東京の高収入男性がしている人気の仕事とは

東京は日本の人口の10%ほどが集中している地域です。
都市圏には様々な政治的経済的機能が集中しているため、そのアクセスがしやすい東京に本社を置く企業も多く存在します。
もちろん、平均年収も都道府県でTOPであり、612万円。

これは日本の平均年収の420万円を大きく上回る額となっています。
今回はそんな東京で、高収入男性がしている人気の仕事を見ていきたいと思います。

高収入で人気のある仕事

gahag-0046662370-1

今回は平成28年度の厚生労働省『基本賃金構造統計』から、東京都のデータをピックアップして、ご紹介します。
この統計にはサンプル数の記載もありますので、サンプル数が多い→その仕事に就いてる人が多い→人気がある仕事、という定義でもって職業をご紹介していきたいと思います。

 

大学教授 9110人 平均年収1185.81万円

東京には統計上9110人の大学教授がいて、その平均年収は1185万円となっています。
高収入であり、社会的地位もあります。
しかし、今後は少子化の影響でポストが増えることはないと言われています。

 

医師 5980人 平均年収1040.01万円

都内に医師は少なくとも6000人弱いることになります。
平均年収は1000万円を超えますが、難関の医学部に入学し、そこから6年大学で学んだあと、研修医として最低2年実務経験を積む必要があります。
医師として活躍できるのは30歳くらいからになりますが、それに見合った年収を得ることができます。

 

 

公認会計士、税理士 2560人 平均年収1038.82万円

日本の三大国家資格の一つ、公認会計士です。税理士も統計上では一緒となっています。
やはり年収は1000万円をこえています。
合格までの学習時間は3000時間とも5000時間ともいわれています。
一日数時間ずつ勉強したとしても取得までに数年かかる資格と言えます。

 

歯科医師 1120人 平均年収1030.48万円

歯科医院はコンビニよりも数が多いと言われています。
数が増えたので競争の原理が働いて儲からなくなったとも聞きますが、まだまだ大丈夫なようです。
平均年収はやはり1000万円を超えています。

 

高等学校教員 8070人 平均年収847.48万円

教師は薄給などと聞きますが、そんなことは全然ありません。
おそらくバブル時代に民間企業が儲かっていた時に比較された話だと思われますが、現在は高収入の仕事の一つと言っていいです。

 

技術士 4760人 平均年収699.58万円

技術士は独占業務はありませんが、国家資格の一つです。
どちらかというと、資格と言うよりも称号といった意味合いが強いかもしれません。
技術的なコンサルタントは誰でも請け負うことができますが、技術士の資格を持っていれば、顧客の獲得も楽になります。

 

大学講師 4070人 平均年収684.25万円

大学教授に続いて、大学講師も高年収です。

 

一級建築士 19170人 平均年収682.78万円

ひときわ数が多いのが一級建築士です。
東京には20000人近い一級建築士がいます。
2020年の東京オリンピックもありますので、その影響もうかがえます。

 

自然科学系研究者 3340人 平均年収651.08万円

大学の研究の延長で、化学・薬学・医学・電気工学など分野は様々です。
研究所に入って仕事を行います。

 

保険外交員 5440人 平均年収641.68万円

保険外交員になるには特に学歴も資格はいりません。
しかし、営業職なのでノルマが果たせないと歩合給がもらえず、低い基本給だけで生活することになります。

 

自動車外交販売員 3990人 平均年収568.03万円

保険外交員と同様に営業職です。
営業職は、年齢も学歴も関係なく、成果をあげればそれが給与に跳ね返ってくるので、一年目からでも高収入が期待できます。

 

システム・エンジニア 165730人 平均年収560.78万円

ひときわ数が多いのが、システム・エンジニアです。
ある意味で人気の職業と言ってもいいでしょう。
日本のオフィスはIT化が遅れていると言われており、需要はまだまだありますが、人手不足ともいわれています。

 

機械組立工 3260人 平均年収550.56万円

部品から機械を組み立てて、試運転や調整をした後にクライアントに引き渡します。
大量生産をする場合は、ベルトコンベアーで流れ作業をします。

 

看護師 5320人 平均年収539.64万円

男性の看護師は都内には5300人ほどいるようです。
女性の職場というイメージがありますが、看護には腕力が必要な場合も多々あり、そのような場面では重宝されるようです。

 

電気工 8410人 平均年収538.1万円

インフラの一つ電気です。
電気がなくならない限り、仕事がなくならないと言われています。
転職には第二種電気工事士の資格をとってからが良いです。
取得までの学習時間は150時間ほどと言われているので、働きながらでも楽に取得できます。

 

まとめ

gahag-0017739245

以上、東京の高収入男性がしている人気の仕事とは、ということで見てきました。
獣医師や歯科技工士なども高収入でしたが、人数が少なかったため、今回は除外しました。
東京でも資格が必要な仕事や、営業系の仕事などが高収入なものに多いのが特徴です。
なかなかその仕事に就くには一筋縄ではいかないものもありますが、自分にあった仕事を見つけて、有意義な人生を送るための参考になれば幸いです。

合わせて読むべき記事

AdobeStock_64617196

あなたの年収はどのレベル?20代営業の平均年収

20代の営業の平均年収   国税庁の調査では、20代の平均年収は296万円となっています。…

catalogs-2754663_1920

【東京編】高収入を狙う男性におすすめの仕事ランキング

東京 高収入ランキング 東京都の平均年収は約610万円、中央値は約570万円です。 また日本の平均年…

modern-graphic-designer-essentials-picjumbo-com (2)

【大阪編】高卒でも稼げる!男性におすすめの仕事ランキング

高卒男性におすすめの仕事ランキング 大阪編 第1位 弁護士 年収800万円   大学を経由…

1fd5f45a1401ce8bb900980cb4325651_s

年収1,000万以上の仕事の内容とは?

年収1000万以上の仕事 一般的に責任の重い仕事が高年収になる傾向があります。 高い報酬は、重い責任…

9fddec4a211943f1b9cdd593b1ca7077_s

年収500万以上の生活をする人と年収500万以下の生活をする人の違い

どこで差がついたのか   近年の日本人の平均年収は420万円。 あくまで平均なので、これよ…

54bbdd1ce11887f5356271e59daa0343_s

年収1,000万以上の仕事の人気ランキング

    年収1000万円以上が望める、人気の仕事ランキング   1.金…

publicdomainq-0012742nxu

年収500万以上の仕事の種類とは

年収500万円以上の仕事 先に話した通り、年収500万円以上もらっている人の割合は全体の3割ほどです…

78456f795b3d1f38d8bb2c2d2b69124f_s

年収1,000万以上の仕事の種類

年収1,000万以上稼げる仕事の特徴 基本的に年収が高い仕事の特徴は、次の2つです。   …

お金

20代必見!将来稼げる仕事に就くためには

    20代は修業の期間?     これは経営者などにも多…

macbook-pro-from-the-top-picjumbo-com

とにかく稼ぐ!儲かる方法7選

メルカリを利用した販売 昨今、メルカリをはじめとしたフリマアプリは誰もが保有しています。 フリマアプ…