独身で年収500万以上稼ぐ人の生活の実態とは

日本の平均年収が430万円前後なので、年収500万円と言えば高収入の部類に入ります。

年収500万円を達成しているのは、全労働者のうちの約3割程度となっているため、個人で年収500万円を超えている人はそれほどいない計算になります。

しかし、年収500万円以上の生活とはどのようなものなのでしょうか。
今回は独身の人にモデルにして、その生活をみていきたいと思います。

年収500万円の可処分所得

webdesign-layout-sketching-picjumbo-com

可処分所得という言葉をご存知でしょうか。

よく言われている言葉を使うと、手取り、ということになります。

日本の場合、年収に0.8をかけると手取りの額になると言われています。

よって、年収500万円の手取りは約400万円。

年に400万円、自由に使えるお金があるということです。

仮にボーナスを4か月分とすると、普段の月給の手取りは25万円程度になります。

ボーナスの分も普段の生活に使うならば33万円ほどになります。

 

 

家計を計算してみる

 

それでは年収500万円の独身者の生活実態を見ていきましょう。

月に25万円自由に使えるお金がありますが、それをどのように振り分けるかは個人の自由です。

家賃や食費を低く抑えて趣味につぎ込む人もいるかもしれませんが、ここはできるだけ一般的なモデルを想定してお話をしていきたいと思います。

 

一般的に単身者の理想的な家計の割合は以下になると言われています。

 

  • 家賃    28%
  • 食費    18%
  • 水道光熱費 6%
  • 通信費   6%
  • 保険料   4%
  • 娯楽費   4%
  • 被服費   3%
  • 交際費   5%
  • 日用雑貨  3%
  • その他   6%
  • 貯蓄    17%

 

よって、月収25万円の単身者は以下のような家計が理想のようです。

 

  • 家賃     70000円
  • 食費     45000円
  • 水道光熱費 15000円
  • 通信費    15000円
  • 保険料    10000円
  • 娯楽費    10000円
  • 被服費    7500円
  • 交際費    12500円
  • 日用雑貨   7500円
  • その他    15000円
  • 貯蓄     42500円

 

これは毎月の月給の手取りでの計算なので、ほかにもボーナスで年間100万円の所得を得ることができます。

参考:http://diamond.jp/articles/-/22204?page=2

 

生活の実態を見てみる

 

 

生活にはかなりゆとりがある

 

以上の数字が月の手取り25万円の単身者の理想的な家計といえます。

家賃の70000円ですが、これは地域ごとに家賃が違うので一概には言えません。

自分の住んでいる地域を参考にして想像してもらうしかないですが、都内ならワンルームから、地方で築年数にこだわらないなら部屋のいくつかある物件に住めそうです。

一人暮らしなので、外食やコンビニなどのお弁当が多くなるのかもしれませんが、3食お弁当でも問題ないだけの食費があります。

数字を見ればわかるのですが、かなり生活にゆとりがあります。

家賃にしろ、食費にしろ、すべての項目をもっと切りつめても普通に生活ができるレベルです。

単身者の家計の理想は月額20万円とも言われています。

それよりも5万円多く使うことができるため、かなりゆとりがあるのです。

しかも、貯蓄と手付かずのボーナスを合わせれば一年で150万程度の貯蓄ができます。

海外旅行に行くにしても一回30万円とすれば5回は行けます。

もっとも、実際にそれだけの旅行に行く時間がないでしょうから、旅行をしながら一部を貯蓄することになると思います。

旅行に行かなくとも2~3年に一回は車を買い替えて乗ることもできます。

あるいはおいしいものを食べに行くのもよいでしょうし、高級なスーツや時計などを買うこともできます。

特に趣味がなくて、お金を使わないなら貯金はガンガンたまります。

このように、独身で年収500万円を稼ぐ人は経済的にはかなり楽な生活を送ることができます。

 

 

独身だからこその生活

 

しかし、ここまで余裕があるのは独身だからです。

もし、結婚して子供ができたりすれば生活にかかるお金はぐっと増えるのであまり贅沢はできなくなります。

実際に、日本人男性の平均年収が500万円に達するのは35歳~というデータがあります。

そして、日本人男性の平均初婚年齢が30代の前半であることを考えると、たいていの場合、結婚後か子供ができてから到達する年収になりますので、あまり裕福感を覚えることがないかもしれません。

ちなみに日本の世帯年収の平均は近年だと約720万円となっています。

子供の成長につれて食費や学費が高くなってきますので、年収500万円では足りなくなってくるのです。

 

参考:http://www.paci-nenkin.com/salary/2886/

 

 

まとめ

camera-1840625_1920

独身で年収500万以上を稼ぐ人の生活の実態とは、ということで見てきました。

まとめてしまえば、普段の生活にはかなり余裕があって、たまにならグレードの高いものを購入することができるといった感じになります。

普通に生活していくだけなら、経済的にはかなり恵まれていて特に不自由することはないと思われます。

ただし、この生活を実現するには独身で年収500万円を稼ぐ必要があります。

結婚をする前に20代や30代前半で実現するか、それとも適齢期を過ぎても結婚をしないで独身で生活するかを選ぶこともできます。

どちらが良いとは一概には言えませんので、自分にあった生活スタイルを考えながら、選んでいければよ良いのではないでしょうか。

本記事が読者の参考になれば幸いです。

合わせて読むべき記事

cup-of-coffee-1280537_1920

20代で500万円稼げる男性VS 30代で300万円しか稼げない人

同じオフィスで働いているのにも関わらず、年収に差がある 20代で500万を稼ぐサラリーマンは、勿論大…

0da314e13c4114e3baffc10a7ac3a8dd_t

年収1,000万以上の仕事に就きたい男性必見!身に付けておくべきビジネスマナー

  年収1,000万円以上の仕事で必要なマナーを考える   様々な統計を見ると年…

network-1987209_1920

業界別30代の営業職の平均年収は?

30代営業職の業界別平均収入 営業職は他の職種に比べると求人の多い職種です。技術職や他の専門職に比べ…

laptop-2557574_1920 (1)

年収500万以上の仕事に就くためにしておきたいこと

年収500万以上の仕事にはどんなものがあるか まずはどのような仕事が年収500万円以上かを見ていく必…

pexels-photo-533189

男性必見!東京で高収入な仕事ランキング

【東京】高収入仕事ランキング   東京都の平均年収612万円。 中央値572万円となります…

6c50aaa28ba628c698280431912c9bd9_s

年収1,000万以上稼ぐには実際何年かかるのか?実現する人としない人の差とは

年収1,000万円に到達するには何年かかる? サラリーマンでも、年収1,000万円に到達することはで…

tablet-2188369_1920

【職種別】年収1000万以上稼ぐにはどうすれば良い?

サラリーマンの場合 もっとも多いのが大学を卒業して、企業に就職するサラリーマンでしょう。 しかし、入…

fc0827f351a1f069a316268a7650fc19_s

年収500万以上稼ぐには?今すぐはじめたくなる3つのヒント

アルバイトでも年収500万は可能 結論としては、アルバイトやフリーターの方でも年収500万円以上稼ぐ…

publicdomainq-0007765xmg

年収500万以上の生活を送るために身につけたいビジネスマナー

    マナーの基本   マナーの基本は相手への気遣いです。 そもそも…

man-checking-his-iphone-working-at-home-office-picjumbo-com

年収1,000万以上の仕事って実際どうなの?職種から手取り、貯金まで徹底調査

年収1,000万円を実現できるのはどんな職業? 年収1,000万円というと「高給取り」の代名詞です。…