年収500万以上の生活ってどんな感じ?実は意外と普通なのでは?

日本では、会社員の平均年収が400万円台と言われている中、数少ない年収500万円以上の生活をしている人がいます。
そんな彼らに憧れ、羨ましい…と思う人も多いものです。

でも、実際は、年収500万円以上の生活をしている人たちも、地に足をつけて、意外と普通の生活をしていることが分かりました。
今回は、そんな彼らの平均的な生活について年収500万円~800万円にかけてご紹介します。

年収アップすることは、自分の努力次第で願いは叶います。憧れる生活スタイルをイメージして仕事を頑張りましょう!

生活レベルは年収の金額ではなく、手取りの金額によって決まる

7bae5f4122aa69f6d901c518256e2dc4_s

一般的なサラリーマンをしていると、額面支給額から様々な項目が控除されて、最終的に手取りの金額になります。

そして、年収というのは基本的に額面支給額の金額を表しているものになっているために、生活レベルを測りたい場合は、額面支給額ではなく手取りの金額を算出することが重要です。

額面支給額が多いのにも関わらず、手取りが少ないというのは、所得税や住民税、保険料の他に、積立金や社債購入費などに充当されている可能性が高いです。

そして、税金や保険以外の控除については、その会社で働く環境を改善するまたは、自分の将来のための投資として使われているということになるために、年収500万円~800万円という漠然とした数字を挙げても生活レベルを比較することは非常に難しくなっています。

一般的なサラリーマンの場合、額面支給額と手取り金額の計算方法については、額面支給額の75%~85%が手取り金額となっていて、額面支給額が高くなればなるほど所得税や住民税といった税金として支払う金額も高くなるために割合は下がる傾向にあります。

そのため、賞与を含む年収が500万円ということは、手取り金額で400万円程度ということになり、月換算すると33万円前後ということです。

この金額は年2回支給される賞与も月換算に割り振っているために、賞与の金額が2回で100万円だとすると月給の手取りは25万円前後ということになります。

月給25万円から、家賃や光熱費、食費などの諸費用を引いていくと、残る金額というのは住んでいる地域にもよりますが5万円~10万円となります。

ここから交際費や貯金などをするということになりますので、年収500万円の生活というのは、日本の労働者の平均年収よりも高くなっていますが、生活レベルに関しては、それほど大きな違いは無いということに繋がります。

結婚しているまたは子どもがいる状況では個人年収ではなく、世帯年収で考える

2017年現在の日本で、結婚をすることによって金銭的な面での生活にゆとりが生まれるというように考えている人は非常に少ないです。

独身の頃と違って、家庭を持つということでマンションや戸建てを購入するという人も多くなり、住宅ローンや自宅のインテリアなどの費用を捻出しなければならない人も多いでしょう。

そして、家庭を持って子どもが生まれれば、子どもを育てることになるために夫婦のどちらかの収入が格段に落ちることになります。

年収が少なくなるのにも関わらず、子どものためにお金を使わなければならない状況になるために、近年の日本で社会問題となっている少子化問題に繋がってしまいますが、重要なのは年収による生活を測る際に、既婚と独身では分けて考えるということです。

結婚している場合は、当然のことながら支出が多くなるというように思われがちですが、夫婦で同じ家に住むと考えた場合に、1人あたりの生活費に関しては独身時代よりも安くなる傾向にあります。

そのため、結婚していて子どもがいない世帯に関しては独身時代よりも金銭的な面で生活にゆとりが生まれるということになりますが、子どもが生まれた場合は世帯年収が半分程度になってしまうことも珍しくないために、金銭的な面で苦労する方が多いということになります。

これらのことから、既婚者の場合は、個人の年収だけではなく、世帯年収を計算することによって、自分に合った生活レベルを算出することが出来るようになります。

 

