簡単!年収500万以上稼ぐ方法

年収をより多く増やしたいといった気持ちは誰しもが一度は思ったことが
あると思います。

日本の平均年収は1997年が最も高く平均で467万円となっていました。

467万円となると年収500万円にも近い数字となりますが、
日本の平均年収は年々減少傾向にもあるため、近年の平均年収では
420万円台にまで下がってきています。

しかし、420万円と聞くと平均としては非常に高い年収であると感じる
方も多いと思いますが、実際には平均年収を上げているのは一部の
高年収の方々であり、全体的な年収としては、300万円台が多いということが
実際の年収の現状ともされています。

上場企業で働く

business-man-working-on-his-smartphone-in-the-office-picjumbo-com

一般的に上場企業や大企業に就職や転職をすることで、高年収を得られやすいといったことがあります。

実際に日本国内の上場企業の中でも50社以上の各社の年収平均1000万円を超えているという数値が出されています。

 

しかし、上場企業や大企業では事業も大きく売り上げも高いことから給料平均も高くなる傾向にありますが、これらのような会社の仕事に就くためには

まず、それなりの学歴も必要となってきます。

 

また、そのような中でも上場企業への就職が難しい方や学歴の低い方でも

上場企業で働き年収を500万円以上稼ぐ道のり以外にも方法は存在します。

 

売り上げに直結する仕事に携わる

年収をより上げていき、500万円以上の年収を稼いでいくためには

それなりの貢献をすることのできる仕事に携わることが必要となってきます。

 

会社から支給される給料は、当然ながら会社の売り上げから支給されています。

そのため、より会社の売り上げに直結し、より売り上げを作ることに携われる仕事というのは、会社の給料設定や仕組みにもよりますが、基本的には

自ずと給料としての還元も多くなりやすくなります。

 

そうしたことから営業職といった売り上げに直結する仕事が挙げられますが、営業職の仕事のように売り上げに多く直結する職種は歩合給も付くこととなり、

他の仕事よりも大きく稼ぐことのできる可能性が高くなっています。

 

また、営業職といっても様々な業界がありますが、より簡単に年収を

500万円以上へと到達させていくためには、扱う商材の単価が高い業界や業種を選択することが大切です。

 

また営業職は会社や業界にもより多少異なりますが、比較的入口も多くある

傾向にもあり、携わること自体は上場企業や大企業に就職することよりも比較的簡単ともいえます。

 

しかし、扱う商材の単価が高ければ高い程大変なことも多くなり、難しいことも多くなりますが、その先の自身の稼ぐという目標をしっかり

見据えていれば乗り越えるためのモチベーションとなることと共に行動の原動力にもなるでしょう。

 

そして、稼ぐということだけをベースに携わる業界を選択することも良いことですが、多く売り上げに直結させていくためには自身が

携わる業界や商材に関して、プロフェッショナルとなっていかなくてはなりません。

 

そのため、自身が携わる中で多少なりとも興味や関心の湧く業界を選択することも、更に年収500万円を超えていくための成長のスピードアップに

繋がることともなるため大切な要素ともなります。

 

自営業や起業とも似ている

前述でも述べたように上場企業や大企業では年収も高い傾向にありますが、

学歴の低い方や上場企業や大企業で働いていない方々の中でも年収500万円以上を稼ぐ方々は当然多くいます。

 

中でも自営業で仕事をされている方々では年収が500万円以上となっている傾向も多いです。

 

自営業の場合は自身が好きな仕事で取り組んでいる方も多く、それだけ

行動も起こしているため、多くの売り上げを作り出せている方が多い傾向にあるといえます。

 

また、自営業や起業をされている方においても、皆売り上げを作り出す部分に

多く関わっているということが挙げられます。

 

このように、自営業者や起業家といった行動次第でより多くの収入を

稼ぐことのできる可能性や収入の制限の無いステージで仕事をしている方々の

働き方と、営業職のような会社の売り上げに直結し、自身の取り組み次第で

売り上げが上がると共に、収入の増加も見込める仕事というのは、非常に似ているといえる部分が存在しています。

 

こうしたことからも、年収を多く稼いでいる方々はすべからく、売り上げに直結する仕事をしていることと共に、そういった仕事に携わっているともいえます。

 

まとめ

653a11825b09240a0504a431f26dc061_s

年収を500万円以上稼ぐには、これまで述べてきたように、方法はいくつも

ありますが、元々売り上げの大きな上場企業や大企業に就職し、高い年収を得ていくのか、売り上げに直結していく仕事に携わり自身への

還元を増やしていくのかといった違いを考えると、年収をより上げていくための方法は自身の中で更に多く見出していくことも可能となるでしょう。

 

広い観点で考えると、会社で働き年収を500万円以上稼いでいく方法以外にも自営業や起業等といった自身で仕事を作り出し、稼いでいくということも

大きく稼いでいく方法としては挙げられる選択肢となります。

合わせて読むべき記事

no image

年収1,000万以上の仕事って実際どうなの?職種から手取り、貯金まで徹底調査

年収1,000万円を実現できるのはどんな職業? 年収1,000万円というと「高給取り」の代名詞です。…

bc0e5a0a438b321594ed1d73d29f330c_s

年収1,000以上の生活の実態調査

年収1,000万円の手取り 総支給から税金などを引いた、実質自由に使えるお金のことを可処分所得と言い…

6c50aaa28ba628c698280431912c9bd9_s

年収1,000万以上稼ぐには実際何年かかるのか?実現する人としない人の差とは

年収1,000万円に到達するには何年かかる? サラリーマンでも、年収1,000万円に到達することはで…

business-agency-team-working-on-new-ideas-picjumbo-com (3)

「年収1,000万以上」ではどんな生活になるのか

年収1,000万円の生活   それでは年収1,000万円の生活を見ていきましょう。 中小企…

24341487fc26056fffcdb77bc2e8c468_t

将来年収500万以上稼ぐには?転職をする時のポイント

  転職ポイント   ここでは、年収500万円を達成したい人のために、転職に話を…

6f9a4d25914fce9f9be9ca73e86019e3_s

年収1,000万以上の生活で気を付けるべきポイント

年収1,000万円。手取りはどれくらい増える? 年収1,000万円の生活で気を付けるポイントを知るう…

smartphone-diary-and-silver-pen-on-black-workspace-desk-picjumbo-com

年収1,000万以上稼ぐにはどうすればいい?

上位5%に入るためには   年収1,000万を実現するためには、どんな方法があるのでしょう…

thought-2123971_1920

年収1,000万以上稼げる方法はこれ!

すでに整備されている道を歩く 車輪の再開発、という言葉をご存知でしょうか。 車輪は長い年月の間、様々…

modern-graphic-designer-essentials-picjumbo-com (2)

【大阪編】高卒でも稼げる!男性におすすめの仕事ランキング

高卒男性におすすめの仕事ランキング 大阪編 第1位 弁護士 年収800万円   大学を経由…

write-593333_1920 (1)

未経験の男性が大阪で稼げる仕事ベスト10

業界未経験の男性が大阪で稼げる仕事ベスト10 第1位 弁護士                    …