営業職の年収は?これを読めば30代で高年収を稼げるようになる

どんな業種であっても会社には大抵営業部門が存在し、会社の利益をあげるために渉外を担当する営業社員が働いています。

しかし、一言で営業職といっても、彼らの年収は社会情勢などの外部要因、会社や個人の業績や給与制度によって大きく異なるものです。
ここでは30代の営業職の平均年収を格段にアップするための秘訣を紹介していきます。

shutterstock_426550072-570x380

近年の30代営業職の平均年収

平成26年に行われた国税庁による民間給与実態統計調査の結果によると、日本のサラリーマンの全国平均年収は415万円であることがわかっています。

ここ数年は平均年収が400万円代にとどまっていて、アベノミクスがはじまって多少経済が良くなっているとはいえ、なかなか企業の業績へは反映されず全国の平均年収は依然として上昇気流に乗れず低空飛行のままなのが現状です。

年代別の平均年収に目をうつすと30~34歳男性の平均年収は446万円、35~39歳男性の平均年収は502万円であり全国の平均よりやや高めということがわかります。

職種別の平均年収を調べてみると、30代営業職男性の全国平均年収は489万円であるとされています。

全体の平均年収から見ると100万円近く上回り、同年代と比較しても年収で20万円程度差があることから営業職の男性は比較的高年収者が多いといえますね。営業手当や歩合がつくなど給与面で恩恵を受けやすい営業職は、手当や歩合がつかない事務職や販売職と比較して高い年収を手にしやすいといえるでしょう。

営業職の平均年収が高い業界

営業職はほとんどの会社にも存在する職種であるため、年収の幅もピンキリで人によって収入に大きな差があるといえます。

一般的に収入が高いことで知られている営業職といえば、何といってもMR(Medical Representative)です。

病院などの医療施設を訪問し、薬の効用や副作用を説明し、契約を締結させることが主な業務になります。MRは医師に対して営業活動を行うため病気や薬に関する勉強を常にして知識を更新し蓄えておく必要がある大変な専門性の高い仕事ですが、その代わりやりがいもあり給料も破格に高いです。

製薬会社は誰もが知っている、聞いたことがあるテレビCMを行っているような大企業からローカルな中小企業までさまざまですが、国内上場製薬会社55社の平均年収を見ると683万円と高額になります。また30代の平均年収は711万円と同年代の平均年収を大きく上回っていることがわかります。

大手製薬会社であればあるほど収入は大きくなる傾向があり、30代でなんと年収1,000万円越えということも珍しくはありません。またMRと同様に医療現場で働く医療機器メーカー営業職も大手の家電・電子機器メーカーが母体になっていることが多くMRとまではいきませんが、平均年収も605万円と高額であることで知られています。30代で稼げる営業職に就きたいと考えている方は医療業界を検討してみてはいかがでしょうか。

医療は常に需要があり、今後も少子高齢化で市場としては伸びていく可能性がある業界です。日々の最新の医療、病気に関しての日頃からの勉強や、医師への営業と大変な仕事ではありますが、将来性や安定性を期待することもできるでしょう。

営業職の給与形態と稼ぐコツ

営業職の給与形態は勤務している企業によって異なるものですが、大まかではありますが三つの形態に分けることができます。

まず一つ目は、個人の営業数字が全く給与に反映されず常に決められた固定給のみが支給される会社、もう一つは固定給は少なめだが、それに加えて個人の営業数字が報酬として反映される会社、そして最後は固定給がなく営業数字のみで給与が決められる完全歩合制の会社です。固定給のみの給与形態は基本的に数字をあげてもあげなくても給料は変わらず、高収入を得ることが出来ないデメリットはありますが、毎月安定した給料を得ることが出来るメリットがあります。

完全歩合制はその真逆で、数字をあげればあげるほど高収入を期待することができるメリットがありますが、行き詰まり営業数字があげれない月は給与がほとんど支給されないため収入が安定しないという点がデメリットです。

