現在のあなたはどのレベル?20代営業の平均年収

成績が給与に影響しやすい営業職。基本給が低く抑えられていますがインセンティブがあるため、成績次第では他の職種よりも大きく稼げる可能性があります。

しかし、一口に営業職と言っても業界ごとに違います。景気のいい業界もあれば、そうでない業界もあり、当然、勤めている会社によっても給与は違います。

その状況の中で20代の自分の給与は高いのか低いのか、気になるところでもあります。

20代営業職平均年収

b3d91c610c8d786412c83f77ea137301_s

20代の平均年収は近年350万円前後。
その中で営業職の平均年収が364万円となっていますので、感覚としては平均的と言った印象になります。

可もなく、不可もなく、といった所でしょうか。しかし、営業の仕事内容は一般的に他の職種に比べてハードになりがちです。
20代は働き始めたばかりの人が多いですが、それでも業界ごとで給与に差は出てきます。

例えば、20代の平均年収のトップ業界である投資信託が577万円、ワーストである理容・美容業界が267万円。

業界が違えば最大200万円ほどの差が生まれますが、営業職のみに限定した場合、業界によって、どれくらいの年収の差が出るものなのでしょうか。

 

20代営業職業界別平均年収

20代営業系の仕事の年収は社会全体と比較すると、平均的であることがわかりました。

しかし、同じ営業職の中でも、どの業界の年収が高いかは気になるところです。
そこで業界別の平均年収を調査すると次のようなデータが出てきました。

第1位 MR              493万円
第2位 医療機器メーカー       399万円
第3位 銀行              394万円
第4位 証券              389万円
第5位 化学/素材メーカー       384万円
第5位 総合商社            384万円
第7位 機械/電機メーカー       383万円
第8位 IT/通信/インターネット    378万円
第9位 広告/メディア         367万円
第10位 建設/不動産         363万円
第11位 食品/消費財メーカー     361万円
第12位 専門商社           343万円
第13位 サービス           342万円
第14位 小売/外食          332万円
第15位 保険             329万円

参考:https://doda.jp/careercompass/yoron/20140107-8113.html

 

第1位はMRです。

MRという職種に聞き覚えがない人もいるかもしれません。日本語に訳すと医薬情報担当者(Medical Representative)です。

医療従事者を訪問し、医薬品に関する情報の提供するのが主な業務の職種です。医療業界は景気の波が小さく、高いところで安定しているのが特徴です。不景気になっても、人間は自分の飲む薬をやめたりしません。

健康あっての物種だからです。20代でもっとも稼げる営業職がMRというのもうなずけます。

第2位は医療機器メーカーの営業でした。
高額の商品を扱うことも多く、しかも人の健康にかかわる機械ですので商品の管理も重要になってくるようです。

寒くなってくるとやはり体調を崩す人も多く、10月から3月くらいの間が繁忙期になります。売り上げが伸びる反面、激務になります。

営業職の特徴の一つですが、ノルマが厳しい会社もあり、離職率が高い会社もあります。会社に入って見なければ見えない部分もありますが、年収が高い反面、離職率も高い企業もあるので、給料と忙しさのバランスを考えて就職することが大切です。

第3位は銀行営業、第4位は証券会社営業。金融業界の営業が並びます。金融関係は激務で知られています。

給与が高い反面、仕事が忙しく、また会社に入った後も同期との出世争いが待っている場合が多いようです。個人営業と法人営業がありますが、とくに法人営業の場合、相手もよく知っているケースが多く、営業する側にはそれを上回る専門知識や情報力が必要となってきます。

第5位は化学素材メーカー、第6位は電機メーカーとなりました。
また同5位で総合商社の姿も見えます。

メーカー系の営業と総合商社の営業は商品を販売すると言う意味で似ています。大まかに言うと、自社の商品を売るのか、他社から仕入れた商品を売るかという違いがあります。

商社マンの場合、取り扱う商品を知るためにメーカーに出向して勉強することなどもあります。

第8位はIT/通信/インターネット業界の営業です。ここ20年でインターネットは社会に根付き、もはやなくてはならないものになりました。

そのインフラを支えるのがこの業界です。IT業界の営業は自社の製品や・技術などを顧客に売り込む営業です。

パッケージを売る場合は自社の商品について詳しく知っていれば大丈夫ですが、開発案件を受注したいと思った場合はある程度プログラムやシステムについて精通している必要があります。

以下、9位以降は広告・食品・専門商社などが続きます。広告業界や保険業界の営業は業界全体で見れば、もっと上位にあるデータが目につくのですが、20代のみに限定した場合、それほど平均年収が高くなっていません。

これは今後の昇給で逆転している可能性があるという事です。

あなたはどのレベル?

20代営業の平均年収はいかがだったでしょうか。あなたは自分の業界の平均年収と比べて多かったでしょうか、少なかったでしょうか。

ただ、注意も必要です。20代は人生の通過点に過ぎず、しかもかなり最初の方の通過点であるという事です。この後も、山や谷が続いてくることを自覚しておく必要があります。

業界全体と比べた時と20代のみで比べた時、その平均年収の順位に違いが出てきます。これは20代で平均年収が少なくても昇給が大きく、30代40代で逆転することがあるという事です。

合わせて読むべき記事

pexels-photo-267674

20代で年収500万以上稼ぐには?読んでおきたいビジネス本5選

  20代で読んでおきたいビジネス書5選   20代で読んでおきたいビジネス書5…

business-agency-team-working-on-new-ideas-picjumbo-com (2)

20代だからこそ稼げる仕事とは

20代だからこそ稼げる仕事を考える 世の中様々な仕事がありますが、20代の特徴というのはやはり若さと…

minimalistic-and-clean-home-office-cumputer-setup-picjumbo-com (1)

年収1000万以上稼げる!おすすめの仕事

平均年収が1000万円以上の仕事 パイロット 年収1712万円。 就職する企業の規模によって、年収に…

modern-graphic-designer-essentials-picjumbo-com (1)

30代で起業する方法と把握しておきたい”有利な点”と”不利な点”

30代での起業 まずは入念な準備から   何をするにもまずは準備が必要です。 十分な用意を…

pexels-photo-577585

意外と知らない!?年収1,000万以上の仕事

意外と知らない年収1000万円以上の仕事 航空機操縦士   飛行機のパイロットです。 年収…

business-man-and-woman-handshake-in-work-office-picjumbo-com (1)

お金を稼げる人が30代のうちにやったこととは?

高度なコミュニケーション能力の獲得   30代になってくると、外部的には顧客と直接やり取り…

e77712cb11dcc35a9e14a877e3d2f08d_s

20代で起業することによるメリット・デメリットとは?

20代で起業したい! 上記の数字を見る限り、20代で起業するのはかなり早いほうであると言えます。 そ…

technology-2734982_1920

20代で起業を成功させる方法

しっかり準備をする 何事にも準備は必要ですが、起業も同様と言えるでしょう。 まず会社に必要なものをリ…

writing-1149962_1920 (1)

30代から起業する方法とは

30代は起業の適齢期? 起業そのものは何歳からでもできます。 若くして成功した人もいれば、晩年になっ…

cf1e4aa2db3dfa10803c992e4d03c55f_s

年収500万以上の仕事ってどんなものがある?

  年収500万円以上の仕事にはどんなものがあるのか 年収500万円以上の仕事にはどんなも…