20代で「稼げる人」になるために覚えておきたい仕事探しのポイント

20代は基本的に年収が低い傾向にあります。

それは社会に出て数年程度であり、まだ業務経験が少ないことと、実績がないからです。

沢山の報酬を得るには、大きな仕事、重要な仕事をする必要があります。

しかし、そのためにはその仕事を任せてもらえるだけの信用を得る必要があります。

この人なら大丈夫、この人なら任せられる。

10年、20年とそれに携わって来た人と、比べられてはさすがに分が悪いです。

ただ、そうはいっても20代で稼いでいる人がいるのも事実です。

今回は20代で若くして稼げる人になるための仕事探しのポイントを見ていきます。

otoko-syuunyuu

 

業界を考える

 

無い袖は振れない、という当然の理屈があります。

あなたの働きがどんなに優秀で、経営者もあなたの給料を上げたかったとしても、実質会社にお金がなければそれは実現できません。

そもそも、やせた土地でどれだけ必死に耕しても、実りが少ないのと同様に景気の悪い業界で必死に働いても稼ぎづらいのは当然です。

 

だとしたら、最初から景気の良い業界に入ってそこで頑張ったほうが建設的です。

そもそも給与は業界間で大きな格差があるのが現実なのです。

一例を挙げるならば、理美容業界などは年収が低い傾向にあります。

カリスマ美容師などの言葉が世間を騒がせた時もありましたが、年収はそれほどでもないケースが多かったのは知る人ぞ知るというところです。

その理美容業界から、中小のメーカーに転職した知り合いがいましたが、彼は年収を大幅に上げることに成功しました。

もともと接客業で人当たりが良かったせいか、営業などを含め対外的な仕事を任されています。

 

 

このように未経験の業界に転職しても、もともと年収が低い業界にいたのなら、給与が大幅に上がることがあります。

 

一度、自分のいる業界(あるいは入ろうとしている業界)と他の業界の年収を比較してみるといいかもしれません。

 

よって、年収の高い業界に就職するのが、20代でも稼げる仕事探しのポイントと言えます。

ちなみに年収が高い業界は主に三つあります。

メディア・金融・商社です。

 

これらの業界に就職することができるならば、20代でも十分稼げるでしょう。

 

 

職種を考える

 

20代の年収が低いのは実績がないから、ということが挙げられることは上述しました。

しかし、実績なんて一朝一夕で得られるものでもないし、地道にそれを積み上げていけば給料が上がるのはもっと年数がたってからになってしまいます。

いずれ稼げるようにはなりますが、20代のうちでそれが実現できるかというと難しいかもしれません。

だとしたら、もっと早い段階で稼げる仕事を探す必要があります。

そこに一つの回答をするならば、営業職がそれにあたります。

 

ノルマなどの言葉があり、忌避する人も大勢いますが、逆にノルマ以上の成果を出せばそれがそのまま給与に反映される仕事です。

基本給が低い代わりに歩合給が高く、成果次第で歩合給が大幅に増えます。

就職するために学歴も資格も必要ないことが多く、自分の実力だけが評価される世界です。

それはある意味で厳しい世界ではありますが、逆に公平な世界とも言えます。

 

この職種は成績だけが全てというような側面もあります。

よって、就職一年目であろうとも成果さえ出せば高年収が期待できます。

会社や商材にもよりますが、20代でも年収1000~2000万円をもらっている人もいます。

 

トップ営業マンの中には、独立して会社を興す人も大勢います。

会社を作るというのは、お金の流れを作ることと同義です。

誰かと話をして、何かを提供する代わりにお金をもらいますが、その事前段階として営業があります。

中小企業の社長というのはほぼ営業職と言ってよいです。

そして、営業が得意な社長が会社を大きく成長させます。

 

images (5)

次に何が来るのか

 

20代で稼ぐ、儲けるとなると普通の事だけをしているだけでは無理です。

年収の高い一流企業に入るためには名門大学を卒業することが必要条件とも言えますし、そうなると学業にかなりの力を注ぐ必要があります。

仮にそれができていたならば、そのまま流れにのって一流企業に就職し、そこでまた努力をすればよいでしょう。

 

しかし、それができなかった場合などは少し考える必要がありそうです。

時間は巻き戻せないですが、これから稼ぐという気概が十分になるならば、次にどんな変化が社会に訪れるかを考えて就職先を決めるのもアリです。

 

例えば、1980年代以降はパソコンが普及し始めました。

2000年前後では、インターネットや携帯電話なども社会に浸透していきました。

これらは一例にすぎませんが、ある程度近い未来を予測して、次に何が来るかを感じ取ってその業界に飛び込んでいくと、その商品や技術の普及に合わせて会社も大きくなり、必然、自分の給与も上がっていきます。

 

ずばり、そのものを扱う会社でなくとも、周辺の技術や機器を扱う会社などに就職しても波及効果で会社の業績は上がるでしょう。

 

無い袖は振れないと言いましたが、袖があれば振ることができます。

会社はあなたに十分な給与を払うことができるわけです。

 

 

まとめ

 

以上、20代で「稼げる人」になるために覚えておきたい仕事探しのポイント、ということで紹介してきました。

20代で稼げる人になるために考えるべき三つの視点をお話しました。

業界、職種、そして未来。

情報を集めて、しっかり検討することで未来が開ける可能性が大きくなるのです。

合わせて読むべき記事

writing-1149962_1920 (1)

30代から起業する方法とは

30代は起業の適齢期? 起業そのものは何歳からでもできます。 若くして成功した人もいれば、晩年になっ…

businessman-coder-computer-7059

30代で起業をするときに失敗しないための知識を伝授!

10年続く企業はわずか6% なぜ継続する企業が少ないのでしょうか。 それは、時代の流れについていけな…

businessman-3087395_1920

本当は誰にも教えたくない”20代で稼ぐ方法”

意識を変えること 仕事に対する意識の違いはモチベーションや行動にも影響を及ぼします。 近年のキャリア…

bc80812f137c9c76b0a0c6186d9bb218_s

【営業職】20代のうちから年収をアップさせるポイント

営業職は20代からでも大きく稼げる可能性がある 先に書いた通り、良くも悪くも営業職は成績次第で給与が…

OKMSIIMGL0713_TP_V1

20代のうちから稼げる人に共通しているポイント

20代のうちから稼いでいる人たちを挙げてみる では、20代のうちから稼いでいるのは、どのような人たち…

pexels-photo-583848

20代で稼げる人・業界・職種とは?

20代の現実   20代の平均年収は294万円。 日本人の平均年収が420万円であることを…

business-2560961_1920

20代必見!おすすめの稼げる仕事

20代の平均年収 20代前半の男性の平均年収は271万円、20代後半になると383万円となるようです…

black-on-black-things-picjumbo-com-1

仕事ができる人になるにはなにが必要?今すぐはじめられる4つのステップ

ステップ1:整理整頓術を身に付けよう 仕事ができる人になるには、まず「整理整頓術」を身に付けましょう…

fdebc577b94158bd52480ff4693d1de2_s

30代の営業マンの平均年収とは?年齢別に調べてみました。

営業マンの年代別年収 インセンティブ給料の恩恵に預かることが出来ない人が大半であると述べましたが、そ…

mouse-2557252_1920

知って得する!20代で稼ぐ方法

20代だからこそ しかし、20代で稼ぐにはどうしたらいいのでしょうか。 30代・40代と経験と信頼を…