いずれの給与形態もメリット、デメリットがありますが営業経験や営業テクニックに自信がある方や、プレッシャーをかけられたときほど成果をあげられるタイプの人は完全歩合制の会社を選んでみるのが高収入への近道です。完全歩合制の会社は不動産会社や健康器具販売会社、生命保険会社などに多いといわれています。

30代で高年収の営業職になるためには

ここまで高年収の営業職について紹介してきましたが、反対にサービス業やアパレル業界の営業職は、営業職の中でも低年収にとどまっているようです。調べによるとサービス業である旅行・ホテル業界の平均年収は390万円、アパレル業界は400万円程度と他業界と比較した場合、営業職の中でも低いことがわかりますね。高年収であることが多い医療業界や平均年収が500万円を超える金融業界やIT業界で営業活動を展開するときには専門的な知識を求められることが多いため、必然的に給料が高い傾向にあります。

しかし、仕事の業務時間以外にも常に新しい知識を勉強しなければならないため、休みの時間を費やすことが多く、厳しい業界ともいえます。

30代で高年収の営業職に就くためには、自分の興味があることでかまわないので、特定の分野・業界を徹底的に勉強して幅広く深い知識を身に着けることが求められます。また、営業職はただ商品を売ればいいのではなく、継続して長期的にお客様とお付き合いができるように自分自身をも売り込む必要があるための人間的魅力を養っていく必要があります。

話術を磨きながら、身だしなみや容姿、表情のつくり方などを見直して人に好感を与えることができるように努力していくことが大切です。

■まとめ

e424b5fb9d6f9884b912852bf2ca6d78_s

 

営業職は自分の仕事の成果が直に数字に出る職種であるため、プレッシャーと同時にやりがいを感じることができます。今の自分の勤務先を見直したり、営業テクニックを磨いたりと努力を重ねれば30代で1,000万円以上の年収を手にすることも夢ではありません。営業職を考えている人は一度参考にしてみてください。

合わせて読むべき記事

business-561388_1280

楽して稼げるバイトなら○○がおすすめ☆

人気がない、深夜の漫画喫茶 楽して稼ぐことが出来るアルバイトの代名詞です。 漫画を読みながらネットサ…

594e018abcfb3f4e0bb227e6a1d11f25_s

未経験でも大丈夫!憧れの正社員で稼げる仕事ランキング

未経験可、正社員として働く仕事ランキング   今回は厚生労働省が発表している平成28年度『…

office-2609253_1920

実は稼げる!サービス業の仕事の実態について

サービス業の種類 宿泊サービス レジャーサービス 金融サービス 教育サービス 情報サービス 医療サー…

macbook-and-clutter-picjumbo-com

どうせ働くなら稼げる仕事!今、サービス業で稼ぐ人が急増中

どのような職種がサービス業に分類?   サービス業という言葉はよく耳にする言葉ですが、どの…

aerial-business-computer-1011329

男性に人気!大阪で探す高収入のお仕事

      大阪で探す高収入の仕事     1.保…

3c37af3d77d928de9d5dc325f49fcf9a_s

30代が稼げる仕事や必要な資格とは?

30代で稼げる職業その① 国家資格 30歳で他の仕事よりも稼げるものを上げるとすれば、まずは日本の3…

newspaper-2586311_1920

【東京】未経験スタートでも稼げる仕事ランキング

【東京編】未経験スタートでも稼げる仕事ランキング 未経験から始められる仕事にはどんなものがあるでしょ…

AdobeStock_64617196

高卒でも稼げる仕事!未経験から正社員になれる専門職とは?

    未経験から正社員になれる専門職   未経験から正社員になれる専…

designer-home-office-picjumbo-com

独立して稼げる仕事、独立開業できる職種とは?

国家資格タイプ 国家資格タイプの仕事は、国家資格あるいはこれに準じたものが必要なものです。 国家資格…

cf4eb4f1668a9e0a8243d5e8f056a09e_s

ベンチャー企業を起業するための能力

人を夢中にさせるような社長の信念、人脈を築き上げる能力 私がこれまで読了してきた全ての書籍綴られてき…