30代で起業するには?ポイントと注意点

昨今は、まさに起業ブームであり、「大学在学中に起業して、バイアウトすることによりExitした」「社会人を数か月経験して、事業内容を考えずに起業の為に退職をしてしまった」という例も全く珍しいものではなくなっています。

5年程前は、「スタートアップ」という単語を耳にすることは全くありませんでしたが、最近はメガバンクをはじめとしたお堅い大企業でも、FinTechやIOTに対するスタートアップ支援を積極的に行っている等、ビジネスにおける環境が劇的に変化しています。

独立精神が旺盛であるバリバリなサラリーマンが、ルーチンワークが大半を占める社会人生活に飽きて独立を考える頃が30代ではないでしょうか。サラリーマンとして結果を出しているにも関わらず、すぐに評価されて収入が向上しない状況が、さらに独立精神を煽るのです。

起業する為のポイントは?

150111learn_english-thumb-640x360-83137

個人事業主なのか、それとも株式会社を設立するのか、という点で一概には言えないのですが、基本的には「ヒト」「モノ」「カネ」がポイントになります。

「ヒト」に関して、まず一緒に事業を支えていく仲間を探すにも一苦労しますし、クライアントを探すことを常日頃考えなければなりません。

サラリーマンが、背負っている企業ブランドにより企業の事業を伸ばしていくのに対して、独立後は「その人自身」により営業をすることになりますので、数万の売上を立てることすら苦労します。

その為、独立を考えているサラリーマンは、企業のブランドに頼らずに、数万でも良いので売上を立てることが出来るかということを試すべきです。「副業している時間がない」「企業規定の為、副業が禁止」という意見があるかと思いますが、そのような縛りを気にする人が起業で成功する程、世の中は甘くありません。

「モノ」に関して、これを設備や商材(サービス)に例えると、「カネ」にも関わるところですが、やはりクライアントを社内に案内出来る程度の設備を整える為には多くの出費を伴いますし、モノを買うという初期費用に加えて、家賃・電気代等のランニングコストも常に考える必要があります。

また、商材(サービス)を仕入れて売る在庫モデルなのか、そもそも在庫を持たない原価無しのコンサルティングをするのか、で事業計画がそもそも大きく異なります。事業計画が曖昧であれば、銀行から資金を借り入れることは困難です。

最もポイントになるのが「カネ」です。特に株式会社として経営をするのであれば、常に「カネ」のことを最大限に考えなくてはなりません。人件費、光熱費etcの費用以外にも、特に経営者は売上金の回収にナイーブになり、夜も眠れぬ生活を強制されます。起業当初は手元に資金が多くない為、大きな仕事を受注することは出来ず、結局クライアントも中小企業を相手にするしかありません。

その為、クライアントが倒産しないかという与信を調査しなければなりませんし、仮に売上金を回収できず、「カネ」の回りが止まってしまうと、すぐに黒字倒産を迎えてしまいます。このような「カネ」に関わるリスクは想像以上に散在している為、最低限の会計・ファイナンス知識は勉強する必要があります。

注意点は?

「ヒト」「モノ」「カネ」の注意点は、数えればキリがありません。あらゆる経営者が、その失敗ぶりを書籍にしていますし、語り尽くすことは不可能でしょう。また、注意点も各経営者の切り口により、千差万別です。

しかし、一部を除いて、9割以上の人が認識している注意点(リスク)としては、「企業の倒産」です。起業=倒産リスクとの闘いと表現しても過言ではありません。

倒産後は、資金が底を尽き、さらには負債にまみれている状況である為、借金の返済若しくは自己破産をしなくてはなりません。借金の返済をする為には、安定的にサラリーマン生活に戻る必要がありますし、そもそも30代で起業をして失敗した後に迎え入れてくれる企業は、多くはないでしょう。メガベンチャーの代表格であるサイバーエージェントやDeNA、楽天等は、起業家精神が豊富な人材で溢れている為、比較的失敗には寛容であり、迎え入れてくれる体制が整っているかもしれません。

しかし、30代のサラリーマンの大半が所属している官僚的な大企業では、一度サラリーマンとしてのレールから外れると、まず受け入れて貰えません。さらに、受け入れられたとしても純血主義が守られ、出世を諦めなくてはなりません。つまり、「起業失敗後に通常の社会人レールに戻れないこと。その為、再び安定的な収入を得ること自体が難しくなる」ということが、極めて大きいリスクなのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。第三者からすると起業という単語は華やかなイメージが先行し、羨ましがられる側面を持っています。しかし、実際は常にリスクとの闘いであり、当事者は心身ともに非常に負担が大きな選択になります。思い切って起業!という気持ちの良い判断が結果として成功に結びつくこともありますが、30代で起業するには、リスクを適切に評価し、それに対処していくようなロジカルな行動をすることが必要です。

6db00c15f469c34075ddc7b5cf48eda0_s

合わせて読むべき記事

otoko-syuunyuu

これで失敗しない!20代で起業する方法!

  起業の現実   20代での起業が少ない理由の一つに社会経験の未熟さというもの…

4cf10ed14d61eff39cd9e69410430311_s

若くして独立することのメリットデメリット

若くして独立することのメリットとデメリット 人は何かを得るためには何かを捨てなければなりません。 時…

book-eyeglasses-eyewear-831430

20代で稼げる人になるために、学生のうちからやるべきこととは

20代の給与の現実 もっとも、20代後半の344万円はそれほど多い金額とは言えないでしょう。 日本の…

3dfc814e1cfd6b16758be4aa3d55f780_s

【30代から稼ぐ】稼げるビジネスマンになる方法

目標を設定する   人の考え方はそれぞれなので、人生の歩み方もそれぞれです。 あまり多くの…

pexels-photo-265144

営業職必見!20代から周りと年収の差をつけるポイント

年収の差 ≒ 成績の差   さて、そんな営業マンが周囲と年収で差をつけるためには、どうした…

8e8b21657679e3d7b5c8c562889f4852_s

20代で起業したい人が実践するべき方法

20代で起業したい   そもそも人に使われるような性分でない人などは、会社勤めするよりも、…

img01

30代で稼げる仕事とはどんな職業?

30代で稼ぐために必要な条件というのは2つしか無い 30代というのは、日本社会において労働環境を考え…

business-2560961_1920

20代必見!おすすめの稼げる仕事

20代の平均年収 20代前半の男性の平均年収は271万円、20代後半になると383万円となるようです…

fdebc577b94158bd52480ff4693d1de2_s

30代の営業マンの平均年収とは?年齢別に調べてみました。

営業マンの年代別年収 インセンティブ給料の恩恵に預かることが出来ない人が大半であると述べましたが、そ…

7f118494d811fe104f4d56f00d68886c_s

30代からでも遅くない!起業を成功させる方法

30代での起業は遅いのか? 起業に適した年齢というのはあるのでしょうか。 独立を志している場合、他の…