年収300万円と500万円での生活レベルは、それほど変わらない

2017年現在の日本の労働者の平均年収は400万円台だとされていて、年収が300万円と500万円が優劣の境目だとされていますが、生活レベルに関しては年収300万円と年収500万円で、それほど変わらないということを知っておいて下さい。

年収が500万円の場合は、賞与を100万円とした場合に、月給が手取りで25万円程度になります。

そして、年収が300万円の場合は、賞与を60万円程度だとすると、月給が16万円~18万円程度の手取りということになり、年収500万円の人と比べると、大きな違いがあるように見えますが、生活レベルについてはそれほど大きく変わりません。

月給が16万円~18万円ぐらいの手取りだとすると、家賃や光熱費、食費などの生活費で無くなってしまうように思われますが、日常生活を送る際の金額については、それほど異なるポイントがありません。

確かに、毎月の貯金をすることが出来ないということや、旅行に行く機会が少ないというような違いは発生してしまいますが、毎日の生活を送るということを考えると、年収300万円と年収500万円で大きな違いは無いということです。

しかし、この計算というのは、基本的に「独身である」ということが条件となっていますので、結婚しているまたは子どもがいるという状態で、世帯年収が300万円では生活をしていくのにも困窮することになるでしょう。

このように、年収によって生活レベルの違いが大きく発生するのかと思っていても、実際に年収が500万円~600万円ぐらいの場合は、それほど大きな違いがないということが良く分かりました。

また、現在の日本では年収が高くなることによって仕事をしなければならない時間も長くなる傾向にありますので、ライフワークバランスを考えて仕事をすることが見直されています。

d5290935f2cf2b17f630cda6e0593881_s

合わせて読むべき記事

business-2981370_1920

年収500万以上稼ぐ人には〇〇が備わっている!?

年収500万円以上の仕事 年収500万円以上稼げる人と、そうでない人の違いを知るための方法の一つとし…

729e60915227a2124ca6595a4d2e5618_s

年収500万円を稼ぐためにはどれくらい働けばいい?営業マンと飲食店で徹底比較

  正社員・中堅という基準を設けてみる 両者を比較する為に、正社員・中堅という基準を設けて…

131155836741513119520_photo012_20110725104607

年収500万以上の仕事って何?

新卒~30歳までに年収500万以上貰える業界   外資系投資銀行/外資系コンサルティングフ…

calculator-1680905_1920

現在のあなたはどのレベル?20代営業の平均年収

20代営業職平均年収 20代の平均年収は近年350万円前後。 その中で営業職の平均年収が364万円と…

0da314e13c4114e3baffc10a7ac3a8dd_t

年収1,000万以上の仕事に就きたい男性必見!身に付けておくべきビジネスマナー

  年収1,000万円以上の仕事で必要なマナーを考える   様々な統計を見ると年…

work-and-travel-hotel-room-office-picjumbo-com

比較的簡単にとれて給料がいい資格って何? 

そこそこ難しくはあるが、独立・副業も出来る行政書士 法律系資格は数多くあり、司法試験・司法書士試験か…

24341487fc26056fffcdb77bc2e8c468_t

将来年収500万以上稼ぐには?転職をする時のポイント

  転職ポイント   ここでは、年収500万円を達成したい人のために、転職に話を…

0da314e13c4114e3baffc10a7ac3a8dd_t

年収1000万以上稼ぐために、今日からできることとは

    年収1000万円を稼ぐために   さて、それでは年収1000万…

minimalistic-and-clean-home-office-cumputer-setup-picjumbo-com (1)

年収1000万以上稼げる!おすすめの仕事

平均年収が1000万円以上の仕事 パイロット 年収1712万円。 就職する企業の規模によって、年収に…

8012c9c117c4dafcac4e925aaf43f9f7_s

年収1,000以上稼ぐには何ができる?稼ぐ人の特徴と人生を変える方法

稼ぐ人の特徴 能力やスキルをいきなり向上させることはできません。 よっぽどの天才か、もともとの素養が…