20代で起業する方法はあるのか。実は今の20代こそ、起業するべき世代なんです!

一昔前は起業をすることは一握りの特別な人間のすることと思われてきました。

しかし、時代は変わり、近年ではIT系の業界を中心に独立・起業する人が増えています。
従業員と起業家では見ている景色、責任感、関わる人脈が違い、若い年代で起業し経営者としての経験を積むことは、百戦錬磨のプロ経営者への道も見えてきます。

そのチャンスは柔軟な発想をもっている20代の世代にこそ秘められています。ここでは20代での起業についていろいろご紹介します。

20代での起業は自分のアイデアを形にできる

起業は年齢に関係なく自分でこんな仕事をしたいと思った時に、どのような行動を、どれだけのスピード感をもって進められるかが起業の運命の分かれ道です。

そもそも企業に属せず最初から起業の意志がある場合や、就労していくうちに起業を志す場合や、初めから将来は起業するという目的をもって会社を選び就職し、必要なこと、経験を身につけ、また人脈づくりや資金づくりなどを行い、機が熟したころに起業するという要領の良い猛者もいます。

この場合だけではなく、いろいろな起業の方法がありますが20代で起業は、仕事の経験も少なく、有効な人脈も資金も十分ではありませんが熱意、夢や柔軟な発想力があります。
長く企業に属し、その枠組みの中で就労していると、業界のルールや慣習、ビジネスのしがらみなどを考え、リスクを恐れ萎縮してしまうことがあります。

20代の起業の最大の魅力は伝統や既存の手法などにとらわれず、更にリスクを恐れず、これまでと違った新しい自分のアイデアの商品化、理想を体現し、試行錯誤を繰り返しながらも実現させようと熱い思いで挑戦できることにあります。

IT系では若いうちの起業が活発で、柔軟な発想によって生まれたビジネスモデルをIT技術で実現する形が目立ちます。学生で起業する人も最近では多くなり、20代で起業することは珍しいことではなく、当たり前になりつつあるのかもしれません。

20代での起業では成果をすぐに求めない

年齢に関係なく起業できますが、20代での起業では成果をすぐに求めないことが特に大事です。
一般的に20代では必要な経済的な経費は30代や40代に比べ最小限におさえることができ、失敗しても十分に失敗の原因を分析し、修正を十分に検討し改善できる時間がたっぷりあります。

失敗を繰り返し、その度に工夫し、バージョンアップしていけば良いのです。

総計データでは起業して5年で半分残れば良い方で成功するのは10%ともいわれています。目先の短期的で一過性の利益を追求するのではなく、資金面を工夫し成果、利益をすぐに求めずトライアル期間を予定より長めに設定し、自分が満足できる内容に仕上がるまでコツコツ努力を続ける忍耐、根気強さが大事になります。

20代での起業を目指すのに必要な心構え

b09d1aadc5dfd69999ecc90e97e44ab1_s

20代での起業にはアイデアがあっても資金も人脈もないのが普通です。

20代での起業には熱意、夢、新しいアイデアがあっても残念ながら潤沢な資金も豊富な人脈もないのが普通です。

しかし、それでも成功する20代はいます。それにはそれなりの理由があります。一般的に起業家というと華やかなイメージがありますが、実際はビジネスモデル、詳細な事業計画を作り上げ、軌道に載せていく実行・推進力やプロジェクトを潰さない堅実性、予実管理も重要な要素です。

特に1人ですべての業務をやるのではなく、周りの人を巻き込んでいく力や、その人々の力を結集させ最大化させる要素は近年では外せない要素になりつつあります。

そのためには、相手の意見に素直に耳を傾け、理解に努める気持ちの余裕も必要なことです。起業したいアイデアがある時に、アイデアを実現させるための緻密な作戦が必要です。アイデアの実現は決して一人でやらなくてはならないということでもありません。

