業界別20代の営業職の平均年収は?

「営業職」と言っても具体的に何をする仕事なのかは様々です。

基本的に自社の商品を販売することが目的なのですが、それだけにとどまらず、商品を売るための企画や調査なども業務に含まれる場合があります。

営業職の仕事の基本は「売り上げを立てること」であり、企業にとって最も重要な仕事の一つです。

売り上げが上がらなければ、企業は成り立ちませんから、必ず目標の売り上げを達成するためにノルマを課されるところもあります。

では、営業職に従事する20代の平均年収はどれくらいなのでしょうか。

 業界別の平均収入

creative-869200_1920

同じ20代で、同じ営業職でも業界によって平均収入は違ってきます。時代の流れや、景気、地域性などにより、調子のいい業界もあれば、当然悪い業界もあり、一概にいう事はできません。

では、近年ではどの業界の平均年収が高いのでしょうか。

業界別に平均年収と仕事内容を見ていきましょう。

参考:https://doda.jp/careercompass/hitome/nenshu.html

 

商社営業職

平均収入約360万円。

メーカーが自社の作った商品を売るなら、商社は他者が作った商品を売る仕事です。

よって、自分が扱う製品の知識を持つ必要があり、また顧客とメーカーの両方とコミュニケーションをとる必要があるため営業の中でも特に忙しい部類です。

また、商品の知識を得るためにメーカーに出向したりなどもします。

 

IT営業職

平均収入は400万円。

顧客に自社で作成したプリケーションやパッケージなどのプレゼンや、顧客が必要とするシステムをヒアリングして開発を受注するための提案などを行います。

通常の営業のスキルに加えてITの知識も必要になってきます。

顧客が必要とするシステムを要件定義し、仕様書を作成しる場合もあるので、プログラマーやエンジニアが担当する場合もあります。

 

広告営業職

平均収入は384万円。

様々なクライアントに広告の提案をする仕事です。

TV、ラジオ、新聞などの広告枠を売ります。

特に資格はいりませんが、クライアントの持つ広告イメージを作り上げるには大変な労力を必要とします。

 

不動産営業職

平均収入409万円。

人の出入りが激しい代わりに、未経験でも採用されやすい営業職です。安定して求人のある職でもあります。

もし、この職に就くならば、賃貸などの絶対数が多い案件で経験を積んでから、物件の売買などの大きな仕事にステップアップした方がよいでしょう。

ただし、小規模な会社だと労働条件があまりよくないためことも多いため、しっかり確認するひつようがある。

 

人材サービス営業職

平均収入385万円。

キャリアコンサルタントなど求職者の手伝いをする営業と、紹介先企業とのやり取りをする営業の二種類の営業があります。

商社と同様、求職者と採用企業の仲立ちをするため、ストレスも多く、なかなかハードな仕事になっています。

 

MR営業職

平均493万円。

MRは「 Medical Representatives」の略です。

日本語では「医薬情報担当者」。

仕事内容は製薬会社の医薬品を病院へ売る仕事です。医療関係の知識も必要であり、薬品の安全な使用のために医師に薬品の情報を提供したりします。

 

医療機器営業職

平均収入389万円

病院に対して提案営業を行います。企業によって扱うものは様々で、検査器、注射器、ガーゼまで様々です。

類似機器など多数あり、自社の製品を導入してもらうために特にプレゼンテーション能力が求められる営業です。

 

食品・消費財営業職

平均収入353万円。

商社、卸問屋、各店舗に自社の製品の注文を聞いて回るルート営業や、新商品のイベント企画などをします。

新商品の企画などで、店舗側にも集客できるような提案などをする能力が必要になってきます。

 

電機・機械営業職

平均収入375万円。

販売するのは、自動車、スマホから半導体まで多岐にわたります。

販売店や商社に商品説明をし、数量・価格交渉を行います。商品展示の演出、イベントの提案なども行います。

 

銀行・証券営業職

平均収入444万円。

個人向けと法人向けの営業があり、中でも売り上げの比率が大きいのは法人では企業への貸し出し、個人向けでは住宅ローンの貸し出しとなります。

住宅ローンなどで言えば、お金を貸すには、顧客を始めとして、不動産会社や司法書士などとも話をする必要があり、他の営業職と同じようにコミュニケーション能力が求められます。

 

保険営業職

平均収入355万円

銀行と同じように個人向けと法人向けの二種があります。

個人向けの営業の場合、顧客に保険の提案をし、契約に結びつける必要があります。

また契約後もフォローを継続的に行っていきます。顧客が法人の場合、企業や公的機関と取引をし、福利厚生制度などをはじめとしたサポートやサービスを提供します。

 

まとめ

macbook-and-clutter-picjumbo-com (2)

各業界の20代営業職の平均収入をまとめてみました。

20代で働き始めた頃は、それほど年収には大きな差は出にくいのですが、業界別で最大で100万円程度の差があります。

同じ営業職の方は別の業界の平均収入を見ていろいろ考えるかもしれませんが、本記事が読者様のこれからの一助になれば幸いです。

合わせて読むべき記事

24341487fc26056fffcdb77bc2e8c468_t

将来年収500万以上稼ぐには?転職をする時のポイント

  転職ポイント   ここでは、年収500万円を達成したい人のために、転職に話を…

9fddec4a211943f1b9cdd593b1ca7077_s

年収500万以上の生活をする人と年収500万以下の生活をする人の違い

どこで差がついたのか   近年の日本人の平均年収は420万円。 あくまで平均なので、これよ…

writing-with-a-graphic-pen-picjumbo-com

”若くして独立する”という道を成功させるコツ

若くして独立する人の割合 「若い」ということの定義はあいまいですが、一般的に社会で「若い」と言う言葉…

minimalistic-and-clean-home-office-cumputer-setup-picjumbo-com (1)

年収1000万以上稼げる!おすすめの仕事

平均年収が1000万円以上の仕事 パイロット 年収1712万円。 就職する企業の規模によって、年収に…

books-classroom-close-up-289737

年収500万以上の生活をするために、今日からできることとは

年収500万円を達成するために 年収500万円の生活は概ね中流と言っていいです。 夫婦と子供二人の4…

otoko-kousyunyu

20代の営業マンでもここまで稼げる!驚きの年収

営業職の平均年収 営業職の平均年収は、以下の通りです。   【20代営業職 平均年収】 1…

tablet-2188369_1920

【職種別】年収1000万以上稼ぐにはどうすれば良い?

サラリーマンの場合 もっとも多いのが大学を卒業して、企業に就職するサラリーマンでしょう。 しかし、入…

pexels-photo-93405

年収500万円以上の生活!手取りや貯金などの実態調査

年収500万円の生活実態 それでは年収500万円の生活をみていきましょう。 まずは手取りから。 高校…

70b48ef14f776bb04700aa286eaf1f59_s

大卒で稼げる仕事に就職する方法(正社員編)

大卒の価値 稼ぎたいとき、才能があれば独立するのもいいですが、それを見据えていたとしてもやはり最初は…

publicdomainq-0019218vqg

年収をUPさせたい…20代の営業マンが年収UPするためにすべきこと

営業マンに求められるもの それでは営業マンが年収をアップさせるために必要なものは何でしょうか。 営業…