20代で稼ぐ方法とは?稼げる職種・企業・業界はどこ?

働き始めたばかりの20代ですので給料もそれほど高くない人が多いと思います。

しかし、給与明細に書かれた数字に対して、思っていたよりも多いと感じるか、少ないと感じるかは人それぞれです。

ただ、相対的に判断するために同じ年代の給料の額を知っておきたいと思うのも自然な感情です。

今回は稼げる職種・企業・業界という事で、20代の業界別・職種別の平均年収を見ていきます。

業界別20代の平均年収

office-923169_1920 (1)

20代における平均年収が高い業界を抽出すると以下のような業界が浮かび上がってきます。

 

業界                  20代平均年収

 

投信・投資顧問             577万円

コンサルティングファーム・シンクタンク 454万円

医薬品メーカー             451万円

信託銀行                413万円

家電/AV機器メーカー          411万円

都市銀行                409万円

証券会社                407万円

ディベロッパー             403万円

 

20代の平均年収は近年350万円前後となっています。

生涯年収や、給料アップなどを考慮せずに見てみると投資信託・コンサル・医薬品・家電・銀行・証券・システム開発・電子機器などの業界の給与が高い傾向にあるようです。

業界によって20代でも給与に大きな差がついているのがわかると思います。

投資信託の20代の平均年収が577万円と群を抜いていますが、先に挙げた業界は高くても450万円~420万円となっています。

20代の平均が350万円ですので、十分に稼げると言っていい業界ですが、2倍3倍と飛びぬけて高くなっている感じはしません。

ちなみに、平均年収のワーストは理容・美容業界で267万円となっています。

給与に差が開きにくい20代でも、業界の違いによって200万円ほど年収に差ができるのがわかります。

 

 

生涯年収も考慮しよう

 

だからと言っていきなり20代で平均給与が高い業界に飛び込んでしまうのは考えものです。

全年齢で見た時、一般的に平均年収が高いとされる総合商社・放送・保険などが先に挙げた業界に含まれていないのがお分かりでしょうか。

これらの業界が20代での平均年収のランキングが低いのに、全年齢で見た場合、平均給与が逆転して上位に来るというのは、賃金上昇率が高いということが考えられます。

20代の給与が高くてもそこから賃金があまり伸びない業界もあります。

その業界の平均的な生涯年収を考えて就職を考えることも大切です。

 

参考 https://doda.jp/careercompass/yoron/20140107-8113.html

 

 

職種別20代の平均年収

 

今度は業界ではなく職種別に見ていきたいと思います。

 

職種                20代平均年収

 

投資銀行業務           648万円

弁護士              567万円

ファンドマネジャー・ディーラー  560万円

MR493万円

プロジェクトマネジャー      483万円

ITコンサルタント         471万円

コンサルタント           469万円

経営企画・事業企画        447万円

臨床開発・治験443万円

セールスエンジニア・FAE      430万円

回路・システム設計        418万円

法務               415万円

マーケティング          403万円

 

20代で見ると投資関連の職種が、特に稼げることがわかります。

お金そのものを取り扱う職種ですが、20代で平均年収が500万円を超えているのはこれらの職種だけです。

 

ちなみに高収入の代表的な職業である医師は20代の平均年収は300~400万円程度となっています。

これは大学で6年学ばなければいけないのと、研修医時代の2年間の給与が低いのが理由です。

そもそも難関とされる医学部に入学するのに、2浪3浪は当たり前なので20代はつらい下積み時代になることが多いようです。

 

また、弁護士は20代でも567万円とやはり高収入となってきます。

勤めている地域や事務所の状況にもよりますが、35歳くらいで年収1000万円を超えてくるのを考えると、やはり資格の強さがうかがえます。

 

MRという職種が聞きなれない人もいるかもしれませんが、日本語に訳すと医薬情報担当者(Medical Representative)です。

医療従事者を訪問し、医薬品に関する情報の提供するのが主な業務の職種です。

 

