東京の高収入男性がしている人気の仕事とは

東京は日本の人口の10%ほどが集中している地域です。
都市圏には様々な政治的経済的機能が集中しているため、そのアクセスがしやすい東京に本社を置く企業も多く存在します。
もちろん、平均年収も都道府県でTOPであり、612万円。

これは日本の平均年収の420万円を大きく上回る額となっています。
今回はそんな東京で、高収入男性がしている人気の仕事を見ていきたいと思います。

高収入で人気のある仕事

gahag-0046662370-1

今回は平成28年度の厚生労働省『基本賃金構造統計』から、東京都のデータをピックアップして、ご紹介します。
この統計にはサンプル数の記載もありますので、サンプル数が多い→その仕事に就いてる人が多い→人気がある仕事、という定義でもって職業をご紹介していきたいと思います。

 

大学教授 9110人 平均年収1185.81万円

東京には統計上9110人の大学教授がいて、その平均年収は1185万円となっています。
高収入であり、社会的地位もあります。
しかし、今後は少子化の影響でポストが増えることはないと言われています。

 

医師 5980人 平均年収1040.01万円

都内に医師は少なくとも6000人弱いることになります。
平均年収は1000万円を超えますが、難関の医学部に入学し、そこから6年大学で学んだあと、研修医として最低2年実務経験を積む必要があります。
医師として活躍できるのは30歳くらいからになりますが、それに見合った年収を得ることができます。

 

 

公認会計士、税理士 2560人 平均年収1038.82万円

日本の三大国家資格の一つ、公認会計士です。税理士も統計上では一緒となっています。
やはり年収は1000万円をこえています。
合格までの学習時間は3000時間とも5000時間ともいわれています。
一日数時間ずつ勉強したとしても取得までに数年かかる資格と言えます。

 

歯科医師 1120人 平均年収1030.48万円

歯科医院はコンビニよりも数が多いと言われています。
数が増えたので競争の原理が働いて儲からなくなったとも聞きますが、まだまだ大丈夫なようです。
平均年収はやはり1000万円を超えています。

 

高等学校教員 8070人 平均年収847.48万円

教師は薄給などと聞きますが、そんなことは全然ありません。
おそらくバブル時代に民間企業が儲かっていた時に比較された話だと思われますが、現在は高収入の仕事の一つと言っていいです。

 

技術士 4760人 平均年収699.58万円

技術士は独占業務はありませんが、国家資格の一つです。
どちらかというと、資格と言うよりも称号といった意味合いが強いかもしれません。
技術的なコンサルタントは誰でも請け負うことができますが、技術士の資格を持っていれば、顧客の獲得も楽になります。

 

大学講師 4070人 平均年収684.25万円

大学教授に続いて、大学講師も高年収です。

 

一級建築士 19170人 平均年収682.78万円

ひときわ数が多いのが一級建築士です。
東京には20000人近い一級建築士がいます。
2020年の東京オリンピックもありますので、その影響もうかがえます。

 

自然科学系研究者 3340人 平均年収651.08万円

大学の研究の延長で、化学・薬学・医学・電気工学など分野は様々です。
研究所に入って仕事を行います。

 

保険外交員 5440人 平均年収641.68万円

保険外交員になるには特に学歴も資格はいりません。
しかし、営業職なのでノルマが果たせないと歩合給がもらえず、低い基本給だけで生活することになります。

 

自動車外交販売員 3990人 平均年収568.03万円

保険外交員と同様に営業職です。
営業職は、年齢も学歴も関係なく、成果をあげればそれが給与に跳ね返ってくるので、一年目からでも高収入が期待できます。

 

システム・エンジニア 165730人 平均年収560.78万円

ひときわ数が多いのが、システム・エンジニアです。
ある意味で人気の職業と言ってもいいでしょう。
日本のオフィスはIT化が遅れていると言われており、需要はまだまだありますが、人手不足ともいわれています。

 

機械組立工 3260人 平均年収550.56万円

部品から機械を組み立てて、試運転や調整をした後にクライアントに引き渡します。
大量生産をする場合は、ベルトコンベアーで流れ作業をします。

 

看護師 5320人 平均年収539.64万円

男性の看護師は都内には5300人ほどいるようです。
女性の職場というイメージがありますが、看護には腕力が必要な場合も多々あり、そのような場面では重宝されるようです。

 

電気工 8410人 平均年収538.1万円

インフラの一つ電気です。
電気がなくならない限り、仕事がなくならないと言われています。
転職には第二種電気工事士の資格をとってからが良いです。
取得までの学習時間は150時間ほどと言われているので、働きながらでも楽に取得できます。

 

まとめ

gahag-0017739245

以上、東京の高収入男性がしている人気の仕事とは、ということで見てきました。
獣医師や歯科技工士なども高収入でしたが、人数が少なかったため、今回は除外しました。
東京でも資格が必要な仕事や、営業系の仕事などが高収入なものに多いのが特徴です。
なかなかその仕事に就くには一筋縄ではいかないものもありますが、自分にあった仕事を見つけて、有意義な人生を送るための参考になれば幸いです。

合わせて読むべき記事

entrepreneur-593378_1280

年収600万以上の仕事とは

とにかく画一的な業務ではない 担当する人が変わっても提供するサービス自体が変わらないスーパーのレジや…

apple-691282_1280

2017年稼ぐならこの資格!高収入の資格ランキング

求められるスキルあ詰め込まれた米国公認会計士 日本の企業相手に監査業務を行う法人を監査法人といい、監…

6f9a4d25914fce9f9be9ca73e86019e3_s

年収1,000万以上の生活で気を付けるべきポイント

年収1,000万円。手取りはどれくらい増える? 年収1,000万円の生活で気を付けるポイントを知るう…

618019d28fad1ce2c7079ec146ab1c9f_s

高収入の仕事は大阪で見つかる!稼ぐ男から学ぶ5つのステップ

ステップ1 転職理由を明確にしておく ここを見ていただいている方は、ズバリ「高収入の仕事に就きたい」…

08e52cdf6522eafd070571b437159297_t

年収1000万以上の生活を送る際の注意点

年収1000万円以上という意識 年収1000万円といえば、大台です。 割合も5%未満なので全体的に見…

business-2981370_1920

年収500万以上稼ぐ人には〇〇が備わっている!?

年収500万円以上の仕事 年収500万円以上稼げる人と、そうでない人の違いを知るための方法の一つとし…

9fddec4a211943f1b9cdd593b1ca7077_s

年収500万以上の仕事をしている人の共通点

  年収500万円以上の仕事   では、年収500万円の人に共通点があるかどうか…

a42c34c31fdf5617a3fe500a87bdf0da_s

年収500万以上の仕事を見つけたいなら読んでおくべきお役立ち情報

平均年収500万以下の業界 まずは、平均年収が500万円以下の業界について、ご紹介しましょう。外食関…

a634afe9b04a20bfbab1252c021c0bc7_s

20代営業マンが年収アップするためにすべきこと

20代営業マンが磨くべき能力 対人コミュニケーション能力   営業に絶対不可欠なのが、コミ…

348c098978de9acd2e12229d0bcf388dc9df41e21394490302

年収500万以上の生活を送るために今やるべきこと

    今の年収はいくら?   この記事を読んでいる人の多くはおそらく…