20代で稼げる仕事と20代では稼げない仕事の見極め方とは

近年の日本人の平均年収は420万円ほど。
多少、上下することはありますが、大体このくらいに収まります。
しかし、20代の平均年収はそれよりももっと低い296万円です。

そもそも、働き始めの20代は即戦力として採用されることもなく、これからに期待という形で会社に入ることになるので、やはり給与は低く抑えられています。
しかし、会社に入ってから給料が上がっていくか、それとも据え置きになるかは業界によっても会社によっても違ってきます。

20代、稼げる仕事の見極め方

pexels-photo-119550

では、20代で稼げる仕事に就くためにはどうすればいいでしょうか。

同じような仕事をしていても、他の会社のほうが、給料が高いなどという現象はよく目にします。

これは業界や会社によってやはり給与体系が違うからにほかなりません。

できるだけ、年収の高い仕事を見極めて、その仕事に就くことで年収を確保することができます。

 

 

業界を見よう

 

就職する時には、自分にあった業界を選ぶと思います。

最初からその業界で働くことを考えて、専門学校に通う人などもいます。

しかし、夢があってそれを追いかけるのならばいいですが、そうではなくて安易に自分の進路を決めてしまうのは少し危険です。

業界ごとによって給与にやはり差が出てきますので、自分が望む報酬を得られる業界を選ぶ必要があります。

もっとも給与が高い業界は、金融・メディア・商社の三つです。

 

 

会社を見よう

 

しかし、同じ業界だからと言ってどの会社も同じ程度の給料と言うわけではありません。

やはり会社によって儲かっている会社とそうでない会社に分かれます。

無い袖は振れないので、儲かってない会社に就職するとやはり給与はあまり増えません。

状況は様々なので、一概に言うことはできませんが、統計を取ると企業の大きさと平均年収はだいたい比例の関係にあるため、大企業への就職が年収を確保する上での一つの道になります。

もっとも、少数精鋭のコンサルタントのような会社もあります。

数十人くらいの規模で、平均年収が2000万円を超える会社もあります。

会社自体をよく見て、判断することが大切です。

 

 

時代の流れを見よう

 

業界選び・会社選びは就職活動の時期になった大学生が普通に行うことだと思います。

しかし、時代の流れまで見ながら仕事を決める学生はそれほど多くないような気がします。

これは転職する20代にも当てはまります。

次の時代にはどのような業界が伸びるのか。

あるいは、景気の波に左右されない安定的な業界はどこなのか、などまで考慮して仕事を探す人は実はそんなに多くないのです。

かつて、日本で造船業が盛んだった時に、一流大学の学生がこぞってそこに就職しましたが、20年ほどで業界自体の業績が悪化して働き盛りの40代で職を失ったことがありました。

どこまで読めるのかもありますし、未来のことはわからないので賭けになる部分も大きいですが、できるだけ情報を集めて将来のびる業界を選びましょう。

 

 

伸びる会社を選ぶ

 

一流企業に入ることができれば、20代のうちからでも稼ぐことはできます。

もともとは給与は有名な商社でも大卒で20万を少し超す程度なのですが、昇給ベースが違うので20代のうちでぐんぐんと給与が上がっていきます。

しかし、そういう会社に入れない場合も多々あります。

学歴が足りないことや、就職試験で失敗してしまうこともあるでしょう。

そんな時にはこれから成長する会社に就職するのも手です。

成長途中なので、人手が足りないので比較的就業しやすいです。

また、拡大していくということはポストがどんどん作られていくということです。

成熟しきった大企業は、すでに上が詰まっていて、なかなか出世できないかもしれません。

しかし、このような企業なら20代でも役職がつくことが多く、給与が上がり、かつキャリアを積むこともできます。

 

 

資格取得は有効だけど

 

資格を取得して、それを生かして仕事をすることは非常に有効です。

専門知識やスキルを生かすことで、人にはできない仕事をすることで高い報酬が約束されます。

医師の平均年収は統計にもよりますが、1000万円~800万円ほど。

弁護士も700万円程度となっています。

ただし、資格の取得には時間がかかるため、資格をとって働き始めるのは30代になってからのことが多いです。

弁護士の平均合格年齢は28歳程度。

また、医師は医学部で6年、研修医で2年以上実務経験を積むことで、30歳くらいでようやく本格的に働き始めることができます。

もちろん、早くに勉強を始めて資格取得ができれば、20代でも稼ぐことは可能と言えます。

 

 

まとめ

 

以上、20代で稼げる仕事と20代では稼げない仕事の見極め方とは、ということで見てきました。

業界選び、会社選びを時代の流れを意識しながら行うことで、20代でも稼げる会社を選ぶことができます。

20代で稼げる会社ならば、将来的にも給与は上がっていくことが予想されますが、業界によっては状況の変化もありますので、必ず安泰とは言い切れません。

 

合わせて読むべき記事

pexels-photo-265144

営業職必見!20代から周りと年収の差をつけるポイント

年収の差 ≒ 成績の差   さて、そんな営業マンが周囲と年収で差をつけるためには、どうした…

be07ec325ef946d1ff73926c8d591255_s

20代必見!才能・学歴に自信が無い人でも稼げる仕事

特別な才能や学歴がなくても 特別な才能や学歴がなくても、現代日本ならば仕事を選ばなければ正社員として…

Mix of office supplies and gadgets on a wooden table background. View from above.

起業を考えている30代の方へ~知っておきたい起業のノウハウ~

起業に必要なもの 起業するために必要なものはなんですか、と問われたときあなたは何を答えるでしょうか。…

publicdomainq-0019215gfc

30代の起業方法と起業する前に確認しておくべき注意点

30代で起業する 30代で起業するなら、できれば20代から準備しておくと安心です。 思い立ってすぐに…

businessman-3087395_1920

本当は誰にも教えたくない”20代で稼ぐ方法”

意識を変えること 仕事に対する意識の違いはモチベーションや行動にも影響を及ぼします。 近年のキャリア…

pexels-photo-302440

20代だからこそできる!起業するための準備と起業する方法

20代で起業するメリット   会社に入って数年働き、そこで得たノウハウと人脈をもって独立す…

otoko-kousyunyu

20代の営業マンでもここまで稼げる!驚きの年収

営業職の平均年収 営業職の平均年収は、以下の通りです。   【20代営業職 平均年収】 1…

pexels-photo-315653

20代で稼げる人は普段何をしているの?

働いている もっとも多いのは「働いている」でしょう。 実は20代で起業して成功した人たちの多くが口を…

9eb90ee4b26cb5732b29a0eaa619bb7a_s

まだ間に合う!30代で稼ぐ方法とは?今からでも間に合う資格

未経験でも、一発逆転が出来る資格 30代では、未経験可の採用にありつける筈もなく、短期間で取得出来る…

OKMSIIMGL0713_TP_V1

20代のうちから稼げる人に共通しているポイント

20代のうちから稼いでいる人たちを挙げてみる では、20代のうちから稼いでいるのは、どのような人たち…