人と人の繋がりでは自分のアイデアに関心をもち実現に必要なスペース、技術、設備の提供や、資金協力してくれる人や応援してくれる人を探すということも大事です。

また、目標管理や期間の設定、それに運転資金のしっかりした管理も必要です。
これらの管理を疎かにしたまま展開を進めていくと思わぬところで挫折することになります。起業家として目的を達成させるためにはこれらの管理を徹底することにより、早めの課題把握、その課題に対しての対策や軌道修正することもできますので大事な心構えの1つになります。

20代で起業する方法

アイデアと熱意があっても具体的に起業法が分からない人を対象に、起業方法などについていろいろな支援している組織があります。

20代で起業したい人は漠然としている計画を具体化させるために積極的に支援組織を活用することが起業への近道になります。たとえば、東京商工会議所では創業・起業に向けた支援を随時行っており、国としても中小企業庁が、創業スクールを全国各地で開催し、地域発の新たな事業の担い手を創りだそうとしています。

経営や税務、マーケティングなどの仕方など基本的な知識の習得からビジネスプラン、事業計画の策定方法など知っておきたいところをおさえています。

全国の自治体やNPO(非営利団体)等で地域活性化のため人口減少の過疎地での農業や林業、漁業など研修を行い、その体験を通じて起業や生活支援を行っているところもあります。

さらに起業時や起業後継続させるために必要な資金についても、起業家向けに有利な条件となっている公的融資制度もありますので自分に合った最適な融資制度を見極め利用することができます。

そうした支援組織を活用して起業することが近道でしょう。

■まとめ

1454141319664

20代での起業には経験や資金などがなく、良いアイデアがあっても起業を難しく感じ断念してしまう人がいます。

しかし20代の柔軟な発想や、失敗しても後戻りできる時間は20代にしかない大きな武器でもあります。

そして経験のない20代は、既成概念や業界のルールに縛られることなく支援組織や、アドバイザーや協力者を得ることにより大きく羽ばたくことができる世代です。

人を巻き込み、協力を仰ぎ悪戦苦闘しながら聞く耳をもち常にプラス思考で工夫や改善を重ねて取り組む謙虚な姿勢と熱意が大事です。

合わせて読むべき記事

business-2560961_1920

20代必見!おすすめの稼げる仕事

20代の平均年収 20代前半の男性の平均年収は271万円、20代後半になると383万円となるようです…

no image

20代必見!稼げる仕事に就くために知っておきたいビジネスマナー

  【20代】知らなきゃまずいビジネスマナー   20代の比較的経験の浅いビジネ…

85d32e2e88e87dfe07305f32affdb08b_s

20代から稼げる仕事ランキング

20代から稼げる仕事ランキング   今回は厚生労働省が発表している平成28年度の『賃金構造…

d0e6b7deee27c10b5bef617796ff0efe_s

30代で稼げるようになる仕事一覧

弁護士   日本の3大国家資格の一つである弁護士は、高年収の仕事で知られています。 現在、…

black-desk-black-diary-black-smartphone-picjumbo-com

30代で稼ぐ方法と稼げる企業や業界

30代で稼ぐ方法 30代で稼ぐためには、どうすればいいのでしょうか。 一般的に30代は部下を持ち始め…

business-man-and-woman-handshake-in-work-office-picjumbo-com

普通の20代になりたくない!普通でない20代の稼ぎ方

事業を売却するとは何なのか 前提として、普通の20代の稼ぎ方ではありません。 勿論、普通の30代、4…

light-modern-car-interior-from-drivers-view-picjumbo-com (2)

今からでも遅くない!30代で稼ぐ方法

30代からでも稼げるようになりたい 20代ではそれほど稼げなかったけど、心機一転30代からは稼ぎたい…

cup-mug-desk-office

30代で稼げる人が実践したこととやめたこと

30代で稼げる人   それでは30代で稼げる人というのはどういう人でしょうか。 例えば、M…

checklist-2589418_1920

20代で起業する方法!学生のうちにしておくべき10のこと

    起業を目指す20代が学生のうちにしておくべきこと   では、具…

f679324f53a54779994a8e8fa532d3

20代で稼げる人は必ずしている!今すぐ真似したい”稼ぐコツ”

20代で稼げる人   20代で稼げる人にもいくつかの種類があります。 高学歴エリートが一流…