業種別にみる営業職20代の平均年収とは?

営業職は、他職種と比較して基本給が抑えられる傾向にありますが、一方でインセンティブ給料が多く発生する為、成果を残した人が給料を多く貰えるという体系が確立されています。

しかし、営業職という職種は同じであれ、業種が異なれば、携わる業務も異なったものになります。

また、法人営業(ルート営業)・飛び込み営業という区分もある為、やはり一概に説明することは困難です。
今回は、業種別という観点の記事です。

0081025c02d7d5b4bb15c2117d14000e_s

ある一定レベルの規模のインフラ系企業(電気、ガス、通信 等)

基本給が高く、営業職の旨味であるインセンティブ給料があまり発生しないインフラ系企業では、他職種と同程度の給料水準となります。

何故ならば、ある一定レベルの規模のインフラ系企業ともなると、既存顧客へのサポートがメイン業務であり、新規に営業をしなくても、十分に企業としての利益を上げることが出来るからです。

その為、営業職とは名ばかりであり、クライアントサポートに徹し、他企業への乗り換えを防止することが必要になります。

20代の年収は、500~600万程度ではありますが、業績によって大きく変わらず、比較的安定した給料を安心して受け取ることが出来ます。

ある一定レベルの規模の金融関係企業(銀行、証券、信託 等)

銀行、証券、信託を例として挙げますと、ある程度は営業成績が給料に反映されます。

しかし、成績の数値に応じて自動的に給料が決定されるというより、成績に応じて人事評価が高くなり、結果として給料が高くなるといったフローになります。

特に、銀行・信託において、この傾向が顕著です。銀行、信託で商品・サービスを多く売ったところで、人事評価が高まるだけであり、一気に20代で年収が2,000万になることはありません。商品・サービスを売った結果、出世コースに乗ることが出来た、という結論が関の山です。

証券業界は、特にフロント業務が力を持つ業界ですので、人事評価に加えて、結構なインセンティブ給が発生します。

しかし、通常の営業社員との差は、たかだか100万~200万程度の差なので、ボラティリティが少ないのは否めません。銀行・信託ならば20代で~800万円、証券ならば~1000万円です。

しかし、いわゆる生命保険のおばちゃんとも言えるような方々は、インセンティブ給料の割合が非常に高いです。保険を契約させることが出来なければ最低限の基本給である一方、保険を大量に契約させることが出来る営業社員でしたら、給料は青天井になります。

不動産販売業

不動産販売業は、20代で平均約700万円です。

不動産販売業と一括りにしても、三菱・三井・住友のような大企業として確立されている企業群の関連会社でしたら、その給料体系に関してもインセンティブの割合が少ないでしょう。

しかし、いわゆる独立系と言われる、大企業の資本が入っていない企業の営業職でしたら、生命保険の営業職と同様、インセンティブ給料の割合が高く、さらに絶対値も非常に高いものとなります。

毎月分譲物件の販売契約を安定的に結ぶことが出来るのであれば、20代でも年収2,000万円程度は手堅いです。

しかし、ご存じの通り、大手不動産企業のように「顧客から訪ねてくる」といった環境には恵まれていない為、電話・訪問のように、あらゆる手法を用いて見込み顧客を探し、何度断られても諦めないプッシュ営業をする必要があります。

大手広告業(WEB含む)

電通・博報堂といった大企業ですと、勿論営業職は激務なのですが、結構な額の給料は保障されています。

若手のうちは一律年次によって昇進する為、20代で800万以上は確実に稼ぐことが出来ます。大手5社に入らない、中堅広告代理店ですと、20代で600万円を超えることが出来れば御の字であり、さらに中小企業になりますと、20代でも300万代の壁をなかなか超えることが出来ません。

しかし、昨今非常に活気のあるインターネット広告を扱う業界の場合、電通・博報堂とその他代理店といったような明確な壁は存在せず、ある程度の規模を誇る企業でしたら年収600万円程度です。

しかし、一方でサイバーエージェント・オプト・セプテーニといったインターネット広告業界を牽引する企業の営業職でも、他業界の方々がびっくりする程の給料を頂戴出来ないといったところが現状でもあります。

この現状は、インターネット広告業界では、企業がひしめき合い、手数料を値下げすることによってしか差別化出来ない現状に起因しているからです。

つまり、利益率が非常に低い為、なかなか営業職のスタッフに還元出来ない仕組みとなってしまっているのです。

まとめ

home-office-working-on-a-laptop-picjumbo-com

いかがでしたでしょうか。

営業職と一括りにしても、業種によっても給料は千差万別ですし、企業の規模によっても安定的かインセンティブ給料メインか、といった形で体系が変わってきます。

「営業職たるもの、インセンティブ給料が当たり前だ」「営業職は、他職種と同様の扱いなので、営業成績は人事評価にのみ利用されるべき」といった様々な意見があるかと思いますが、自身の性格と今後のキャリアを考え、適切なキャリアを選びましょう。

合わせて読むべき記事

writing-1149962_1920

独身者と既婚者で違う!年収500万以上の生活とは

年収500万円の生活 まずは手取りを考える   すでに社会に出ている人なら、説明の必要もあ…

9fddec4a211943f1b9cdd593b1ca7077_s

年収500万以上の仕事をしている人の共通点

  年収500万円以上の仕事   では、年収500万円の人に共通点があるかどうか…

0da314e13c4114e3baffc10a7ac3a8dd_t

年収1000万以上稼ぐには

  年収1000万円稼ぎたい   年収2000万円~3000万円となると起業でも…

a6d764716c71d94030951648ae611459_t

仕事を探している男性必見!高収入を狙える職種とは?【大阪版】

    大阪で高収入を狙える仕事   同じ仕事をしたとしても、働いてい…

publicdomainq-0020186gnx

年収1000万以上稼ぐにはどんな資格や特技を持っておくべきなの?

年収1000万円以上稼げる仕事をみる 年収1000万円稼ぐために必要なスキルや資格を知りたければ、ま…

pexels-photo-267674

高卒だけど正社員になりたい方必見!稼げる仕事を見つけるコツ

学歴の重視されないところで勝負する   現代は大学全入時代と言われており、お金さえ払えば誰…

publicdomainq-0007765xmg

年収500万以上の生活を送るために身につけたいビジネスマナー

    マナーの基本   マナーの基本は相手への気遣いです。 そもそも…

618019d28fad1ce2c7079ec146ab1c9f_s

高収入の仕事は大阪で見つかる!稼ぐ男から学ぶ5つのステップ

ステップ1 転職理由を明確にしておく ここを見ていただいている方は、ズバリ「高収入の仕事に就きたい」…

9fddec4a211943f1b9cdd593b1ca7077_s

年収500万以上の生活をする人と年収500万以下の生活をする人の違い

どこで差がついたのか   近年の日本人の平均年収は420万円。 あくまで平均なので、これよ…

20170306232216

年収500万以上稼ぐには?共通点はコレ!

    職種で見る、年収500万円以上仕事   共通点を探る前にまずは…