30代の営業マンの平均年収とは?年齢別に調べてみました。

業種により営業職の給料は上下の差が非常にありますが、平均すると日本で働いているサラリーマンの平均給料である450万円という水準に収束します。

営業職は未経験も広く受け入れている一方、基本給が低く・給料が低く設定されてしまう場合が大半です。
インセンティブ給料が設定されている一方、なかなかその恩恵に預かることが出来ない人が大半なのです。

89e1b8d3ae00e4c7d5fcc6dba54f10c8_s

営業マンの年代別年収

インセンティブ給料の恩恵に預かることが出来ない人が大半であると述べましたが、それでも経験・未経験に関係なく、他業種と比較すると給料は多い形です。

DODAの年代別平均年収によると、20代で382万、30代で489万、40代で630万、50代で755万という数値が出ています。いずれの年代でも、その他業種の平均より高い数値です。上記数値から最も数値の伸びが高い年代をピックアップすると、30代になります。

丁度社会人として脂がのってきた時期であり、取引先からも信頼されプレイヤーとしてもマネージャーとしても、さらにはプレイングマネージャーとしても活躍出来る年代かと思います。40代平均年収と30代平均年収の差分は、141万円であり、これを単純に10年で割りますと、1年あたり約14万(平均月収1万円アップ)の昇給となります。

一般的な大手企業でも平均月収が1万円以上アップするのは、比較的若手に多く、30代以降は伸び悩むことから、営業マンは30代以降に待遇が伸び盛りがある職種とも言えます。

インセンティブの恩恵に最も預かることが出来るのは30代

営業マンの旨味は、インセンティブ給料になります。そして、この旨味を最も味わうことが出来るのは、なんといっても30代以降なのです。

その為、平均年収489万円というのは、489万円に近い額の年収を貰っている人が多いというより、年収200万円台もいれば年収1,500万円台の人もいるといった形での平均数値といっても過言ではありません。

年収300万円を頂戴しているサラリーマンが7人いて、年収1,500万円を頂戴しているサラリーマンが1人いる場合の平均年収が、式として450万円という値が算出されます。肌感覚として、営業マンを無作為に8人集めてみたら、1人くらいは不動産分譲や生命保険を商材にしており、猛烈に稼いでいるイメージと、そこまで差異はないのではないでしょうか。

また、30代以降にインセンティブ給料の恩恵を最も預かることが出来る理由ですが、単純に、上司によるOJT期間やサポート期間が終わり、全ての成果を営業マンが一人占め出来るからです。

また、部下を持つことになった場合は、部下の成果の一部も、自身の営業成果の一部として計上される為、自身と部下の両輪という形でインセンティブ給料が支払われることになります。

20代を、「大手クライアントがおらず、営業結果を出したとしても上司の成果としても評価されてしまう苦節の時期」とすると、30代は「大手クライアントが増え始め、紹介案件もプル営業で入りはじめ、さらにその成果を一人占めしつつ、部下の成果も入り始める」という非常に良い時期になります。

特に、商材・サービスの単価が非常に高い不動産分譲でしたり、サービス内容が非常に複雑な生命保険の場合でしたら、商材・サービスの学習の為に、上司の営業サポートに3年程は費やさなければなりません。

いきなり新人が販売・制約しようにも、クライアントどころ、そもそも知識がありません。運良く商品・サービスを販売出来たとしても、その後クライアントから個別具体的な質問が来た際は、さすがに一人だけではサポート出来ないでしょう。「インセンティブ給料が大半を占める営業マンは、ひたすら30代まで我慢せよ」なのです。

そもそも「営業マン」ではなくなる

30代の給料における伸びしろが大きいのは、全てが上記のような理由ではありません。

30代後半ともなると、「営業マン」ではなくなり、「管理者」としての役割が求められるようになり、「営業マン」というより「営業管轄」といった役割が与えられます。

個人として数値を追いかけまわすというより、所属するチーム全体としての営業成績向上、部下の育成がメインとなってきます。営業マンが活躍する企業の管理職・経営陣は、基本営業畑出身の方が多い為、営業マンは昇進しやすいでしょう。

営業マンから一歩ステップアップすると、責任こそ重くなりますが、待遇が一気に向上します。

営業メインの会社で、事務職出身やシステム開発出身の社員が管理職の椅子を大半占めていることはありませんから、企業による営業マンへの厚遇は、必然と言えば必然です。

まとめ

bfa0b43cc870487d7b77c3f2561869ba_s

いかがでしたでしょうか。営業マンは、その特性から、一概に平均給料という形の評価をすることが困難です。

しかし、30代のインセンティブ給料の大きさや、40代にかける昇進を考えると、30代こそ営業マンとしての旨味があることが分かったのではないでしょうか。

単純な平均年収だけの比較ではなく、このような背景や今後の展望を十分に考えた上で、営業マンの道を歩まれることをおすすめします。

合わせて読むべき記事

Startup Business People Working on Laptop

20代で稼げる仕事と20代では稼げない仕事の見極め方とは

20代、稼げる仕事の見極め方 では、20代で稼げる仕事に就くためにはどうすればいいでしょうか。 同じ…

business-962316_1920

30代だからこそ稼げる仕事とは

30代の特徴とは 30代の特徴は会社の主戦力であるということです。 一般社会では30代は若いという印…

pexels-photo-260759

30代で稼げる人の共通点とは

30代で稼ぐために   20代と違って十分な準備期間があったので、30代で稼ぐのは比較的楽…

otoko-kousyuunyuu

20代でも稼げる!キャリアアップへのコツ

    キャリアって何?   キャリアアップを考える前に、『キャリア』…

7

20代で稼ぐ方法を身に付けよう!今からでも遅くない成功者への道

  20代を修業期間ととらえるなら   人の考え方はそれぞれなのですが、20代で…

modern-graphic-designer-essentials-picjumbo-com (2)

【大阪編】高卒でも稼げる!男性におすすめの仕事ランキング

高卒男性におすすめの仕事ランキング 大阪編 第1位 弁護士 年収800万円   大学を経由…

pexels-photo-315653

20代で稼げる人は普段何をしているの?

働いている もっとも多いのは「働いている」でしょう。 実は20代で起業して成功した人たちの多くが口を…

shutterstock_426550072-570x380

将来年収1,000万以上の仕事に就くために大学生がやるべきこと

  大学生がすべきこと   年収1000万円はサラリーマンでも達成可能な年収です…

sandwiches-1969741_1280

20代で稼ぐならこの仕事!タイプ別おすすめ仕事ランキング(20代で稼ぐ)

体育会系にオススメな証券営業 20代で高収入を稼ぐ為には、特定・専門的なスキルが必要です。 例えば、…

publicdomainq-0019215gfc

30代の起業方法と起業する前に確認しておくべき注意点

30代で起業する 30代で起業するなら、できれば20代から準備しておくと安心です。 思い立ってすぐに…