プロジェクトマネジャーやITコンサルタントなどシステム開発の上流工程を担当する職種も高収入ですが、プロジェクトマネジャーはそもそもプロジェクトを率いる課長職相当が担当する職種ですので、20代でこれを担当するには相当優秀な人材と言えます。

また、コンサルタントや、経営企画など企業経営にかかわる職種もやはり高収入という結果が出ました。

 

その他、命に係わる新薬の研究や、IT社会を下から支える回路システム設計、大きな会社には必要になってくる法務やマーケティングなど納得の職種が上位を占めています。

 

参考 https://doda.jp/careercompass/yoron/20131204-7915.html

 

 

20代は転職も比較的容易

 

20代で稼げる企業のある業界と職種を見てみると以上のようになってきます。

ここまで見て来たとおり、働き始めたばかりの20代ではあまり年収に差は出ませんが、それでも最大で200万円ほどの違いが出てきます。

ちなみに20代でも年収1000万円を達成するプレイヤーはいますが、それは全体位の0.2%と言われています。

仕事にやりがいを求める方も多いと思いますが、十分な成果にはそれなりの報酬がほしいと思うのも自然な感情です。

20代は転職が比較的容易な時期ですので、思い切った選択をしても成功しやすい年齢です。

 

 

まとめ

notebook-1814343_1920

他業種・他職種の年収を見て、どのように感じたでしょうか。安心したでしょうか、それとも危機感や不満を覚えたでしょうか。

業界ごとに年収はかなり違ってくるのがわかりましたが、それでも個人のスキルの範囲を考えるとそうそう自由に転職できないかもしれません。

現在はポータブルスキルと言って、どの業界に移籍しても役に立つビジネススキルを磨く人も多いです。

ビジネスマンとしての基本的な能力を磨いていけば、転職にも有利になります。

合わせて読むべき記事

hard-work-with-a-book-picjumbo-com-1

高卒でも正社員なら安心!しっかり稼げる仕事とは

高卒と大卒の給料の違い 「高卒は初任給が安い…」というイメージはありませんか?事実、高卒と大卒のお給…

publicdomainq-0019215gfc

30代の起業方法と起業する前に確認しておくべき注意点

30代で起業する 30代で起業するなら、できれば20代から準備しておくと安心です。 思い立ってすぐに…

laptop-2557574_1920

稼ぎたい人は必見!20代で稼ぐ方法

20代で稼ぐためにとる道筋 20代はまだ社会経験も少なく、業務経験も浅いですが、スタート地点に立った…

business-man-and-woman-handshake-in-work-office-picjumbo-com (1)

お金を稼げる人が30代のうちにやったこととは?

高度なコミュニケーション能力の獲得   30代になってくると、外部的には顧客と直接やり取り…

macbook-336692_1920

30代で稼げる人の特徴

30代で求められるもの 稼げる30代の特徴 会社は当然、30代には30代の仕事ぶりを求めます。 年功…

macbook-pro-keyboard-detail-picjumbo-com

20代から起業する方法って?起業するために必要な能力

20代の起業はまだ早い? 上記のように、20代の起業というのは一般的に考えればハードルが高いです。し…

light-modern-car-interior-from-drivers-view-picjumbo-com (2)

今からでも遅くない!30代で稼ぐ方法

30代からでも稼げるようになりたい 20代ではそれほど稼げなかったけど、心機一転30代からは稼ぎたい…

otoko-kousyuunyuu

20代で稼げる人になるための共通点

20代で稼げる人の共通点 20代で稼げる人の最大の共通点のは、10代で既にある程度の成果を出している…

pexels-photo-315653

20代で稼げる人は普段何をしているの?

働いている もっとも多いのは「働いている」でしょう。 実は20代で起業して成功した人たちの多くが口を…

man-holding-iphone-in-his-car-picjumbo-com

どうせなら稼げる仕事がしたい。正社員で雇用してもらえる未経験OKの職業は?

未経験で正社員雇用してもらえて稼げるのは、やはり営業職 未経験で正社員への雇用に対して間口が広い業種…