20代のうちに稼げる仕事に就くためのポイント

日本の20代の平均年収は296万円となっており、日本人すべての平均年収420万円を大きく下回っています。

最近では年収も二極化しており、平均値が実態とはかけ離れていることもありますが、いくつかのデータによれば年収のボリュームゾーンは200万円台後半から300万円台にあるようです。
とはいえ、そのような状況の中でも稼げる人は確実に存在しています。

では、20代のうちから稼げる仕事に就くためのポイントはどこにあるのでしょうか。

学歴はいわずもがな

pexels-photo-259086

業界で年収に違いは確かにありますし、同じ業界でも会社によって支払われる報酬は違います。

できるだけ条件の良い会社に入るためには、何が必要になってくるかと言えば、まず、脳裏をかすめるのが学歴でしょう。

一流企業は名門大学の卒業生を中心にして採用を行います。

商社・金融・メディアなどが高年収になりやすい業界ですが、その中でも社員の平均年収が1000万円を超える会社に入ろうとおもったら、それなりの大学を卒業している必要があります。学歴不問を謳う企業でも、一定の学力の大学を卒業しているならば、それ以降は不問としていることも多くあり、実質足切りをすることも多々あります。

20代は社会に出たばかりか、出てから数年であり、まだ実績と呼べるものがないことが多いです。

学歴はそういう意味でも、その人の10代の成果の大きな部分なので、これを評価しないわけにもいきません。

あるいは、大学である種の研究や活動で成果をあげた人ならば、学歴は問われず、企業から招聘されるかもしれませんが、それもなかなか難しいでしょう。

20代に限りませんが、稼げる人の多くが“目の前のことに必死にがんばった時期があった”と口を揃えて言います。

そういう意味では、10代で特にやりたいことがなければ目の前の学業を必死に頑張ることで道が開けます。

 

 

資格を取る

 

資格をとるのもよいでしょう。

20代で稼ぎたいと思うならば、大学在学中や20代前半で資格取得を目指してもいいです。

公認会計士や弁護士などをはじめとして、独占業務を持つ国家資格を取得できれば、間違いなく武器になります。

ただし、資格は武器や道具であることを忘れてはいけません。

稼ごうと思ったら、それを行使する人の力量もまた問われるので、資格だけ持っていても意味はありません。

ちなみに公認会計士の平均取得年齢は27歳、弁護士は28歳ほどですが、あくまで平均なのでもっと若い年齢で合格することも可能です。

しかし、その場合、かなり早い段階から道を定めて、努力を始めることが必要になってきます。

資格取得には膨大な学習時間が必要であり、5000時間~8000時間が必要ともいわれています。

20代公認会会計士の平均年収は25歳~29歳で657万円。

20代弁護士の平均年収は25歳~29歳で785万円。

20代だけで見ても、全年齢でも見ても十分に高い年収と言えます。

 

参考:http://heikinnenshu.jp/

 

 

バイタリティで稼ぐ

 

豊富な行動力を源泉にして人よりも多く稼ぐことが可能です。

それは営業職です。

営業しなければ売り上げが立てられないために、企業にとっても最も重要な仕事と言えます。

よって、毎月の売り上げを確保するためにノルマが課せられたりもします。

そのノルマに抵抗がある人も多く、あまり好まれない職業と言えるかもしれませんが、

給与に占める歩合給の比率が大きいため、自分の成績次第では年収が1000万円を超えることもザラにあります。

また、自分の努力や成果が直接給与に跳ね返ってくるため、やりがいを感じる仕事です。

トップ営業マンの中には、独立して会社をおこし、成功をおさめる人も多くいます。

これは顧客から契約を取ってきて、お金の流れの基本を作り出すことがで切るからです。

起業家とは、言い換えれば新しいお金の流れを作れる人とも言えます。

そういう意味では、起業家には営業マンとして素養も非常に重要な要素と言えます。

 

 

20代の稼ぎは、10代の積み重ね

 

20代のうちに稼げる仕事に就くためのポイント、と言うことで見てきました。

20代で得られる報酬は、10代で培った成果次第と言えます。

簡単に言えば、学歴や資格です。

10代の多くはまだ学校に通っていることが多いので、まずは目の前の学業を必死に頑張ることだけでもそれなりの道が開けます。

資格を取得する場合は、学校とは別に学習時間を取る必要がありますが、これはこれでなかなか大変なことです。

その努力の先に、高い年収が得られる可能性が高まるのです。

 

そうでなければ、今の自分を見てもらう必要が出てきますが、その場合もっとも適切な仕事が営業職と言えます。

先に説明した通り、営業職には向き不向きがあります。

しかし、営業職で成功した人の多くは自ら稼ごうという高いモチベーションを持っている人が多いのも事実です。

よって、最低限のノルマなどを歯牙にもかけず、その2倍3倍以上の成果をあげます。

それを支えるのが豊富なバイタリティと言えます。

バリバリ働いている人の多くが、この人、いつ休んでいるんだろう、という印象を周囲に与えます。

 

合わせて読むべき記事

style-sunglasses-with-macbook-picjumbo-com

今からでも遅くない!20代で稼げる仕事って?

20代はチャレンジに失敗しても立ち直れる! 20代の平均年収はおよそ300万円。各世代の中でも職種や…

otoko-syuunyuu

30代で起業する方法とは?今のうちに準備しておくべきこと5選!

    準備その1.資金   まず何をするにも資金が必要です 会社にと…

3dfc814e1cfd6b16758be4aa3d55f780_s

【30代から稼ぐ】稼げるビジネスマンになる方法

目標を設定する   人の考え方はそれぞれなので、人生の歩み方もそれぞれです。 あまり多くの…

limnu-for-coworking

20代で起業を成功させた人の起業方法のコツとは?

成功の定義は人それぞれ かつて、起業がもっとも成功しやすいのは、男性・40歳・資本金3000万円以上…

business-manager-using-his-phone-in-a-car-picjumbo-com

【営業職】30代で周りと年収の差をつけるために必要なこと

今、働いている会社でステップアップ   周りと差をつけるためには、当然、周りよりも速く走ら…

8012c9c117c4dafcac4e925aaf43f9f7_s

30代営業職の平均年収は?-年収アップのコツ

30代営業職の平均年収 給与に差がつき始めてくると気になるのが、他の人はどれくらい給料をもらっている…

working-on-website-layout-picjumbo-com

【大阪】高卒の男性でも稼げる仕事

大阪で稼げる仕事 大阪は日本を代表する都市のひとつであり、平均年収は東京・神奈川・愛知に続いて第4位…

young-man-in-a-black-coat-duotone-picjumbo-com

20代で起業する方法はあるのか。実は今の20代こそ、起業するべき世代なんです!

20代での起業は自分のアイデアを形にできる 起業は年齢に関係なく自分でこんな仕事をしたいと思った時に…

whiteboard-849810_1280

知って得する。20代だからできる稼ぐ方法

20代だからこそWEBを活用できる 「ノートパソコン1台あれば、世界中のどこに住んでいても稼ぐことが…

mouse-2557252_1920

知って得する!20代で稼ぐ方法

20代だからこそ しかし、20代で稼ぐにはどうしたらいいのでしょうか。 30代・40代と経験と信頼を…