年収500万以上の仕事に転職する方法

年収500万円以上の仕事に就いているのは全労働者の3割程度となっています。

もっともこれは契約社員やアルバイトも含めた給与所得者の割合で見ているので、実態はもう少しよくなりそうです。

正社員の男性のみで見た場合、平均年収は521万円となっており、達成するのにそれほど難しい年収ではないようにも見えますが、業界間や会社間での給与の格差もあり、実際には400万円台前半がボリュームゾーンであるともいわれています。

年収500万円以上の仕事

 

それでは年収500万円くらいの仕事はどのようなものがあるでしょうか。転職するにしても、どのような職業が年収500万円かを知っていれば対策も立てられそうです。

以下、厚生労働省が発表している『賃金構造基本統計』の28年度版のデータから、年収500万円付近の仕事を一部抽出しました。

500万を下回るものもありますが、平均年収なので自分次第では年収500万円以上になる可能性を考慮して記載しました。

 

  • 保険外交員                                      636.85   万円
  • システム・エンジニア                     560.21   万円
  • 診療放射線・診療エックス線技師          560.85   万円
  • 自動車組立工                                  538.56   万円
  • 港湾荷役作業員                               523.29   万円
  • 社会保険労務士                                506.72   万円
  • 看護師                                             493.79   万円
  • 自動車外交販売員                            485.81   万円
  • 機械修理工                                       479.25   万円
  • 電気工                                             472.55   万円

 

 

転職するには

pexels-photo-261662 (1)

 

これらの仕事を見てみると、必ずしも大卒である必要はないようです。ただし、先のリストの中にあった自動車組立工にしても、機械修理工にしても、できるだけ大手の企業に就職することが年収を確保する上で大切になってきます。

よって、工業高校などで好成績を収めている人の就職口となっており、転職には向かないかもしれません。

それではどのような仕事なら、転職しやすいと言えるのでしょうか。

 

資格を取る

 

まずは資格を取って転職するのが筆頭に上がってくるでしょう。

独占資格のある国家資格ならさらに稼ぎやすくなります。

先にあげた職業でいえば、放射線技師や社会保険労務士、看護師、電気工などです。

放射線技師と看護師は専門学校などに通ったりしながら資格を取得する必要があります。

 

また、社会保険労務士は合格までに約1000時間の学習時間を確保する必要があると言われています。一日2時間でも500日です。3時間なら、一年ほどかかる計算になります。

 

さらに電気工などが工事で使う資格、第二種電気工事士などは150時間の勉強時間で取得できると言われています。電気がなくならない限り、仕事がなくなることがないと言われていますが、その分多忙で労働時間も長いため、体力も必要になってきます。

ただし、短い時間で転職を考えているなら、取りやすい資格とも言えます。

年収をさらに上げるには、さらに第一種電気工事士をはじめとして別の資格の取得もしていく必要があります。

 

 

営業職

 

保険外交員や自動車外交販売員などの営業職も比較的高年収になります。

これら営業職はさまざまな業界にありますが、多くは給与に占める歩合給の割合が高く、基本給の割合が低いため、成績が振るわない場合は給料もぐっと下がります。

逆に好成績を収めることができるならば、会社のシステム次第では、一年目からでも年収は1000万円でも2000万円でも稼ぐことができます。

営業職は就職するために、特に何かを求められることはありません。外まわりが多くなるので運転免許くらいは必要になることもありますが、それは会社にもよります。学歴も資格も求められない代わりに成績が全ての側面があります。

成績を上げるには様々なスキルが必要だと言われますが、大ざっぱにくくると人柄と行動力がものを言います。

契約がとれるかどうかは、信頼関係の先にありますので、人柄もものを言いますし、そのサービスや商品を求める人を探し出してアクセスするためには行動力も必要になってきます。営業職で成功を収めた人は、独立して会社を興すことも多いのが特徴です。

 

入ってからが大変かもしれないが

 

システム・エンジニアや港湾荷役作業員なども転職しやすい職種と言えます。

ただし、エンジニアの場合、大手のシステムインテグレーターなどに就職した場合と中小のソフトハウスなどに就職した場合では大きく年収は違ってきます。

もっとも、腕がモノをいう職人のような世界の側面もあり、設計にしろ、プログラムにしろ、質に大きな差が出ます。

良いプログラマーやシステム・エンジニアはそれだけの価値を認められ、外資系など好待遇で迎えられます。

 

また、港湾荷役作業員も比較的稼げる仕事と言えます。

ただし、残業時間が多くデータでは月に40時間程度と言うことなので、20日稼働だと毎日二時間、つまり一日10時間くらいの労働時間になります。

理由は飛行機や電車などと違い、船というのは到着が2~3時間遅れるのは普通だそうで、その間に待機していなければならないからです。港に到着した船から荷物を降ろして、倉庫に運んだり、逆に倉庫から船に積み込んだりと体力が必要な仕事ですが、平均年齢は約40歳くらいなので若くなければ務まらないということもないようです。

 

 

まとめ

laptop-2604524_1920

 

以上、年収500万以上の仕事に転職する方法、と言うことで見てきました。

資格をとって転職するか、転職した後で成果を上げるかの二つが主な道筋となってきます。

転職しやすいのは後者ですが、その仕事に就いた後に努力が必要となってきます。

 

 

合わせて読むべき記事

photographer-designer-office-workspace-setup-from-above-picjumbo-com (2)

業種別にみる営業職20代の平均年収とは?

ある一定レベルの規模のインフラ系企業(電気、ガス、通信 等) 基本給が高く、営業職の旨味であるインセ…

watches-picjumbo-com

年収を増やすために役に立つ資格とは?

情報処理推進機構の定める資格 情報処理推進機構という独立行政法人があります。 この法人では、基本情報…

29545cb16d836240304199a00ae64286_s

年収500万以上の人の生活と年収500万以下の人の生活の違い

年収500万円の壁   年収500万円というのは一つの壁になります。 平均年収としては30…

achievement-agreement-business-886465

年収1000万以上稼ぐには?高収入者の共通点

    【年収1000万円以上】高収入者の共通点   「学ぶ」という言…

publicdomainq-0020186gnx

年収1000万以上稼ぐにはどんな資格や特技を持っておくべきなの?

年収1000万円以上稼げる仕事をみる 年収1000万円稼ぐために必要なスキルや資格を知りたければ、ま…

pexels-photo-267674

20代で年収500万以上稼ぐには?読んでおきたいビジネス本5選

  20代で読んでおきたいビジネス書5選   20代で読んでおきたいビジネス書5…

writing-1149962_1920 (3)

年収1,000万以上稼ぐには〇〇をしたほうがいい!

年収1,000万円は、どういうレベル?   日本人の平均年収は420万円。 男性のみに限っ…

ipad-home-button-detail-picjumbo-com

年収1,000万以上の生活を手に入れるコツ

そもそもあなたの年収はいくら? 年収1000万円以上の生活を手に入れるというゴールを設定したとき、次…

29545cb16d836240304199a00ae64286_s

年収1000万以上の仕事を探すときに注意すべきポイント

年収1000万円に対する感覚   年収1000万円というのがサラリーマンにとってひとつの目…

P1100451

年収500万以上の生活ってどんな感じ?実は意外と普通なのでは?

生活レベルは年収の金額ではなく、手取りの金額によって決まる 一般的なサラリーマンをしていると、額面支…