年収500万以上稼ぐには?共通点はコレ!

年収500万円以上を稼ぐ人の割合は全体の3割ほど。

これは日本の平均年収420万円と比べても80万円ほど高い数字となっており、平均的な男性がこの年収に到達するのは30代の終わりから40代の入り口にかけてとも言われています。

中には20代でも年500万円以上稼ぐ人もいる一方で、生涯この年収に届かない人もいます。

では、その違いはどこにあるのでしょうか。

年収500万円以上稼ぐ人にはなんらかの共通点があるのでしょうか。

 

 

職種で見る、年収500万円以上仕事

 

共通点を探る前にまずは年収500万円以上の仕事を調べてみることにしましょう。

平成28年度の厚生労働省「賃金構造基本統計調査」から、年収500万円以上の仕事をならべてみました。

 

航空機操縦士                                  年収       2056.78 万円

医師                                                 年収       1300.74 万円

大学教授                                          年収       1079.27 万円

公認会計士、税理士                        年収       913.27   万円

歯科医師                                          年収       896.79   万円

大学准教授                                      年収       865.97   万円

記者                                                 年収       812.97   万円

不動産鑑定士                                  年収       729.1     万円

弁護士                                             年収       719.05   万円

大学講師                                          年収       709.92   万円

高等学校教員                                  年収       693.38   万円

掘削・発破工                                  年収       684.45   万円

自然科学系研究者                           年収       665.69   万円

一級建築士                                      年収       652.63   万円

保険外交員                                      年収       636.85   万円

電車運転士                                      年収       622.85   万円

獣医師                                             年収       614.07   万円

技術士                                             年収       596.99   万円

歯科衛生士                                      年収       577.58   万円

システム・エンジニア                    年収       560.21   万円

薬剤師                                             年収       552.62   万円

電車車掌                                          年収       547.01   万円

診療放射線・診療エックス線技師          年収       545.85   万円

圧延伸張工                                      年収       544.18   万円

自動車組立工                                  年収       538.56   万円

発電・変電工                                  年収       526.63   万円

各種学校・専修学校教員                 年収       525.04   万円

港湾荷役作業員                               年収       523.29   万円

化学分析員                                      年収       520        万円

臨床検査技師                                  年収       514.47   万円

社会保険労務士                               年収       506.72   万円

クレーン運転工                               年収       506.18   万円

一般化学工                                      年収       505.15   万円

機械製図工                                      年収       501.59   万円

 

まずはここから、年収500万円以上稼ぐ人の共通点を探っていきたいと思います。

 

お金

 

高度なスキルと専門知識

 

まず、全体を通してわかるのがどの職業も高度なスキルや専門知識が必要とされる職業だということ。

資格が必要なものもあれば、長い時間をかけて業務の中で自らの腕を磨いていくような仕事もあります。

また、必ずしも学歴は必要ないように見えます。

確かに平均年収1000万円を越えるような一流企業は、名門大学の卒業生を中心に採用しますが、そこに入らなくても専門学校で専門知識を学ぶか、資格を取ってしまえば年収500万円に到達することが十分可能なのが分かります。

 

 

独占業務のある資格

 

そもそも独占業務となっている仕事に就いてはその資格を取得していなければ、そもそもその業務を行うことはできません。

医師・弁護士・会計士などは日本三大国家資格と言われ、資格の取得には何年もかかるケースがあります。

医師は医学部に入学して6年間大学で、その後研修医として2年以上学びます。

弁護士の資格をとるまでの学習時間は8000時間~10000時間ともいわれ、平均合格年齢は28歳前後となっています。

また、公認会計士も学習時間は5000時間以上と言われています。

これらの資格は年収700万円以上だが、ここまででなくとも社会保険労務士など合格まで800時間~1000時間くらいの資格でも年収500万円には到達することができます。

 

 

決断力

 

