業界別30代の営業職の平均年収は?

勤続して数年たち、給料も上がってきた30代。
仕事のやり方もとうに覚え、自分のやり方を確立してバリバリ働いている頃でもあります。

とくに成績で給与が大きく変わることの多い営業職。

そんな30代の営業職の給料はどのくらいなのでしょうか。

同じ営業職でも業界によって給与には差があるようです。

30代営業職の業界別平均収入

02be398abdb8e957b8802dddceaaef95_s

営業職は他の職種に比べると求人の多い職種です。技術職や他の専門職に比べると求められる資格はありません。

代わりに、個人の努力や要領の良さが求められる職で、それは学歴や資格では測れないところが多分にあるため、多く募集して間口を広げ、使える人を探しているというのが企業の実態のようです。

向き不向きも大きな職種と言えるので、人の出入りが激しい職種ですが、向いている人にはお勧めと言えます。

一般に、社交的でトークが上手く、要領のよい人が向いていると思われがちですが、内向的な性格なトップ営業マンもたくさんいらっしゃるので、一概には言えません。

 

商社営業職

30代平均収入 約460万円。

20代の平均収入が約360万円なので100万円ほどアップしています。

商社は自社製品を作ることなく、他社が作った商品を売るのが仕事です。

30代になれば、メーカーと顧客の間に立ちながら、器用に立ち回る方法も身についていることでしょう。

自分が扱う製品の知識も十分にあり、上手にプレゼンすることで成績をのばしていける時期です。

 

IT営業職

30代平均収入は502万円。

顧客の望むものをヒアリングして、もっとも最適なシステムを提供するためには、自分自身もある程度システム開発に詳しくなくてはいけません。

また、要望によってはできるだけ安価なシステムを構築するために既存のシステムを組み合わせて提供することも大切です。

アプリケーションのパッケージ販売でも、自社のシステムと他者のシステムを比較して、優位性を説明できなければ顧客を説得することはできません。

会社によっては営業のみに従事することもありますが、社内のプログラマーやシステムエンジニアと会話ができる程度の知識は必要になってきます。

 

広告営業職

30代平均収入 約442万円。

クライアントに広告の提案をする仕事です。

クライアントは広告を出したい人全般なので、その種類は様々です。

TV、ラジオ、新聞などを中心に広告枠を売ります。

特に資格はいりませんが、顧客のイメージする広告を作るためにはやはりコミュニケーション能力が必要になってきます。

 

不動産営業職

30代平均収入 約480万円。

未経験でも採用されやすく、求人も安定してありますので30代からの転職も比較的容易です。

20代から仕事をして経験をつんでいる方は、物件の売買などの大きな仕事をこなしているでしょう。

ただし、会社の規模によっては労働条件があまりよくないためことも多いため、しっかり確認することが重要です。

 

人材サービス営業職

30代平均収入 約480万円。

キャリアコンサルタントなど求職者を就職させる営業と、紹介先企業とコンタクトする営業の二種類の営業があります。

リーマンショック以降の企業の採用縮小で苦しい時期もありましたが、現在、求人は増えています。

やはり、給与は成績と相関関係にあるため、売り上げを上げることが収入を上げる一番の近道です。

 

MR営業職

30代平均収入530万円。

 

MRは「 Medical Representatives」の略です。

日本語に訳すと「医薬情報担当者」となります。

仕事内容は製薬会社の医薬品を病院への情報提供が仕事で、自社の製品を中心に情報提供をしますが、製品を直接売ることはしません。

特に資格はいりませんが、一定の信用を得るために、厚生労働省認可の「MR認定証」を取得する方が多いです。

 

医療機器営業職

平均収入530万円

病院に対して提案営業を行うのですが、扱うものは企業によって様々です。

検査器、注射器、ガーゼまであつかいますが、自社の製品の情報をよく把握してプレゼンテーションを行う能力が必要です。

 

 

