将来年収500万以上稼ぐには?転職をする時のポイント

年収500万円以上を稼いでいる人は、労働者の上位3割ほどと言われています。

男性の平均年収が500万円に到達するのは、大体40歳前後と言われていますが、これをどう考えるかは個人で違うでしょう。

20代でもっと稼いでいる人もいれば、一生年収500万円に到達しない人もいます。

ではここで我が身を振り返ってみましょう。

あなたの現在の年収はいくらですか?

仮に今の職場でそれが達成困難だとして、選択肢は転職か起業のほぼ二つと言えますが、どちらを選ぶでしょうか。

1f98b8e7e6e54a206a7805ab741305e1_s

 

転職ポイント

 

ここでは、年収500万円を達成したい人のために、転職に話を絞っていきたいと思います。

年収500万円に少しでも近づくためには、どうしたらいいでしょうか。

そうそう年収なんて大きく上がることはありません。

もし、あなたが大企業に勤めていて毎年賃金ベースが上がっていくようなら、あとはその会社で努力するだけです。

しかし、そうでない会社もあるはずです。

上司の給与を聞いて、落胆した経験がある人もいるでしょう。

企業によって、給与は違うのは当然ですが、ことさら現実を突きつけられるとやはりショックは隠せません。

だとしたら、一つの手段として転職を選択肢に入れるのもよいでしょう。

 

 

会社間格差

 

まず、転職時に考えたいのが会社間の給料格差です。

同じ業界でも、儲かっている会社とそうでない会社があります。

もちろん、儲かっている会社のほうが、給料がいい場合が多いです。

同じ業界内で転職することによって、自分が今まで築いてきたスキルや知識もそのまま使うことができます。

特に30代で転職する際には、安心できる要素と言えます。

ただし、問題もないわけではないです。

同業他社は、直接競っていなくてもライバル会社とも言えます。もちろん、そっちに移るわけですから、裏切り者、とまでは言いませんが、感情の面であまりいい印象は与えられないでしょう。

それまで培ってきた人脈などに影響が出ることは否めません。

NDAなどで、自分の会社の情報を話さないことや、数年の間はもとの会社でやっていた業務につかないなどの縛りが発生する可能性があります。

仁義を通して、きちんと理解を得たいところです。

 

 

業界間格差

 

また、業界間をまたいで転職する考え方もあります。

特に20代なら、それほど前の業界にも染まっていないし、そこまでこだわるスキルや知識があるわけでもない場合が多いので、比較的やりやすいでしょう。

ただし、先に言った通り今まで培ったスキルと業界知識は役に立たなくなる可能性がありますので、そこはゼロからのスタートになります。

知人の中には、比較的年収の低い、理美容業界から、製造業に転職したことで年収を二倍にしたケースもあります。

業界ごとに年収の格差は当然ありますので、今いる業界の年収が他の業界よりも低い場合は、割合すんなりと年収が上がるケースもあります。

もっとも、業界間をまたぐ場合は、年齢はできるだけ若いほうがいいのは間違いありません。

 

 

アピールできる実績はある?

 

会社間を移動する場合でも、業界間を移動する場合でも言えることですが、今の自分にきちんとアピールできる点はあるかどうか考えてみたいところです。

そして、そのアピール点が転職先にとって有益であるかどうかも合わせて考える。

元の会社で何をしていたのか、どんな実績を残せたのか。

では、どれくらいの実績があればいいのでしょうか。

中には目に見えた形で成果を出せない人もいるかもしれません。

営業ならば、成績は一目瞭然なのですが、経理や総務などではなかなかはっきりとした成果をしめすことができないこともあるでしょう。

ある企業の採用担当をしていた人は、会社の上位20%くらいの働きをしていた人ならば大丈夫だと言います。

パレートの法則というのがありますが、2:6:2の法則とも2:8の法則ともいわれますが、全体の成果の8割を出しているのが、上位2割の社員だという法則です。

 

otoko-kousyuunyuu

採用される人、そうでない人

 

希望の転職先を見つけることができても、その会社に採用されるかどうかは別の問題になってきます。

先に述べた通り、採用されやすいのは会社の上位20%に入るような働きをしていた人です。

今の自分を振り返ってみましょう。

どれくらいの働きをしているでしょうか。

採用する側も成果を出せる社員、働ける社員が欲しいのは間違いありません。

面接の担当者などは、顔が広い場合も多いので、面接後にその人の会社の知り合いに電話をかけて評判を聞いたりもするようです。

その時、自分はどんな風に評価されるでしょうか。

優秀だよ、と言われるのか、そうでないのかは気になるところです。

成績もそうですが、人間関係でもバイアスがかかるため、周囲とうまく付き合っていること、元の会社に仁義をきちんと通していることなども重要です。

 

 

まとめ

 

以上、将来年収500万以上稼ぐには?転職をする時のポイント、ということで見てきました。

転職についていくつかのポイントを記載しました。

転職の際に気をつけておきたいこと、転職するならぜひとも残しておきたい成果などを述べてきました。

転職を成功させるなら、まず今の会社でそれなりの成果を出すことも大切です。

 

 

 

 

 

合わせて読むべき記事

using-iphone-6-on-business-meeting-picjumbo-com

高卒でも東京で稼げる仕事に就くには?今から始めるべき稼げる男になるための大事なポイント

高卒でも、東京で成り上がる事は出来る 高卒と大卒で生涯年収が大きく異なるというのは、仕事に就いた時の…

business-988179_1920

大卒ならがっつり稼げる仕事につこう!正社員なら年収〇〇円も可能!

大学生は、新卒採用の重要性を重要視すべき 新卒採用の是非について意見を言う前に、まず日本では新卒採用…

gahag-0043019318

年収1000万以上稼ぐ職業はこれ!

どのような職業でも本人次第で稼げるけれど 実はどのような職業でも、実力を発揮して周囲の評価を得ること…

08e52cdf6522eafd070571b437159297_t

年収1000万以上の生活を送る際の注意点

年収1000万円以上という意識 年収1000万円といえば、大台です。 割合も5%未満なので全体的に見…

publicdomainq-0020186gnx

年収1000万以上稼ぐにはどんな資格や特技を持っておくべきなの?

年収1000万円以上稼げる仕事をみる 年収1000万円稼ぐために必要なスキルや資格を知りたければ、ま…

catalogs-2754663_1920

【東京編】高収入を狙う男性におすすめの仕事ランキング

東京 高収入ランキング 東京都の平均年収は約610万円、中央値は約570万円です。 また日本の平均年…

8012c9c117c4dafcac4e925aaf43f9f7_s

年収1,000以上稼ぐには何ができる?稼ぐ人の特徴と人生を変える方法

稼ぐ人の特徴 能力やスキルをいきなり向上させることはできません。 よっぽどの天才か、もともとの素養が…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今のままで満足ですか?年収500万以上の仕事に就く方法

年収500万円以上の職業にはどんなものがあるか 一度、就職したけれど思っていたよりも年収が低い、将来…

modern-graphic-designer-essentials-picjumbo-com (2)

【大阪編】高卒でも稼げる!男性におすすめの仕事ランキング

高卒男性におすすめの仕事ランキング 大阪編 第1位 弁護士 年収800万円   大学を経由…

pexels-photo-350397

【国内・海外編】年収1,000万以上の生活

日本で年収1000万円の生活 日本で年収1000万円の生活をしている人はどのような仕事に就いているの…