以上稼ぐためには、相当な労働時間が必要となります。

例えば、時給1,000円で500万円稼ぐためには、単純計算で5,000時間の労働が必要となります。1年間12ヶ月で5,000時間となると、1ヶ月あたり約417時間にもなります。

これでは、週に1度の休みで働いたとしても、毎日15時間以上働かなくてはいけません。冒頭で可能とお伝えしましたが、時給1,000円で年収500万円を達成するためには、相当な努力が必要であることが分かりましたでしょうか。もしも、努力を重ねて時給1,000円で年収500万円以上稼ぐことができたとしても、1日に15時間も働いていたら、体を壊してしまう可能性も高いです。それでは、どうすれば良いのでしょうか。

ヒント1を見ていきましょう。

ヒント1:年収500万円稼ぐために必要な時給とは?

時給1,000円で年収500万円以上稼ぐことは、とても難しいことが分かりました。それでは、時給がいくらぐらいあれば良いのでしょうか。

目安となるのは、時給2,500円です。時給が2,500円ほどあれば、1日8時間を週休2日で働くと年収が約520万円となります。こうして計算をしてみると、アルバイトやフリーターで年収500万円以上稼ぐためには、相当高時給なものを探さないといけないことが分かります。

それでも、「時給2,500円」と検索すると、数百件以上のアルバイトの募集があります。これらのお仕事に、どのようにすれば就くことができるのかの具体的なアドバイスがヒント2になります。

ヒント2:高収入の仕事への近道は資格?

実際に時給2,500円以上のアルバイトの求人情報を見てみると、経験や資格がある方を優遇しているものが多いことに気が付きます。

経験については、すぐに身に付けることができるわけではないので、「経験や資格」と言われてしまうと、どうしても抵抗のある方が多いかもしれません。しかしながら、資格の取得なら、現在のお仕事と平行して勉強することも可能ですし、近い将来に年収500万円以上稼ぐためのステップとしては、とても現実的でオススメできるものとなっております。

それでも、今すぐに年収500万円を目指すことには繋がらないと、資格の取得をためらってしまう方も多いかと思います。その場合は、自分の得意を活かせば、充分に時給2,500円以上の仕事が見つかります。具体的な方法がヒント3となります。

ヒント3:自分の得意を活かして目指せ!年収500万円

自分の得意を活かす、具体的な例を幾つか紹介します。得意を活かすというのは、言いかえると、特定の分野に特化した仕事をすることです。例えば、体力には自身があるという方は、週末のイベントスタッフ募集などで、未経験でも時給2,500円以上の案件が複数見つかりました。

体力に自信が無い方からしてみると、立ち仕事で一日中、荷物を運んだり、お客様の対応をしたりというのは相当につらい仕事となります。そのため、時給もとても良く、年収500万以上稼ぐことができる金額になっていますが、体力に自信がある方でしたら、それほど無理なく転職できるのではないでしょうか。

他にも、特定の教科の知識だけは自身があるという方は、非常勤の塾講師などのお仕事はいかがでしょうか?未経験の方を募集している所は、意外とたくさん見つかります。初めは非常勤で働きながら、教えることができる教科を少しずつ増やしたり、自分のスキルを磨き、経験を積むことで、別の職場で働く時の交渉材料になるかもしれません。

体力も知恵も自信が無いけど、手先だけは器用な方はセラピストなどを目指すのも良いと思います。

あくまでも、例として挙げてはおりますが、自分の得意な分野を上手く活かすことができれば、年収500万以上稼ぐことも難しくはありません。

■まとめ

 

年収500万以上稼ぐには、いったい何をしたら良いか?少しは、参考になったでしょうか。正社員などではなく、アルバイトであっても、年収500万円というのは、物理的には可能です。時給2,500円以上稼ぐと聞くと、少し難しいように感じるかもしれませんが、特定の分野に特化した労働や、資格を持っていないと難しいような仕事であれば、求人情報もかなりの数で存在します。まずは、時給2,500円という目標をしっかりと持って仕事を探し、自分のやりたい仕事をするために、何が足りてないかを分析してみるのが良いのではないでしょうか。

合わせて読むべき記事

write-593333_1920 (1)

未経験の男性が大阪で稼げる仕事ベスト10

業界未経験の男性が大阪で稼げる仕事ベスト10 第1位 弁護士                    …

a6d764716c71d94030951648ae611459_t

仕事を探している男性必見!高収入を狙える職種とは?【大阪版】

    大阪で高収入を狙える仕事   同じ仕事をしたとしても、働いてい…

stunning lifestyle imagery for modern creatives...
check out another scenery / perspective

年収500万以上の仕事内容と仕事を効率的に進める裏技

30代後半~40代前半というステージ   先にも説明した通り、平均的な男性の場合に年収50…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今のままで満足ですか?年収500万以上の仕事に就く方法

年収500万円以上の職業にはどんなものがあるか 一度、就職したけれど思っていたよりも年収が低い、将来…

computer-2565478_1920

年収500万以上の仕事はどんなものがあるのか

年収500万円以上の仕事   年収500万円以上の人が全体の3割程度であるのはわかりました…

clean-and-simple-office-workdesk-setup-picjumbo-com (2)

東京には仕事が沢山!高収入を目指す男性が知っておきたいこと

東京で高収入を目指すには   漠然と東京で高収入を目指すと言っても、おそらく身動きが取れな…

AdobeStock_64617196

意外と苦しいって本当?年収1000万円以上の生活の実態とは

年収1000万円の生活を考える   生活を考えるときにまず念頭に置かなくてはいけないのは可…

publicdomainq-0012742nxu

年収500万以上の仕事の種類とは

年収500万円以上の仕事 先に話した通り、年収500万円以上もらっている人の割合は全体の3割ほどです…

laptop-2557574_1920 (1)

年収500万以上の仕事に就くためにしておきたいこと

年収500万以上の仕事にはどんなものがあるか まずはどのような仕事が年収500万円以上かを見ていく必…

photographer-designer-office-workspace-setup-from-above-picjumbo-com (2)

業種別にみる営業職20代の平均年収とは?

ある一定レベルの規模のインフラ系企業(電気、ガス、通信 等) 基本給が高く、営業職の旨味であるインセ…