食品・消費財営業職

平均収入約460万円。

食品や日用雑貨などを、問屋や小売業などを相手に販売します。

自社商品のPR方法を提案して販売支援も仕事の一つです。

食品をはじめとして生活に必要なものの購入は女性が意思決定する場合が多いため、女性の採用が活発になっているのも特徴です。

 

 

電機・機械営業職

平均収入510万円。

機械・電気分野は輸送機械、自動車、各種装置、コンピュータ、スマホ、家電、電子部品など、扱うものは多岐にわたります。

最近は省力化、自動化、無人化のために業界を問わず、企業が投資しています。

新たな技術が次々に誕生するのも特徴なので、その流れの中で商機をすばやくつかむセンスも必要です。

 

銀行・証券営業職

平均収入517万円。

個人向けと法人向けの営業があります。個人への営業はリテール営業とも言い、銀行、証券会社の営業として金融商品の提案をします。

また法人向けでは企業に対して資金調達などを提案し、事業の成長をお手伝いするのが仕事です。法人向けの場合は、企業の役員以上を相手にすることもあり、高度な専門的知識も必要になってきます。

 

保険営業職

平均収入547万円

銀行と同じように個人向けと法人向けの二種があります。

顧客の求めるものを適切に聞き取り、最適な商品を提案するのが仕事です。

コンサルティング要素が強く、顧客のパートナーとして認めてもらえれば、契約が更新され続け成績アップにつながります。

 

まとめ

new-york-city-gray-skyscrapers-picjumbo-com

各業界の30代営業職の平均収入をまとめてみました。

向き不向きがあるため、向いていない場合3年以内で離職することが多い職種です。また、30代から初めて営業職に転職される方も、営業職は向いていれば高収入を期待できる職種なので新しいチャンスをつかむ機会の一つになると思います。

本記事が読者の方々の参考になれば幸いです。

 

 

合わせて読むべき記事

photographer-designer-office-workspace-setup-from-above-picjumbo-com (2)

業種別にみる営業職20代の平均年収とは?

ある一定レベルの規模のインフラ系企業(電気、ガス、通信 等) 基本給が高く、営業職の旨味であるインセ…

pexels-photo-350397

【国内・海外編】年収1,000万以上の生活

日本で年収1000万円の生活 日本で年収1000万円の生活をしている人はどのような仕事に就いているの…

entrepreneur-593378_1280

年収600万以上の仕事とは

とにかく画一的な業務ではない 担当する人が変わっても提供するサービス自体が変わらないスーパーのレジや…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今のままで満足ですか?年収500万以上の仕事に就く方法

年収500万円以上の職業にはどんなものがあるか 一度、就職したけれど思っていたよりも年収が低い、将来…

a6d764716c71d94030951648ae611459_t

仕事を探している男性必見!高収入を狙える職種とは?【大阪版】

    大阪で高収入を狙える仕事   同じ仕事をしたとしても、働いてい…

achievement-agreement-arms-1068523

年収500万以上の仕事に就く方法と知って得する簡単アドバイス

年収500万円稼いでいれば上位20%! 年収500万円と聞いて、みなさんはどのように思われるだろうか…

cf1e4aa2db3dfa10803c992e4d03c55f_s

年収500万以上の仕事ってどんなものがある?

  年収500万円以上の仕事にはどんなものがあるのか 年収500万円以上の仕事にはどんなも…

cup-of-coffee-1280537_1920

20代で500万円稼げる男性VS 30代で300万円しか稼げない人

同じオフィスで働いているのにも関わらず、年収に差がある 20代で500万を稼ぐサラリーマンは、勿論大…

publicdomainq-0005634wpk

東京の高収入男性がしている人気の仕事とは

高収入で人気のある仕事 今回は平成28年度の厚生労働省『基本賃金構造統計』から、東京都のデータをピッ…

pexels-photo-533189

年収1,000万以上の生活を送りたい方必見!高収入の仕事に就くためにしておくべきこと

      1.仕事に必要な資格を取る   そもそも、その資…