年収1,000万以上の仕事に就くために必要なスキルや知識とは

年収1000万円を稼ぐ人の割合は全体の3~5%ほど。

100人のビジネスマンがいたら、その中の5人くらいは年収1000万円もらっているということになります。
日本人の平均年収は420万円ほど。

平均年収と比較すると約2.5倍になりますが、年収帯のボリュームゾーンは300万円台というデータもあり、そうなると差はさらに広がります。
間違いなく、一般的な人よりも経済的に恵まれていると言ってもよいでしょう。

しかし、それくらいの報酬をもらえる仕事は限られています。
では、どうすればそんな仕事に就くことができるのでしょうか。

年収1000万円もらえる仕事にはどんなものがあるのか

 

まず、年収1000万円を超える仕事にどのようなものがあるのか、見ていきたいと思います。

そののちに、その仕事に就く方法を考えれば道筋がすっきりとしますし、行動に移しやすいでしょう。

 

一般企業の場合

pexels-photo-273739

一流企業の会社員になるなら、学歴か実績が必要

 

東証一部の上場企業に平均年収1000万円を超える企業は60社ほどあります。

これらの企業に就職することができれば、目標に到達する道が見えるでしょう。

まず、これらの企業に入ることが必要になってきますが、そのためにはまずは学歴が必要になってきます。

一流企業が名門大学の卒業生を中心に採用を行います。

 

あるいは、一度社会に出てから転職する方法も考えられますが、その際には何らかの成果や実績が必要になります。

また、転職の場合は、業界内や会社内の事は知らなくても、基本的なビジネススキルは高いレベルで持っていると周囲も期待していますので、それらはしっかり持っている必要があります。

コミュニケーション能力、計画力、危機管理能力、調整力など様々な能力が試されますが、それらを前職でしっかり磨いておく必要があります。

 

 

大企業の中間管理職なら、リーダーシップ

 

一流とまでは言わなくても、大企業ならば中管理職になれれば、年収1000万円に届きやすくなります。

入社には、名門大学卒とは言わないまでもある程度の学歴が必要になってきます。

会社の中で出世して部下を持つことになるので、必要なのはリーダーシップになってきます。

自分の仕事をしながら、部下の仕事の進捗に心を配っていくことになります。

全員を同じ目的に向けて走らせるくらいの求心力も必要です。

やる気のない部下を走らせ、方向性の違いで口論する部下同士の意見を調整し、無茶ぶりする上司に現状を説明し、かみついてくる部下を諭すのです。

自分の仕事をしながら、同時にこれらの仕事を行っていく能力が求められます。

 

 

中小企業の役員なら、ビジョン

 

100人くらいの会社の役員ならば、数は大体5人ほどになるでしょう。

この辺りの年収はだいたい1000万円ほどになってきます。

誤解を恐れずいうならば、中小企業ならば学歴は普通でも十分に入れます。

ただし、役員になるからにはそれなりの能力が必要になってきます。

実務能力も磨きつつ、小さい会社をどうやって成長させるかという視点やビジョンがなければ役員は務まりません。

 

 

専門知識とスキルを磨く

 

一般的な会社員は、業界知識と基本的なビジネススキルを磨くことで年収をあげられる可能性が出てきます。

もう一方で、専門性の高い知識を武器にすれば年収1000万円も見えてきます。

航空機操縦士・医師・大学教授などは毎年の厚生労働省の調査データで平均年収1000万円以上です。

しかし、どれもなるには長い年月と知識・経験の蓄積が必要になります。

航空機操縦士は大学を卒業後、航空会社に就職してパイロット養成コースに進む必要があります。

あるいは、25歳までに航空大学校に入学して、ライセンスを取得してから就職する道もあります。

医師は、医学部に入学後大学で6年、研修医として2年以上働くことでようやく一人前になります。

また、大学教授は博士号を取得後、大学に就職し、その中で助手、講師、准教授とステップアップしてく必要があり、教授になる頃には早くても30代後半になると言われています。

 

 

営業職でゴリゴリ稼ぐ

 

年収1000万円をねらうもう一つの仕事として、営業職があります。

ノルマなどが設定されていることもあり、それがプレッシャーとなるため、嫌がる人も多いですが、本気で稼ぐつもりなら、この仕事は十分に選択肢に入ります。

中小企業の社長や経営者もそもそも営業職です。

よって、優秀な営業マンは契約をとってきてお金の流れを作ることができるので、独立して成功することも多いです。

大切なのは、バイタリティでしょう。

知識もスキルもないと自己分析していた人が、人の何倍もの件数の営業周りをしてトップ営業マンになった例もあります。

コンタクトする母数を増やすことで、単純に契約数を増やすのです。

 

 

まとめ

 

以上、年収1,000万以上の仕事に就くために必要なスキルや知識とは、と言うことで見てきました。

年収1000万円に至る道は、様々です。

その中で、必要に応じてスキルや知識を磨いていく必要があります。

学歴、リーダーシップ、ビジョン、職業ごとの専門知識、それに体力。

 

どれか一つでも高いレベルで備えることができれば、目標に大きく近づくことができます。

合わせて読むべき記事

achievement-agreement-arms-1068523

年収500万以上の仕事に就く方法と知って得する簡単アドバイス

年収500万円稼いでいれば上位20%! 年収500万円と聞いて、みなさんはどのように思われるだろうか…

business-agency-team-working-on-new-ideas-picjumbo-com (3)

「年収1,000万以上」ではどんな生活になるのか

年収1,000万円の生活   それでは年収1,000万円の生活を見ていきましょう。 中小企…

publicdomainq-0007765xmg

年収500万以上の生活を送るために身につけたいビジネスマナー

    マナーの基本   マナーの基本は相手への気遣いです。 そもそも…

business-988179_1920

大卒ならがっつり稼げる仕事につこう!正社員なら年収〇〇円も可能!

大学生は、新卒採用の重要性を重要視すべき 新卒採用の是非について意見を言う前に、まず日本では新卒採用…

pexels-photo-518543

年収1000万以上稼ぐにはどのような準備が必要なの?

年収1000万以上稼げる仕事につく 近年の日本の平均年収は420万円ほど。 年収1000万円となると…

AdobeStock_64617196

あなたの年収はどのレベル?20代営業の平均年収

20代の営業の平均年収   国税庁の調査では、20代の平均年収は296万円となっています。…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今のままで満足ですか?年収500万以上の仕事に就く方法

年収500万円以上の職業にはどんなものがあるか 一度、就職したけれど思っていたよりも年収が低い、将来…

entrepreneur-593378_1280

年収600万以上の仕事とは

とにかく画一的な業務ではない 担当する人が変わっても提供するサービス自体が変わらないスーパーのレジや…

man-checking-his-iphone-working-at-home-office-picjumbo-com

年収1,000万以上の仕事って実際どうなの?職種から手取り、貯金まで徹底調査

年収1,000万円を実現できるのはどんな職業? 年収1,000万円というと「高給取り」の代名詞です。…

business-2981370_1920

年収500万以上稼ぐ人には〇〇が備わっている!?

年収500万円以上の仕事 年収500万円以上稼げる人と、そうでない人の違いを知るための方法の一つとし…