独身者と既婚者で違う!年収500万以上の生活とは

平均的な成人男性が年収500万円に到達するのは、30代も終わりの頃と言われています。

日本人の平均年収は420万円ほど、ボリュームゾーンで見れば300万円台の年収の人がもっとも多いので、実は年収500万円というのは経済的には恵まれたほうだと言うことができます。

年収500万円ときくと概ね中流の生活を思い描くことが多いのではないでしょうか。
実際、その通りとも言えるのですが、それでも独身者と既婚者では、その生活ぶりは違ってきます。

年収500万円の生活

san-francisco-intersection-at-the-end-of-lombard-street-picjumbo-com

まずは手取りを考える

 

すでに社会に出ている人なら、説明の必要もありませんが、年収額がそのまま自分の懐に入るわけではありません。

各種税金や社会保険などが差し引かれることになるので、実際の額面よりも自由に使えるお金は少なくなります。

高校の政治経済の授業などで習った人もいると思いますが、収入から税金などを引いて、実質自分が自由に使えるお金のことを可処分所得と言います。

もっとこなれた言い方をするなら、手取り、です。

手取りの額は、一般的な収入ならば年収に大体0.8掛けをすることでわかります。

累進課税ですので、収入が多くなればなるほど税率も上がるのですが、ボリュームゾーンである300万円台~500万円台で見るならば、この計算で大体の額が分かります。

よって、今回は年収500万円の生活を考えるので、500×0.8=400万円。

年間で実質使える額は400万円となります。

 

 

毎月いくら使えるのか

 

次に考えたいのは、毎月いくら使えるかです。

手取りが年間400万円とはいえ、それを一度に手渡されるわけではありません。

給与体系もボーナスも企業によって様々なのでなかなか一般化できませんが、今回はモデルケースとして年間のボーナスは4か月分として見ていきたいと思います。

そうなると、4分の1はボーナスなので400万円から100万円ひいて300万円、毎月使えるお金は300万円÷12か月=25万円ほどになってきます。

 

 

年収500万円以上の生活:独身者の生活

 

それでは年収500万円の独身者の生活をみていきましょう。

単身者ですので、外食中心だとしても月25万円の生活費があるなら普通に生活していく分にはかなり余裕があります。

また、ボーナスがそのまま手付かずで残っているので、さらに年間100万円ほどの余裕もあります。

お金を使う趣味を持っていないならば、貯金はガンガンたまります。

車を毎年乗り換えることもできます。

基本的に単身者の一般的な生活費は月20万円ほどとも言われています。

そこにさらに5万円ほど自由に使えるお金が加わってくるので、余裕のある暮らしができます。

 

 

年収500万円以上の生活:既婚者の場合

 

それでは既婚者の場合はどうでしょうか。

既婚者でも子供がいる場合とそうでない場合は大きく違ってきます。

子供がいない場合は、単身者の場合よりも経済的に豊かになれる可能性があります。

夫婦ともに仕事を続けられるので、単純に考えるなら収入は二倍です。

こういうのをダブルインカムと言いますが、仮に片方がパートに出るだけでも生活はかなり楽になるでしょう。

仮に片方が専業で家事をするとしても、もともと単身者には多い額が使えていたので、それほど生活を圧迫することはないでしょう。

 

子供がいる場合

 

ただし、子供がいる場合は少し事情が変わってきます。

家族が増えれば、生活費が増えるのは当然です。外食などをした場合、単純に料金は4倍になりますので、やはり自炊が中心になってくるでしょう。

生活スペースも必要になってくるので、ある程度の物件で生活する必要も出てきます。

家賃そのものをあげることができなければ、築年数にこだわらずある程度のスペースを確保する必要も出てきます。

なにより生活を圧迫するのは固定費です。

主に家賃などがそれにあたりますが、子供を私立に通わせる場合は学費もそれに含まれてきます。

一般的な生活モデルを考えた場合、夫婦子供二人の生活費は月30万円必要になってきます。

そうなると、その場合年間360万円が必要で、手元にのこるのは40万円ほどになります。

子供を私立に通わせて、マイホームなども購入する場合は、配偶者にパートに出てもらうか、共働きをする必要も出てくるでしょう。

子供がいる家庭の世帯収入は平均700万円というデータもあります。いろんな場面で我慢しなければならないところも出てきますが、とはいえおおむね中流と言ってよい生活となります。

まとめ

 

以上、独身者と既婚者で違う!年収500万以上の生活とは、ということで見てきました。

人の生活スタイルはそれぞれです。

また、価値観も様々なので、どこにお金を掛けるかはその人次第となってきます。

人によっては単身者で年収500万円あっても、まだお金が足りないと感じる人もいますし、逆に既婚者で子沢山でも何不自由ないと感じる人もいます。

しかし、一般的な視点で見てみると、単身者なら普通に生活していく上ではなんの不自由もないでしょう。結婚して子供がいる場合は、我慢が必要になることも出てきますが、おおむね中流の生活水準になってきます。

合わせて読むべき記事

80ae103cc037d9440c333be42634f325_s

年収600万以上稼ぐには何をすべきで何を身に付ければいいのか

年収600万円以上稼ぐためにすべきこと まず、残酷な話をしなければなりませんが、生涯身を粉にして働い…

apple-computer-desk-8841

年収1000万以上の生活をするために、今日からできることとは

雇われ以外で自分で稼げるものを見つける ・アフェリエイト ・メルマガ ・仮想通貨 ・セミナー開催 ・…

business-agency-team-working-on-new-ideas-picjumbo-com (1)

30代で年収1,000万以上稼ぐ方法とは?

登る山の高さを知る しかし、実際に30代で年収1,000万円を稼ぐにはどうしたらいいのでしょうか。 …

outdoor-office-workspace-setup-with-high-ceiling-picjumbo-com

稼げる仕事に就くために!今注目の職業3選(大阪編)

個人営業の飲食店が日本全国の繁華街の中でも最も多い 大阪という街は、日本全国の繁華街の中でも個人営業…

access-1846056_1920

年収1,000万以上の人の実生活と税金について

年収1,000万円の手取りはどれくらいになる? 一般的には手取りと言われている金額は、総支給から税金…

luxury-fashion-black-gold-sunglasses-picjumbo-com

20代で年収500万円余裕で稼げる職業とは?

ダントツで医師 仮に大学受験で2浪し、さらに6年間を学業に費やしたとしても、研修医として働き始めるの…

watches-picjumbo-com

年収を増やすために役に立つ資格とは?

情報処理推進機構の定める資格 情報処理推進機構という独立行政法人があります。 この法人では、基本情報…

pexels-photo-577585

意外と知らない!?年収1,000万以上の仕事

意外と知らない年収1000万円以上の仕事 航空機操縦士   飛行機のパイロットです。 年収…

d6a01f879ee1fb6498a91e578c241965_s

年収500万以上の仕事をしている人の休日の過ごし方

    休日の過ごし方は様々   年収500万円以上と言えば、それなり…

work-and-travel-hotel-room-office-picjumbo-com

比較的簡単にとれて給料がいい資格って何? 

そこそこ難しくはあるが、独立・副業も出来る行政書士 法律系資格は数多くあり、司法試験・司法書士試験か…