年収1,000万円以上の仕事にはどんなものがあるのか

年収1,000万円と聞くと反射的に「勝ち組」という言葉が頭をかすめるのではないでしょうか。
気概のあるサラリーマンの方々は「目標」と答えるのかもしれません。

平成27年度の平均年収は約420万円。
数字だけ見るなら、単純に倍以上稼いでいる計算になり、割合別に見ても年収1000万円を超える人は例年5%未満なのですから、まさに勝ち組と言えます。

日々、多くの方は懸命に働いてお金を稼いでいることと思います。
しかし、なかなか収入は増えることはない。

それはなぜか? 
理由はいくつがありますが、その中の一つにそもそもの職業の違いがあります。

 

国家資格編

 

高収入の職業と言われて、真っ先に頭に浮かぶのがいわゆる国家資格を有する職業で、医師、弁護士、公認会計士、などが高収入を期待できる仕事です。

平均年収だけを見るならば、医師・弁護士の平均年収が約1100万円、公認会計士・税理士が約717万円です。

1000 万円超えていない職業もあるのでは?

と思うかもしれませんが、これはあくまで平均なので、公認会計士や税理士の中にはもちろん1000万円の年収を超えている方が大勢いらっしゃいます。

もっとも、国家資格を取得するのは極めて困難であるため、誰でもなれるというわけではありません。

また、仮に資格を取得したとしても就業してからの努力や身の振り方次第で、大きく差ができるため、いっそうの努力が必要になるでしょう。

しかし、努力次第ではさらに多くの年収を期待できる職業でもあります。

 

(参考:http://nensyu-labo.com/2nd_sikaku_nensyu.htm)

 

 

学歴編

0a205e91bb3bbcce22048142dbbc04b6_s

もし、学問が好きなら大学教授を目指す手もあります。

大学教授の平均年収は約1130万円。

ただし、大学教授になるためには何段階ものステップアップが必要で、まずは大学で博士号をとる必要があります。

その後、大学教員の求人を探して就職し、助手、大学講師、助教授を経て、ようやく大学教授になれます。

たどり着くまでが長く、そのため大学教授の平均年齢は高く56.7歳となっています。

しかし、教授になるまでが苦しいかというと、そうでもありません。研究や論文の作成などでたくさんの力を使うのかもしれませんが、経済的にはかなり恵まれているようです。

データによれば大学助教授の平均年収は約880万円、大学講師の平均年収が約773万円と日本の平均年収420万円を大きく上回っています。

ただし、大学教授の年収は1000万円を超えるとはいえ、そこから大きく伸びるという事はなさそうです。

大学教授の収入は、大学から支払われる給与、本の印税、講演会の出演料などですが、兼業の収入が本業の収入を超えてはならないという規定などもあり、1,000を超えてからは大きく伸びることは難しそうです。

とはいえ、教育機関としての大学で人材を育成するため、社会的な意義は大変大きく、その社会的地位は他のどの職業よりも確かです。

 

(参考:http://blog.chase-dream.com/prof_reality/prof_salary)

 

 

サラリーマン編

 

医者や弁護士、あるいは大学教授というのも確かに一つの手ではありますが、もっとも一般的な手段として、高額の給与が支払われる企業に勤めるというのが年収1000万円を目指す上でのもっとも現実的な手段なのではないでしょうか。

いわゆるサラリーマンです。

2015年、平均年収の高い企業のランキングのデータを見ますと実に50ほどの会社が平均年収1,000万円を超えているのがわかります。

その中にはメディア、通信、商社、金融、製薬会社、コンサル業などを生業としている企業が名前を連ねています。

これらの企業に就職するには、やはり相当の努力が必要となってくるでしょう。

一定以上の学力の大学を卒業することもそうですが、その中で、さらに差をつけることでより就職しやすくなります。

学生であれば在学中に何らかの実績を作ることを考え、資格を取るなどして他の学生との差別化を図ることも大切ですし、中途採用を狙うなら、転職前の企業での実績も大きくものを言います。

 

(参考:http://toyokeizai.net/articles/-/71024?page=2)

 

 

スポーツ選手・その他

 

将来の夢は何? と子供の頃に聞かれたことがある人は多いでしょう。

たとえば、男の子だったら「サッカー選手!」「野球の選手!」「飛行機のパイロット!」などと無邪気に答えるかもしれませんが、大人として現実的に考えても、かなり高収入の職業のようです。

ちなみにサッカー選手の平均収入はJ1リーグで約2200万円、野球選手の平均収入は

約3700万円、飛行機のパイロット約1500万円ですので、年収1,000万円を楽に超えています。

しかし、やはりなかなかなれるものでもなく、スポーツ選手になるためには天性の才能によるところが非常に大きいのも特徴です。

ちなみに宇宙飛行士の平均収入も調べたのですが、35歳で35万円程度だそうです。

スポーツ選手や飛行機のパイロットと違い、宇宙飛行士は本当の意味で夢にかける職業であることがわかります。ただし、宇宙へのフライトが決まった年の年収だけは1000万円を超えるそうです。

(参考:https://matome.naver.jp/odai/2141307412830598601

:http://nensyu-labo.com/syokugyou_pairotto.htm )

 

 

まとめ

modern-graphic-designer-essentials-picjumbo-com

ここまで年収1,000万円以上の仕事にはどのようなものがあるのかを見てきました。

どれもなるには一筋縄ではいかない職業ばかりでしたが、一番現実的に1,000万円を目指すならば、国家資格を取るか、高給の企業に勤めるといった手段が妥当でしょう。

人にはそれぞれ適性があるため、自分にあった方法で職業を選ぶ必要があります。

合わせて読むべき記事

laptop-2557574_1920 (1)

年収500万以上の仕事に就くためにしておきたいこと

年収500万以上の仕事にはどんなものがあるか まずはどのような仕事が年収500万円以上かを見ていく必…

d3b0341ad44086c5a3ff98ca7c095ed3_t

東京で仕事を探している男性必見!高収入を狙える職種とは?

    東京で高収入を狙える仕事   東京都の平均年収は610万円前後…

wood-2557258_1920

独身で年収500万以上稼ぐ人の生活の実態とは

年収500万円の可処分所得 可処分所得という言葉をご存知でしょうか。 よく言われている言葉を使うと、…

business-agency-team-working-on-new-ideas-picjumbo-com (3)

「年収1,000万以上」ではどんな生活になるのか

年収1,000万円の生活   それでは年収1,000万円の生活を見ていきましょう。 中小企…

computer-2565478_1920

年収500万以上の仕事はどんなものがあるのか

年収500万円以上の仕事   年収500万円以上の人が全体の3割程度であるのはわかりました…

AdobeStock_64617196

あなたの年収はどのレベル?20代営業の平均年収

20代の営業の平均年収   国税庁の調査では、20代の平均年収は296万円となっています。…

office-2009693_1920

年収1000万以上稼ぐには外せないビジネスの心得と稼ぎ方の全て

年収1000万円稼ぐためのビジネスの心得 まずは自分の現状を確認   年収1,000万円稼…

1fb44a9754ff0e5b28f08b8fc6ad607b_s

未経験から正社員に!稼げるお仕事ランキング

    未経験から正社員へ。稼げる仕事ランキング     1…

achievement-agreement-business-886465

年収1000万以上稼ぐには?高収入者の共通点

    【年収1000万円以上】高収入者の共通点   「学ぶ」という言…

P1100451

年収500万以上の生活ってどんな感じ?実は意外と普通なのでは?

生活レベルは年収の金額ではなく、手取りの金額によって決まる 一般的なサラリーマンをしていると、額面支…