意外と苦しいって本当?年収1000万円以上の生活の実態とは

年収1,000万円というのは、間違いなく高収入と言えます。

それだけもらっている就労者の割合は全体の3~5%ほどであり、日本人の平均年収が420万円であることを考えると、普通の人の2倍以上を稼いでいることになります。

給料が2倍になったら、と考えると夢が膨らむ人もいるかもしれません。しかし、現実はいったいどのようになっているのでしょうか。

年収1000万円の生活とはどのようなものなのか、見ていきましょう。

年収1000万円の生活を考える

 

生活を考えるときにまず念頭に置かなくてはいけないのは可処分所得と言えます。簡単な言葉に言い換えるなら、手取りのことですが、もらった給料からは税金などが引かれて手元には本当に自由に使えるお金が残ります。

これが可処分所得です。

細かい計算もありますが、雇用者か自営業か、配偶者がいるかいないか、障害者かどうか、など細かい計算もあるので一概には言えません。

一般的な範囲の年収ならば0.8掛けすることで手取り額の計算をすることもできます。

年収500万円なら、400万円が手取りとなります。

しかし、日本は累進課税なので、年収が多くなればなるほど税金が多く引かれます。

年収1000万円の手取りは、独身でおよそ730万、結婚して扶養家族がある場合は760万円ほどに落ち着きます。

今回は750万円ほどを手取りとして、年収1000万円の生活を考えていきます。

luxury-car-1023777_1920

 

 

年収1000万円の生活

 

それでは年収1000万円の家計を見ていくことで、大体どのような生活になるかを見ていきたいと思います。

まず、ざっくりと夏冬2回のボーナスを4か月分とすると、毎月の手取りは47万円ほど。

金銭感覚にもよりますが、これだけあれば毎月の生活には十分に思えます。

住居は手取りの3分の1から4分の1と言われているので、12万円~15万円。物価のちがいは都市部も地方もそれほどありませんが、家賃は大きな差があるので、自分の住んでいる地域で計算してみてください。

もちろん、土地にもよりますが、庭付きの一戸建てを買うことも十分に検討できます。

普通の一戸建てを買う場合、ローンはすぐに払い終えることができるでしょう。

住宅ローンを組むなら、8000万円までの融資を受けられる可能性があります。

毎月47万円での生活ですが、さらにここに手付かずのボーナスが180万ほどありますのでまだ余裕があります。

車も毎年乗り換えることもできますし、年に何回か家族で海外に旅行に行くこともできます。外食も高級なお店に行けます。

子供が大きくなれば、私立の学校に通わせることもできます。

ただ、ここで年収500万の世帯と比較してみましょう。

 

 

年収500万円の世帯と比較する

 

あるものを定量的にとらえるときに物差しが必要になってきます。

今回は年収1000万円の生活を測るのに、年収500万円という物差しを用意しました。

日本の平均年収が420万円なのですが、配偶者がパートにでている場合、月7万も稼げば、それだけで世帯年収は500万円になります。

また、日本人の正社員男性30代後半の平均年収が500万円であることも加味しています。

さて、年収500万円の手取りは、先ほどの0.8掛けで計算すると400万円ほどになります。

年収1000万円の手取りは750万円なので、350万円ほど多く使うことができます。

しかし、この350万円という数字にどれくらいの夢があるでしょうか。

 

問題は固定費

 

例えば、月に家賃を10万円あげて別の物件に移り住めば、それだけで120万円。

そして、子供二人を私立の学校に通わせれば、それぞれ100万円で合計200万円。

残りは30万円で、これだけやってしまうともう年収500万円世帯とそれほど生活が変わらなくなったのがわかるでしょうか。

家計の中で一番大きな問題は固定費です。

今月苦しいからと言ってすぐに家賃の安いところに引っ越したりはできません。また、学校だって同様にすぐに転校したりもできないのです。これは、毎月確実に家計を圧迫してきますので、年収1000万円といっても、どこにお金をかけるかを選択しなくてはいけないのがわかると思います。

実は、年収1000万円世帯にはおもしろいデータがあって、これだけの額をもらっていても、貯蓄が0円の世帯が1割ほど、定期的にカードローンを使用している世帯が3割ほどあるそうです。

全てを一流にするには年収1000万円でも苦しいのがわかります。

 

 

とはいえ、経済的に恵まれていることには変わりない

87e707dd69309b6489739238284beaec_s

とはいえ、経済的に恵まれていることには変わりはありません。日本で一般的な生活をしていく上では十分すぎる額と言えます。

どこにお金を掛けるかを十分に考えて使っていけば、間違いなく金銭的に満たされた生活を送ることができます。

ただし、すべてを一流にすることは年収1,000万円ではできません。住居、子供の学校、身に着けるもの、車、など付き合いに応じて揃えていかなければならないものも出てくるでしょう。しかし、先ほどの年収500万円との比較をみてみれば、それが不可能なことがわかると思います。

本当のお金持ちは年収2000万円からとも3000万円からとも言われていることも最後につけくわえておきましょう。

合わせて読むべき記事

29545cb16d836240304199a00ae64286_s

年収1000万以上の仕事を探すときに注意すべきポイント

年収1000万円に対する感覚   年収1000万円というのがサラリーマンにとってひとつの目…

network-1987209_1920

業界別30代の営業職の平均年収は?

30代営業職の業界別平均収入 営業職は他の職種に比べると求人の多い職種です。技術職や他の専門職に比べ…

pexels-photo-577585

意外と知らない!?年収1,000万以上の仕事

意外と知らない年収1000万円以上の仕事 航空機操縦士   飛行機のパイロットです。 年収…

95187bbe22a6c7d640d97427eb31aaaf_s

年収600万以上の生活ってどんな感じ?いろいろ調べてみた

知人の生活 私は、様々な業界に知人がおり、彼らと話すことによって多くの情報を得ることができます。 知…

business-agency-team-working-on-new-ideas-picjumbo-com (3)

「年収1,000万以上」ではどんな生活になるのか

年収1,000万円の生活   それでは年収1,000万円の生活を見ていきましょう。 中小企…

apple-691282_1280

2017年稼ぐならこの資格!高収入の資格ランキング

求められるスキルあ詰め込まれた米国公認会計士 日本の企業相手に監査業務を行う法人を監査法人といい、監…

bc0e5a0a438b321594ed1d73d29f330c_s

年収1,000以上の生活の実態調査

年収1,000万円の手取り 総支給から税金などを引いた、実質自由に使えるお金のことを可処分所得と言い…

business-2042282_1280

20代で高収入を得るために知っておきたい7つのこと

20代は、商流に敏感になるべし 例え営業関係の職種ではなくても、サラリーマンたるものビジネスの現場で…

cup-of-coffee-1280537_1920

20代で500万円稼げる男性VS 30代で300万円しか稼げない人

同じオフィスで働いているのにも関わらず、年収に差がある 20代で500万を稼ぐサラリーマンは、勿論大…

a6d764716c71d94030951648ae611459_t

仕事を探している男性必見!高収入を狙える職種とは?【大阪版】

    大阪で高収入を狙える仕事   同じ仕事をしたとしても、働いてい…