30代で起業する方法!~成功する人の共通点~

30代は起業する人が最も多い年代です。

日本政策金融のデータによると、毎年30代での起業は全体の35%であり、40代の35%と同じ数字となっています。

ちなみに20代での起業は7%ほどで、それほど多くはありません。

ですが、ここで疑問が湧いてきます。

何故、人は30代での起業を選択するのでしょうか。

今回は、その中でも特に30代で成功する人の共通点を挙げていこうと思います。

 

 

30代で起業するわけ

 

30代で起業する人は、多くの場合、20代を修業期間として設定している場合が多いです。

知識、経験、それに資金を蓄えながら、独立の時期を図っています。

30歳を機に独立する人もいれば、もう少し時間をかける人もいます。

30代と言えば、会社で言えば主戦力となって最前線で働いている時期でしょう。

人によっては部下を持って、プレイングマネジャーとして管理に実務に活躍していることでしょう。

体力も十分あり、経験も十分な30代は起業には適した時期だと言えます。

では、その中でどのような人が成功しているのでしょうか。

どんな準備が必要なのでしょうか。

 

 

十分な資金を貯めている

 

即物的な言い方になってしまいますが、何をするにもお金が必要です。

ごはんを食べるのも、服を買うのも、もちろん会社を興して経営していくのもお金が必要です。

特に事業を興したばかりの時期はなかなか黒字にならないはずです。

そのような時期を乗り越えて、比較的安全なスタートアップを行うには十分な資金が必要です。

では、どれだけあればお金は足りるのでしょうか。

もちろんあればあるほど良いでしょう。

しかし、自分が用意できる額には限界が出てきます。

そこに一つの答えを出すのならば、まったく売り上げがなくても半年は営業できるだけの資金と言えます。

少なくとも3か月は欲しいところです。

 

20160517181310

 

すでに顧客をつけている

 

多くの優秀なビジネスマンが口を揃えて言います。

「起業するなら顧客をつけてから」

起業とは新しいお金の流れを作ることと言えます。

もっとも単純化して言うならば、顧客に財やサービスを提供して、その代わりに報酬をもらうという流れです。

お金は顧客から自社に流れてきますが、最初から水源を確保しておくことができれば、あとはこちらの準備をして事業を始めるだけです。

その流れを太くしたり、別の流れを作ったりしながら自社に流れ込むお金の量を多くしていくことができれば経営も安定します。

 

 

競争優位は持っている

 

30代で起業するということはすでにある業界で仕事をしていた経験がある場合がほとんどでしょう。

おそらく、今まで自分が働いていた業界か、それに近い業界で起業することが多いと思います。

しかし、起業するにしても、すでにその業界に存在している企業と同じことをして果たして成功できるでしょうか。

ずっと前から事業を継続している会社と、いきなり出てきた自分たちと、顧客はどちらを信用するでしょうか。

少なくとも同じことをやっているなら、前から付き合いのある会社、前から存在している会社を選びます。

 

新しく興した会社に競争優位はあるでしょうか。

品質はどうでしょうか、価格は他社と比べてどうでしょうか。

差別化はできていますか?

差別化されたその部分は容易に他社にまねできるものではないでしょうか?

 

 

経営知識を持っている

 

独立して、さぁ事業を興しました。

ただ、ここで考えることがあります。

最初は何人でスタートするのでしょうか。

2~3人でしょうか。それとも最初は一人で始めるのでしょうか。

仮に複数人で始める場合、あなたが事業主だとしたら他のメンバーは部下になります。

部下を持ったことはあるでしょうか。

チームを率いた経験はあるでしょうか。

人間の集団を結束させて、一定の方向に走らせるには情熱だけでは難しいでしょう。

 

また、会社を経営するということは会社の状態を把握できて、診断できないと難しいです。

医者が人の体を見るように、経営者は自分の会社の状態を把握できていなければなりません。

会社の状態を把握する一つの指標として財務諸表がありますが、それらに記された数字が何を示しているかを知っていることが求められます。

 

 

家族の理解を得ている

 

会社経営というのは、非常に大変です。

特にスタートアップの時期はやらなくてはならないことが膨大にありますので、とても忙しくなります。

そして、そんな忙しい仕事をバリバリこなすために必要なのはモチベーションです。

しかし、そのモチベーションはどこから湧いてくるのでしょうか。

会社を大きくしたい、社会的に評価されたい、と思う人もいるでしょうが、特に家族のために仕事を頑張る、という人も少なくないでしょう、

ただ、起業というのは非常にリスクの高い行為と言えます。

30代となれば、結婚していて小さな子供がいてもおかしくない年齢です。

その時期に配偶者が独立に賛成してくれるかどうか。

仮に賛成が得られていない場合、成功しても失敗しても家族そのものを失う可能性もあります。

逆に同意を得ていると、大変な時に資金の援助や、手が足りなくなった時に手伝ってくれたりもします。

 

まとめ

 

以上、起業して成功する人の共通点を5つ挙げてきました。

 

十分な資金を用意する

顧客を先に用意する

競争優位を考える

経営知識を持っている

家族の理解を得ている

 

他にも様々な要素がありますが、これらも十分に準備して起業の望むのが良いです。

 

business-577026_1920

合わせて読むべき記事

img01

30代で稼げる仕事とはどんな職業?

30代で稼ぐために必要な条件というのは2つしか無い 30代というのは、日本社会において労働環境を考え…

b846727afacde5ddc6e76416c8fb5776_s

20代営業の平均年収はどれくらい?

同じ営業職とは言うけれど   同じ営業職でも給与は当然違います。 平均年収は年代によっても…

checklist-2589418_1920

20代で起業する方法!学生のうちにしておくべき10のこと

    起業を目指す20代が学生のうちにしておくべきこと   では、具…

publicdomainq-0004822vld

20代で稼げる成功者になるために今日からできること

すぐに変えられるものと、そうでないもの 努力といっても何をしたらいいかわからない人もいるでしょう。 …

e77712cb11dcc35a9e14a877e3d2f08d_s

20代で起業することによるメリット・デメリットとは?

20代で起業したい! 上記の数字を見る限り、20代で起業するのはかなり早いほうであると言えます。 そ…

pexels-photo-265651

20代のうちから稼げる仕事に就くための基礎知識

稼げる仕事に就くためには   稼げる仕事に就くためには、何が必要になってくるでしょうか。 …

man's hands typing message on touch screen mobile while sitting on wood table at balcony terrace with flare sun

意外と知られていない!20代のうちから稼げる仕事

外と知られていない!20代のうちから稼げる仕事   土地家屋調査士 25~29歳:平均年収…

a783aae2dfef64c02ecb380439c4040c_s

20代で稼げる人に共通していることとは?

20代で稼げる人の共通点   稼げる人にはどのような共通点があるでしょうか。 仕事の種類も…

business-1989131_1920 (1)

20代で稼げる人の特徴

20代の年収の実態 20代はそもそも年収があまり高くありません。 働き始めたばかりなので、これはどう…

OKMSIIMGL0713_TP_V1

20代のうちから稼げる人に共通しているポイント

20代のうちから稼いでいる人たちを挙げてみる では、20代のうちから稼いでいるのは、どのような人たち…