30代で稼げる人と40代・50代になっても稼げない人の違いとは

稼げる人とそうでない人の差はどこにあるのでしょうか。

30代で稼げる人もいれば、40代・50代になっても稼げない人がいます。
個人を取り巻く状況はそれぞれなので一概には言えません。

ただし、自分で考えて能動的に動いた人と、そうでない人の間には確かに明確な違いが生まれてきます。

年収=自分の評価

96ead6cbb2c6179cbc4ec1ddc3478231_t

結局のところ、年収と言うのは報酬を払ってくれる人が、どれだけ自分を評価してくれているか、ということに尽きます。
仕事の質や対応、サービスなどは相対評価なので、自分よりも優れた仕事を誰かが行えば、自分がどれだけ頑張っていたとしても評価は低くなります。

サラリーマンなら、自分に対する会社の評価が年収だと言っても差し支えはないでしょう。
稼げる人とそうでない人の最大の違いは、周囲の評価、と単純に考えることもできます。
30代で稼げるならば、その年齢でその人は周囲から十分な評価を得ていることになります。
そして、逆に40代・50代になっても稼げないのは、その人の仕事が認められていないということになります。

では、認められるためには何をしなければいけないのでしょうか。

リーダーシップ

30代にもなってくれば、上が詰まっている大企業でも同期がちらほらと出世しだす頃ではないでしょうか。

そうなると年収にも差が開き始めてきます。
30代は、勤続10年以上であり、まだ若くて体力もあります。
会社が主戦力としたい年代です。

しかし、30代になれば20代とはまた別の働き方を求められてきます。
がむしゃらに走ればよかった20代とは違って、30代はもう少し視野を広く持つ必要があります。

自分の仕事はできて当然なのですが、それ以上の事も当然求められてきます。部下や後輩のフォローもそうです。

その中で人を引っ張っていける人が、一つ上の役職に就くことができます。
部下をまとめて走らせるリーダーシップがなければ、いつまでたっても一兵卒のままです。

コミュニケーション

1人で割り振られた仕事をこなすこともありますが、大きな仕事はチームや集団でなければ成しえません。
しかし、集団で仕事をするにはそのまとめ役が必要になります。
そうでなければ、各自がバラバラに作業を行って、誰かと仕事がかぶったり、順序が逆転して作業の遅延が起こったりします。

集団が大きければ大きいほど、まとめ役と、それを補佐する人の数も増えていきます。
いわゆる管理職です。
実務を十分にこなせるのは当然ですが、今度はそれを人にやってもらうことができる人、人を使える人にならなければ30代以降で年収アップは苦しくなってくるでしょう。
やっていることが20代と同じなら、30代でも給料は同じです。
リーダーシップの根底にはやはり強力なコミュニケーション能力があります。

出世していくごとに実務からは遠ざかっていきますが、逆にちょっとした変化にも気づき、それが問題になるならば即座に対処する能力、いわゆる管理能力は鍛えられていきます。

 

挑戦すること

ファーストリテイリングといえば、カジュアルブランドのユニクロの会社ですが、その社長の柳井正さんは、若者に海外に行ってほしい、と話します。

そして、そこで経験を積んで優秀な人間にならなければ、給料はいつまでたっても上げることはできないと話します。
それは確かに筋の通った話です。

仕事に対して報酬が発生しますが、その仕事の質や量が同じなら報酬は据え置きになります。
誰でもできる仕事の単価は、当然低いものになります。
経験を積んで自分のしごとに付加価値をつけてほしいと願っているのです。

他者に対して、自分はこんな仕事をしてきた、こんな成果を出している、と自信をもって言えるかどうかを考えてみましょう。
それができるのに社内で評価されないならば、自信をもって転職するなり、独立すればよいのです。

転職の面接で、同じように自分がやってきたことを堂々と話して、そしてそれが転職希望の会社にとってどんな風に貢献することができるかをぶつけるだけです。
ただし、そのためには挑戦することが必要です。

新しい仕事は、いままで培ったノウハウも通用せずに苦しい思いをするかもしれません。
しかし、これまでやってきた仕事だけを細々とこなしているうちは到底、評価を得ることは望めないでしょう。

まとめ

gahag-0095396761-1

30代で稼げる人と40代・50代になっても稼げない人の違いとは、ということで見てきました。
30代以降は、自分の仕事ができるのは当たり前で、それにプラスしてリーダーシップや管理能力が求められます。
そして、それを培うためには日々の挑戦が不可欠です。

年収とは、自分に対する会社の評価にほかなりません。
それを上げるためには、自分に何が期待されているかを正確に読み取って、期待に応えていく必要があります。

年収が上がらないのは期待に応えられていないということです。
一度、自分に何が求められているかをしっかりと把握しなおすことで、今後、どのようにふるまっていけばいいかということの指標となります。

合わせて読むべき記事

business-1989131_1920 (1)

20代で稼げる人の特徴

20代の年収の実態 20代はそもそも年収があまり高くありません。 働き始めたばかりなので、これはどう…

pexels-photo-239855

今からでも逆転可能!30代で稼ぐ方法

人生を逆転させるために   人生を逆転させるために必要なのは攻めの姿勢です。 多くの人が3…

7f118494d811fe104f4d56f00d68886c_s

30代からでも遅くない!起業を成功させる方法

30代での起業は遅いのか? 起業に適した年齢というのはあるのでしょうか。 独立を志している場合、他の…

OKMSIIMGL0713_TP_V1

20代のうちから稼げる人に共通しているポイント

20代のうちから稼いでいる人たちを挙げてみる では、20代のうちから稼いでいるのは、どのような人たち…

morning-breakfast-workspace-setup-picjumbo-com (2)

30代で稼ぐ方法とはどんなもの?

周囲と差が付き始める30代 そんな30代が周囲よりも稼ぐためにはどうすればいいでしょうか。 その疑問…

AdobeStock_64617196

20代で「稼げる人」になるために覚えておきたい仕事探しのポイント

  業界を考える   無い袖は振れない、という当然の理屈があります。 あなたの働…

laptop-2558400_1920

20代でも稼げる仕事ランキング Part2

20代でも稼げる仕事ランキング 1位     医師                         …

writing-with-a-graphic-pen-picjumbo-com

”若くして独立する”という道を成功させるコツ

若くして独立する人の割合 「若い」ということの定義はあいまいですが、一般的に社会で「若い」と言う言葉…

Charts and analytical data on the tablet screen with a cup of coffee and a telephone in the background

20代でも起業を成功させる方法

大切なのは事前準備   年齢にかかわらず、会社を興して経営していくためには事前準備が大切で…

61a7e72ad016431a89969392fd518b37_s

20代の営業マン必見!年収をアップさせるためのスキルとキャリアアップ法

営業で年収をアップさせるなら成績をあげるのが近道   営業職が年収を上げるためには、単純に…