年収500万以上稼ぐには?稼ぐ人の共通点は〇〇だった!

近年の日本人の平均年収は430万円前後。

年収500万円と言えば、それよりも数十万円高い年収であり、ちょっと努力すれば手の届きそうな感じもします。

しかし、実際にそれを達成している人の割合は全体の3割程度です。

年齢によって平均所得は上がっていく傾向にありますが、人によっては生涯年収500万円に到達しないこともあり、そこにはある種の壁が存在しているようにも思われます。

では、その壁を突破するためにはどうしたらいいでしょうか。
全労働者の3割に入るためには、それなりの努力が必要になってきますが、具体的には何をどのように行えばいいか悩むのも事実。

とりあえず年収500万円以上の人たちの共通点を見つけ、それを模倣するところから始めてみるのが早そうです。

年収500万円以上の人の共通点とは?

 

稼げる人たちは普段、どのように考え、どのように行動しているのでしょうか。

年収を上げる、稼ぐという方向性だけは見えているので、そこには何かしらの傾向と対策があるのはわかります。

では、その過程に基づいて調べてみると、やはり年収500万円以上の人達にも共通点があるのがわかりました。

 

 

本、読んでいますか?

home-office-336378_1920 (2)

本屋のコーナーにでも行けば、所狭しと、並んでいるビジネス書。

なぜ、こんなにビジネス書が多く出版されているかと言えば、それは当然需要があるからです。

年収500万円以上の人を調査した統計データの一つに年に10冊以上ビジネス書を読んでいるという結果がありました。

逆に年収が500万円に満たない人は、年にビジネス書を読むとしても0~2冊程度です。

稼いでいる人の特徴として、プライベートや余暇を学習に充てている人も多く、向上心が豊かな人が多いのです。

人によっては書籍から得られる知識では、実際の仕事の役には立たないと考えている方もいるかもしれません。

経験を積むことこそが大事である、という理屈は非常に納得がいくものです。

確かに知識を吸収しても実践が伴わなければ意味はありません。それに自ら体験したことは、その時の感情と一緒に記憶に強く残ります。

それはそれで素晴らしいのですが、逆に言えば個人の経験の枠外の情報を軽視していると言えます。

書籍には著者の経験や理論が書かれていますので、他者の視点や主張を数百円から数千円程度で読むことができるなら、コストパフォーマンスとしてはそれほど悪くないと思われます。

 

“愚者は自らの経験から学び、知者は他人の経験から学ぶ”

 

読書量と所得の高さが正比例しているというデータもあり、これも確かに人生の側面と言えるようです。

 

参考:http://ameblo.jp/nenshuup/entry-10531114988.html

 

 

資本は体

 

また、年収500万円以上稼ぐ人はよく運動をしている人が多いというデータがあります。

年収別にみると、余暇にジムに通う人や、何らかの運動を楽しんでいる人の割合が増えていきます。

これは健康を維持して、いつでもしっかり仕事をできるように備えている部分もあるようです。

また、人生を楽しむためにもやはり体をきちんとメンテナンスして置くことに余念がないようです。

そもそも、体調管理は社会人の基本です。急病などはどうしようもありませんが、体の悪くなっているとわかっている部分を放置しておくのはあまりよろしくありません。

いざというときにそれが悪化し、仕事に穴をあけてしまっては自己管理能力や責任感を疑われかねません。

仕事仲間は、お大事にと優しく言ってくれるかもしれませんが、どこかで信用を落としているのは間違いありません。

まずは、自分自身をしっかりメンテナンスする。それが、稼げる人に共通の考え方のようです。

 

 

人を使う側にまわる

 

そもそも稼げる人とはどういう人でしょうか。

少し抽象的に表現するなら、それはお金を稼ぐ仕組みを作れる人です。多くの人は誰かが作った仕組みの中で労働力を提供することで、対価を得ます。

誤解を恐れない言い方をすれば、部品となって、その仕組みを回します。

当然、その部品の中にもレアリティ―はあって、貴重な部品ほど高価ですので、自分にしかできない仕事がある人ほど、高い報酬を得ることができます。

しかし、もっとも高い報酬を得るのは仕組みを作った人自身です。

もしも、あなたが今、誰かが作った仕組みの中にいるのならば、より稼ぐためにはその仕組みを作った人に近い位置に行く必要があります。

あなたよりも、あなたの上司のほうが稼いでいますし、さらに上の役職の方のほうがもっと稼いでいるのは明確な事実です。

稼げる人間になるのに一番早いのは人を使う側の人間になること、それに近づくことです。

それが稼げる人間の共通点です。

 

 

まとめ

home-office-336373_1920

年収500万円以上稼ぐ人たちの共通点ということで見てきました。

年収500万円といえば、労働者を給与の階層別にみた時上位3割に入っているため、十分に稼げる人たちです。

何事にも傾向と対策はあり、年収500万円以上を達成する方法はいくつもあるはずですが、それが具体的に思い浮かばない場合は、目標とする人たちの模倣から始めてみましょう。

形から入っていけば、いずれ稼げる人のマインドを理解できる可能性があります。どのように考え、どのように動くか。

本記事が、読者の方々の参考になれば幸いです。

合わせて読むべき記事

9fddec4a211943f1b9cdd593b1ca7077_s

年収500万以上の仕事をしている人の共通点

  年収500万円以上の仕事   では、年収500万円の人に共通点があるかどうか…

pixta_18670327_S

年収1,000万以上の仕事探しのコツとは?

  年収1000万以上の仕事探しのコツ   では、その3%に入るためには何をした…

office-2009693_1920

年収1000万以上稼ぐには外せないビジネスの心得と稼ぎ方の全て

年収1000万円稼ぐためのビジネスの心得 まずは自分の現状を確認   年収1,000万円稼…

coins-1523383_1920

大阪で稼げる!男性のお仕事ランキング

 大阪で稼げる男性の仕事ランキング   第1位                 医師   …

8e0db9690b4151a5dfbe4658f929cdba_s

年収500万以上の職業・仕事内容について

年収500万円以上の仕事にはどんなものがあるのか では、年収500万円以上の仕事にはどんなものがある…

stunning lifestyle imagery for modern creatives...
check out another scenery / perspective

年収500万以上の仕事内容と仕事を効率的に進める裏技

30代後半~40代前半というステージ   先にも説明した通り、平均的な男性の場合に年収50…

618019d28fad1ce2c7079ec146ab1c9f_s

高収入の仕事は大阪で見つかる!稼ぐ男から学ぶ5つのステップ

ステップ1 転職理由を明確にしておく ここを見ていただいている方は、ズバリ「高収入の仕事に就きたい」…

0da314e13c4114e3baffc10a7ac3a8dd_t

年収1,000万以上の仕事に就きたい男性必見!身に付けておくべきビジネスマナー

  年収1,000万円以上の仕事で必要なマナーを考える   様々な統計を見ると年…

no image

年収1,000万以上の仕事って実際どうなの?職種から手取り、貯金まで徹底調査

年収1,000万円を実現できるのはどんな職業? 年収1,000万円というと「高給取り」の代名詞です。…

a634afe9b04a20bfbab1252c021c0bc7_s

20代営業マンが年収アップするためにすべきこと

20代営業マンが磨くべき能力 対人コミュニケーション能力   営業に絶対不可欠なのが、コミ…