年収500万円を稼いでいる人の中には、現場勤務の人も沢山いるのが分かります。

近年、大卒で中小企業にはいって働くよりも、高卒で大企業の現場で働いたほうが、生涯年収が高くなるケースも増えてきました。

ただ、その場合には人生を早い段階で決定する決断力が必要になってきます。

何かを選ぶということは、それ以外のものを切り捨てることになります。

若い頃は様々な可能性があるため、いろいろやりたいこともあるでしょうが、それらをあきらめて、決断できるかどうかです。

電車運転士や車掌などは一般には公募されず、過去に実績のある高校などから採用を行ったりします。

明確にその職に就きたいというものを決めて、そこに力を注げるかどうかで後の人生が決まります。

 

 

営業力

 

保険外交員がランクインしていますが、これら営業職はインセンティブの割合が高いため、成績次第で給与が大きく変動する仕事です。

厚生労働省のデータでは、保険外交員や、自動車外交販売員などのデータがありましたが、MRと呼ばれる製薬品会社の営業職なども高年収な職業として知られています。

歩合制の場合、好成績さえ収めることができれば、それがダイレクトに給与に跳ね返ってきます。逆に、成績が振るわない場合は経済的に苦しい思いをしますので、離職率が高いのも特徴です。

ただし、学歴も資格もいらず、本当に今の実力だけで給与が決まるのである意味では公平な仕事と言っていいかもしれません。

 

m_a_talent_183547766-900x600

まとめ

 

以上、年収500万以上稼ぐには?共通点はコレ!ということで見てきました。

必ずしも学歴は必要としませんが、年収500万以上を稼ぐには高度な専門知識やスキル、独占業務のある資格、決断力、営業力などが必要になってくることが分かりました。

今回は厚生労働省のデータを見ながら話をしてきましたが、他にも年収500万円以上稼げる仕事はたくさんあります。

本記事が読者の参考になれば幸いです。

合わせて読むべき記事

silver-pen-in-open-business-day-planner-diary-picjumbo-com

年収1,000万円以上稼ぐには?夢に近づくために行うこと

  少しでも目標に近づくには 年収1,000万円を稼ぐ方法とはどのようなものでしょうか。 …

cup-of-coffee-1280537_1920

20代で500万円稼げる男性VS 30代で300万円しか稼げない人

同じオフィスで働いているのにも関わらず、年収に差がある 20代で500万を稼ぐサラリーマンは、勿論大…

home-office-336378_1280

2017年稼ぐならこの資格!高収入の資格ランキング

求められるスキルあ詰め込まれた米国公認会計士 日本の企業相手に監査業務を行う法人を監査法人といい、監…

business-988179_1920

大卒ならがっつり稼げる仕事につこう!正社員なら年収〇〇円も可能!

大学生は、新卒採用の重要性を重要視すべき 新卒採用の是非について意見を言う前に、まず日本では新卒採用…

smartphone-diary-and-silver-pen-on-black-workspace-desk-picjumbo-com

年収1,000万以上稼ぐにはどうすればいい?

上位5%に入るためには   年収1,000万を実現するためには、どんな方法があるのでしょう…

images (2)

あなたの年収はどのレベル?30代営業の平均年収

業界別・30代営業職の平均年収 まずは一つの基準を得るために平均的なデータを見てみましょう。 30代…

95187bbe22a6c7d640d97427eb31aaaf_s

年収600万以上の生活ってどんな感じ?いろいろ調べてみた

知人の生活 私は、様々な業界に知人がおり、彼らと話すことによって多くの情報を得ることができます。 知…

9fddec4a211943f1b9cdd593b1ca7077_s

サービス業は稼げる仕事?稼げない仕事?

    サービス業の定義   そもそも、サービス業って何?という疑問を…

pl-201459057306-550x365

年収1,000万以上稼ぐのにやるべきこと

求められるスキルを見定めるスキル 転職市場で求められるスキルを見定めるスキルが最も大事です。 直接的…

d3b0341ad44086c5a3ff98ca7c095ed3_t

年収500万以上の生活を送る際の注意点

年収500万円の実態 生活を語る上で必要になってくるのが家計であり、可処分所得です。 可処分所得とは…