20代だからこそできる!起業するための準備と起業する方法

毎年、起業している人のデータを日本政策金融の総合研究所が発表しています。

それを参照すると20代で起業している人の割合は大体7%ほど。

起業するのが最も多い年代は30代・40代でともに35%ほどとなっています。

インターネットなどでは、20代の若手社長が活躍している記事がたくさんありますが、割合で見てみるとそこまで多くはないようです。

多くの人が30代以降の起業を選ぶのはそれなりの理由があるはずですが、だからと言って20代での起業にメリットがないわけではありません。

今回は、20代だからこそできる起業の準備と方法ということで見ていきましょう。

20代で起業するメリット

 

会社に入って数年働き、そこで得たノウハウと人脈をもって独立する、と言うのが一般的な起業の考え方と言っていいでしょう。

学校を卒業した後、いきなり独立をする人もいますが、それでも何らかのアルバイトやインターンの経験はもっています。

起業をするなら、できるだけ情報を集めてからが良いのは当然です。

20代で独立するということのデメリットは、経験を積む時間と準備する時間が少ないということに尽きます。

26179914_1133856860050222_1161760134_o

 

 

準備編

 

準備に関しては時間をかけたほうがいいので、20代でできることは少なくなっています。限られた少ない時間の中で最低限やっておかなければならないこともありますが、基本的に以下の5つは準備しておいたほうが良いです。

 

資金

 

何をするにもお金は必要です。開業資金をどう調達するかはそれぞれですが、20代はあまり給料も多くありませんが、どんなビジネスをするかで自己資金で賄うこともできます。

しかし、一度は政策金融や保証協会に行って自分のプランをプレゼンして、お金が借りられるかどうかを見ておいてもよいでしょう。

上の二つは政府系ですので、満額とはいかないまでも比較的お金は借りやすいはずです。もし、相談してもダメだった場合はもう少しビジネスプランなどを考え直したほうがいいかもしれません。

 

 

業務知識・スキル・資格

 

独立する人は、成功する自信があるから、そうするはずです。

よくトップ営業マンが独立することがありますが、これは自分の営業力を柱にして会社を支えようという考え方です。

また、技術系ならば自分の持っているスキルを武器にして、仕事を受注しようと思うはずです。どちらにしろ、業務に必要な知識、スキル、資格などで独立に耐えうるものを持っている必要はあります。

 

 

経営知識

 

最低限の経営知識だけは持っておきたいところです。

お金の流れだけは把握しておいたほうが良いでしょう。つまり、キャッシュフローです。

まれにそれを把握しておらず、回すのに十分な売り上げが立っているのに会社を潰してしまう人もいます。

最低限の財務諸表の重要な数字くらいは何を意味しているかを理解できるようになっていたほうが良いです。

 

 

顧客の確保

 

顧客をつけてから独立することが大事です。B to Bならなおのこと。B to Cならしっかりとマーケティングをしてから起業しないと会社を作ったはいいが、お客が全く来ないという状況に陥ります。

 

 

家族の理解

 

日本人男性の平均初婚年齢は30歳過ぎですので、まだ結婚はしていないかもしれません。

この辺は人によりけりなので一概に言えません。

ただ、配偶者や両親にはしっかりと話しをしておくことをすすめます。

成功しているうちは、人は黙っていてもついてきますが、苦しくなると人は離れます。

逆にしっかり理解をしてもらっていれば、資金援助や、人手不足の時に手伝ってくれたりします。

 

 

20代だからこその起業方法

healthy-morning-snack-with-a-tea-picjumbo-com

 

時代に適応した方法での起業

 

さて、以上のように準備をしたところで、いよいよ起業です。

やりたいことがある人は、それに邁進すればよいでしょう。

しかし、起業したいと思っていてもどんなビジネスをやっていけばいいか悩む人もいるでしょう。

20代に関して言えば、新しいタイプのビジネスに飛び込むのが良いと言えます。

新しい技術や、価値観などに素直に適応できるのが20代の強みと言えます。

30代以降になってくると業界経験が長いため、それが武器になる反面、重りにもなってきます。

すでに持っている自分のスキル、知識、経験を捨てて、新しい世界に飛び込むのはなかなか難しくなってくるからです。

逆に20代にはそういうものを持っていないか、持っていても少ないため、捨て去ることにためらいはありません。

 

 

時代の流れに沿うならば

 

他の人がすでにやっていることでも、時代の流れに沿うならば需要は確かに増えていきます。そのビジネスが新しい場合、その価値を顧客に認知してもらう必要があるため、大変ですが、黎明期に携わることで先行者利益も見込めます。

技術革新や法改正などで、ある種のビジネスが可能になった場合は、そこにチャンスを見つけてニッチな分野でも飛び込むことができれば、成功を見込むことができるはずです。

これはまだ自分の分野を明確に持っていない20代だからこそできる起業方法です。

合わせて読むべき記事

otoko-kousyunyu

20代で起業!成功する方法

20代で起業するために 20代で起業するためには、何が必要になってくるでしょうか。 まずは準備から進…

Workplace with notebook on black background

20代で起業を失敗しないために知っておくべき方法

顧客をみつけてから起業する 何を商うかにもよりますが、多くの優秀なビジネスマンに失敗しない起業法を聞…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

すぐに準備しないと間に合わない!30代で稼ぐ方法とビジネスに必要な知識

30代という状況 何事も傾向と対策ですが、最初に30代を取り巻く状況を整理してから、そこで稼ぐ方法を…

business-869379_1920

20代で稼げる人の仕事観と私生活

若くして稼げる人の仕事観 給料は会社からもらうものじゃない   会社から給料をもらう。 一…

apple-1838564_1920

20代で稼げるようになるために必要な自己投資とは

20代で稼げるようになるために 20代で稼げるようになろうと思ったら、10代のうちから自分に投資する…

8e8b21657679e3d7b5c8c562889f4852_s

20代で起業したい人が実践するべき方法

20代で起業したい   そもそも人に使われるような性分でない人などは、会社勤めするよりも、…

gahag-0055494595-1

20代で稼げる人になるためには?大学生のうちにしておくべきこと

    そもそも稼げる人とは   20代で稼げる人になりたい。 そう思…

activity-2286443_1920

30代が起業するための方法と失敗を防ぐためのポイント

30代の起業は順当? かつて40代・男性・資本金3000万円という条件が、起業してから成功しやすい条…

business-manager-using-his-phone-in-a-car-picjumbo-com

【営業職】30代で周りと年収の差をつけるために必要なこと

今、働いている会社でステップアップ   周りと差をつけるためには、当然、周りよりも速く走ら…

black-on-black-things-picjumbo-com-1

仕事ができる人になるにはなにが必要?今すぐはじめられる4つのステップ

ステップ1:整理整頓術を身に付けよう 仕事ができる人になるには、まず「整理整頓術」を身に付けましょう…