年収500万以上稼ぐにはマストなスキルと知識があるってホント?

年収500万円を稼ぐためには何が必要でしょうか。
すでに稼いでいる人も、そうでない人も、それだけ稼ぐためには何が必要なのかを一度は考えてみると良いでしょう。
これができたから成功できた。

自分にはこれが足りないから、まだ年収が低いのかもしれない。
そうしたときに、ふと見えてくるものがあるはずです。
今回は年収500万円を稼ぐためにひつようなスキルや知識についてお話していきたいと思います。

年収500万円とはどういうことか

年収500万円の人の割合は全体の30%ほどと言われています。

日本人の平均年収は420万円ですが、中央値は350万円ほどになっており、ボリュームゾーンもそのあたりになっています。

それを考えると、かなり良い年収と言えます。

平均的な男性がこの年収にたどり着くのは、30代の終わりから40代の初めにかけてです。

概ね、中流以上の生活ができる年収でもあります。

さて、ではこれだけの年収を得るためには何が必要なのかから考えていきましょう。

 

pexels-photo-67112

職業から考える

 

年収500万円以上稼ぐために必要なものを考えるとき、まずは職業を見て、そこからその職業に就くために必要なものを考えるという道筋があります。

 

薬剤師                                                            年収       552.62   万円

電車車掌                                                        年収       547.01   万円

診療放射線・診療エックス線技師                          年収       545.85   万円

圧延伸張工                                                     年収       544.18   万円

自動車組立工                                                 年収       538.56   万円

発電・変電工                                                 年収       526.63   万円

各種学校・専修学校教員                                 年収       525.04   万円

港湾荷役作業員                                              年収       523.29   万円

化学分析員                                                     年収       520        万円

臨床検査技師                                                 年収       514.47   万円

社会保険労務士                                              年収       506.72   万円

クレーン運転工                                              年収       506.18   万円

一般化学工                                                     年収       505.15   万円

機械製図工                                                     年収       501.59   万円

看護師                                                            年収       493.79   万円

旅客掛                                                            年収       490.63   万円

自動車外交販売員                                          年収       485.81   万円

化繊紡糸工                                                     年収       484.53   万円

 

 

年収500万円付近の仕事をあげてみると上記のようなものになります。

これらの仕事を眺めて、見て何が必要か抽出してみましょう。

 

 

まずは資格

 

まずは資格が目につきます。

薬剤師、放射線技師、社会保険労務士、クレーン運転士、看護師、などなどです。

飛行機のパイロットや、弁護士、医師などの資格もありますが、それらは年収が700~1000万円を超えます。

弁護士などは合格までに8000時間以上の学習時間を確保する必要があると言われていますが、そこまでいかなくとも年収500万円を狙うなら、このような資格があります。

年収500万円をかせぐために必要なものは、いくつかの種類の資格と言えます。

 

 

早い決断

 

もう一つは早い決断と言えます。

これらの仕事を眺めていると、必ずしも学歴は必要ないことが分かります。

高校を出た後で、大企業の現場職に就職できれば、下手な大卒よりも年収が高くなることも多いですが、電車車掌や圧延伸張工、自動車組立工などはその例と言っていいでしょう。

早い決断とは、人生の早い段階での決断です。

何をしたいか、迷っていると時間だけが過ぎていきます。

自分の未来を決めるということは、他の可能性を閉じることにもなり、勇気がひつようです。特に若いうちはそうでしょう。

しかし、自らの道を見据えて、一歩踏み出すことができれば、年収500万円なら稼げてしまうのも事実です。

 

 

人柄と行動力

 

保険外交員と自動車外交販売員のような営業職でも、年収500万円は稼げます。

営業職は給料における基本給の割合が低く、逆に歩合給の割合が高いため、成績がダイレクトに給料に反映されることが多い仕事です。

人柄と行動力が求められ、バリバリ稼ぎたい人には向いている仕事と言えます。

ただし、当然、向き不向きもあり、成績が挙げられない人は、低い基本給だけで生活することになり、経済的なものを理由に退職する人も多い仕事です。

学歴も資格もほとんど必要なく、成績だけが全てとも言える世界でもあります。

 

 

一般企業に勤めている場合

 

ただし、すでに一般企業に勤めている方も多いと思います。

そんな人たちの場合はどうでしょうか。

 

大手企業の場合はリーダーとしてのスキル

 

一流企業とまではいかないが大手企業に勤めているという方もいるでしょう。

もし、あなたがそうならば年収500万円稼ぎたいと思ったらリーダークラスになる必要が出てきます。

これは会社によって違いますが、平社員でも年収500万円なら、そのまま頑張るだけでなんとかなります。

しかし、リーダーレベルに出世する必要がある場合は、それなりの知識とスキルが必要です。

リーダーとは、部下を同じ目的に向かって走らせることができる人の事です。

コミュニケーション能力は当然として、管理能力や、ある程度の実務能力も求められます。

合わせて読むべき記事

clean-setup-keyboard-and-glossy-desktop-display-picjumbo-com (2)

年収1,000万以上の仕事をしている人の共通点

稼ぎ方は人それぞれ   年収1000万円以上の人は全労働者の5%未満です。 しかし、数はそ…

business-988179_1920

大卒ならがっつり稼げる仕事につこう!正社員なら年収〇〇円も可能!

大学生は、新卒採用の重要性を重要視すべき 新卒採用の是非について意見を言う前に、まず日本では新卒採用…

notebooks-569121_1280

男で年収500万円稼ぐなら知っておきたいこと

年収も同様であること 「他人と比べて自分の年収はいくらか」「一般的に多いのか低いのか」「どのようにす…

pexels-photo-533189

男性必見!東京で高収入な仕事ランキング

【東京】高収入仕事ランキング   東京都の平均年収612万円。 中央値572万円となります…

publicdomainq-0019218vqg

年収をUPさせたい…20代の営業マンが年収UPするためにすべきこと

営業マンに求められるもの それでは営業マンが年収をアップさせるために必要なものは何でしょうか。 営業…

office-2009693_1920

年収1000万以上稼ぐには外せないビジネスの心得と稼ぎ方の全て

年収1000万円稼ぐためのビジネスの心得 まずは自分の現状を確認   年収1,000万円稼…

pexels-photo-518543

年収1000万以上稼ぐにはどのような準備が必要なの?

年収1000万以上稼げる仕事につく 近年の日本の平均年収は420万円ほど。 年収1000万円となると…

pexels-photo-533189

年収1,000万以上の生活を送りたい方必見!高収入の仕事に就くためにしておくべきこと

      1.仕事に必要な資格を取る   そもそも、その資…

watches-picjumbo-com

年収を増やすために役に立つ資格とは?

情報処理推進機構の定める資格 情報処理推進機構という独立行政法人があります。 この法人では、基本情報…

entrepreneur-593378_1280

年収600万以上の仕事とは

とにかく画一的な業務ではない 担当する人が変わっても提供するサービス自体が変わらないスーパーのレジや…