30代のうちに起業をする方法

日本政策金融公庫のデータでは、その年のうちに起業した人の中に占める30代の割合は35%。

つまり、一年に100人の人が起業していたとしたら、そのうちの35人は30代なのです。
ちなみに40代の割合も35%で、日本では30代・40代で起業を実行する人が多いことがわかります。

社会に出て、会社に就職し、業務に携わりながら起業のチャンスをうかがっている人も多いはず。
そんな人のために、30代のうちに起業する方法をご紹介していきます。

30代で起業するなら

 

 

20代から準備する

 

思い立った時にいきなり起業できるかというと、よほど恵まれた環境でもなければそれは難しいでしょう。

会社と言う箱を作るだけならば、わずかなお金を用意してそれなりの手続きをすれば可能です。

しかし、大切なのは中身であり、その準備にはどうしても時間がかかります。

macbook-on-wooden-desk-with-room-for-text-picjumbo-com (2)

 

基本的な準備

 

  • 資金の用意

 

30代で起業するなら、20代のうちから資金の用意をしておく必要があります。

どんなビジネスをするかで用意する額も変わってきますが、生活をしながら預金をするのでやはり時間がかかります。

20代の平均年収は294万円。

20代後半では344万円と言われていますが、その中から毎年どれくらいを自己資金に回せるかを考えると気が遠くなるかもしれません。

また、金融機関などに融資をお願いするにしてもさまざまな準備や手続きが必要です。

お金を借りるにはそれに足る信用が必要です。必要書類の用意や返済計画など、さまざまな部分で時間がかかります。

 

 

  • 経営知識の習得

 

若年層で起業を断念する大きな理由の一つに経営知識の不足というデータがあります。

多くの場合、企業に就職して経験を積みながら起業を目指しますが、直接的にも間接的にも会社経営に関る仕事をさせてもらえることはほぼないでしょう。

よって、最初は知識の習得を目指すしかありません。

学ぶべきことはいくらでもあります。

最初は財務諸表の数字が何を意味しているか、くらいから始めても良いでしょう。

そもそも経営学は、大学で何年もかけて学ぶ学問です。

最低限の知識を身に着けて起業した後も学び続けることになります。

 

 

  • 業務知識・スキルの取得

 

どんな商品を売るのか、どのようなサービスを展開するのか。

よりよいものを提供するためには、それなりの業務知識やスキルが必要になってきます。

サービスのコアになる資格やスキルも必要ですが、会社を回すためには業務周辺の法律を知っていなくてはなりませんし、経理などもやらなくてはなりません。

起業したての会社では、人がいないため一人で何役もこなす必要が出てきます。

手が足りないからと言って安易に人を増やせば、人件費として跳ね返ってきます。

 

 

  • 顧客の確保

 

会社を作るというのは、新しいお金の流れを作ること、と言い換えてもよいです。

どのような方法であれ、その流れを複数作り、一本一本を太くしていくことができれば自然とお金が会社に入ってきます。

失敗しない起業方法は何か、という問いに対して優秀なビジネスマンの多くが「顧客を先に確保してから起業すること」と答えます。

最初は無収入で経営していくことも多いですが、起業時点でとりあえずのお金の流れを作れれば会社を経営するのが若干楽になるのは間違いないです。

会社の業務にたずさわっていく中で、会社内外に様々なつながりができます。

独立した後も、元居た会社から仕事を回してもらえることも多いので、やめる際にはきちんと仁義を通すことをお勧めします。

 

 

  • 家族の理解

 

現代の男性の初婚は30代前半であることが多いです。

30代で起業する場合、妻と小さな子供がすでにいることもあるでしょう。

それに優秀な人ほど、会社内でそれなりの地位にあり、給料も悪くないことが多いです。

起業はハイリスク・ハイリターンな行為には違いありませんので、しっかり家族の理解を得ることが大切です。

仕事が忙しすぎて家族を顧みることができない可能性もあります。そんな時、理解があるかないかでその後の状況が大きく変わってきます。

 

 

常にアンテナを張っておく

 

チャンスをつかむために起業したいと思いますが、どんなビジネスで起業したらいいか悩む人もいると思います。

自信のある分野で、他者よりも優れたサービスを提供できるならそれでも良いですが、社会状況は刻々と変化します。

大きな波も小さな波もありますが、それを敏感に察知してビジネスにつなげる嗅覚は大切です。

20代のうちからアンテナを張って、起業アイデアを探すクセを付けておくとよいでしょう。

その中である時、チャンスが見えることが多々あります。

 

まとめ

pexels-photo-256502

30代のうちに起業する方法ということで見てきました。

30代で起業するなら、20代から準備が必要になります。

資金調達や、知識やスキルの獲得、人脈の形成など、起業に向けて準備することが山のようにあります。いつ、どのタイミングで起業するかは個人の判断次第ですが、これだと思った時に、すぐに動ける準備をしておくことが大切です。

合わせて読むべき記事

fdebc577b94158bd52480ff4693d1de2_s

30代の営業マンの平均年収とは?年齢別に調べてみました。

営業マンの年代別年収 インセンティブ給料の恩恵に預かることが出来ない人が大半であると述べましたが、そ…

Mix of office supplies and gadgets on a wooden table background. View from above.

起業を考えている30代の方へ~知っておきたい起業のノウハウ~

起業に必要なもの 起業するために必要なものはなんですか、と問われたときあなたは何を答えるでしょうか。…

entrepreneur-1765836_1280

20代で稼ぐ方法とは?副業のメリット・デメリット

    副業を認める会社も増えている   かつては、副業を禁止する会社…

modern-graphic-designer-essentials-picjumbo-com (2)

【大阪編】高卒でも稼げる!男性におすすめの仕事ランキング

高卒男性におすすめの仕事ランキング 大阪編 第1位 弁護士 年収800万円   大学を経由…

12986

30代で稼げる人になるための心構えとは?

サラリーマンとして生きるなら、上司には奉公しよう 30代サラリーマンの上司ともなると、40代さらには…

d7bf2e2ad520de2070154181d9beec76_s

30代で起業するために準備しておくべきこと

企業を始める準備 独立したい、起業したい、と考えるタイミングは人それぞれだと思います。 小さいころか…

3c37af3d77d928de9d5dc325f49fcf9a_s

30代が稼げる仕事や必要な資格とは?

30代で稼げる職業その① 国家資格 30歳で他の仕事よりも稼げるものを上げるとすれば、まずは日本の3…

smartphone-diary-and-silver-pen-on-black-workspace-desk-picjumbo-com (1)

30代で稼げる仕事に就くための必要資格や条件とは

30代で稼げる仕事に就くための資格 難関国家資格の取得   まずは難関国家資格の取得が考え…

people-2344401_1920

20代で稼げる人が実践したこととやめたこと

稼げる20代とは   このようなデータを見ていると、少数とはいえ稼げる20代がいることもわ…

gahag-0027431934-1

20代で稼げる人間になるための成長方法

20代で稼げる人間になるために 20代で稼げる人間になるにはどうしたらいいでしょうか。 業界選び、仕…