年収1,000万以上稼ぐには〇〇をしたほうがいい!

年収1,000万以上稼げている人は全体の5%未満です。

100人中5人と考えると結構居そうな感じがしますが、実際一般企業のサラリーマンでも十分目指せる年収であるため、明確な目標にしやすい数字でもあります。

ただし、高額の年収であることには違いないため、それ相応の努力も必要になってきます。
平均的な成果を出して普通に働いているだけでは、一生得ることのできない年収とも言えます。

年収1,000万円は、どういうレベル?

 

日本人の平均年収は420万円。

男性のみに限って言えば、平均年収は次のようになっています。

 

  • 30代平均年収:484万円
  • 40代平均年収:598万円
  • 50代平均年収:646万円

 

あくまで平均年収であり、これ以下の年収の人のほうが多いくらいです。

このような状況の中で、年収が1,000万円を超えているのは、大学教授、弁護士、医師などをはじめとした高度な専門知識を持っている人、一流企業のサラリーマン、中小企業の経営者・役員などになります。

 

pexels-photo-261654

10代なら名門大学を目指したほうがいい

 

日本の平均年収が420万円である一方、一部の大手企業では平均年収が1,000万円をこえている会社もあります。

東証一部を見ると60社ほどありますが、これらの一流企業は名門大学の卒業生を中心に採用することが知られていますので、まだ10代なら名門大学を目指すのが年収1,000万円への一つの道になります。

また、大学受験は一発勝負ですので失敗してしまったら、浪人するのもよいですし、大学院進学でより偏差値の高い大学へ移るのも手です。

大学に入る時点で医学部に入学できれば、医師への道が開かれます。大学で6年、研修医として2年以上学ぶ必要があり本格的に活躍できるのは30代以降となります。

また、そのまま大学に残って大学教授を目指す方法もあります。

大学教授の平均年収は1,000万円を超えていますので、順調にステップアップしていければ目的を達成できます。大学教授になれるのは、所属している大学にもよりますが早くても30代の後半からと言われています。

 

 

稼げる業界・会社を知っておいたほうがいい

 

どのような仕事でも高い報酬を得ることは可能ですが、やはり世の中には稼ぎやすい仕事とそうでない仕事があります。

当然、業界間・会社間でも年収に差はありますので、どこに就職すれば、どれくらいの期待値があるのかを知っておく必要があります。

基本的に高年収の業界は、TVや新聞などのメディア業界、金融業界、総合商社などになります。

ただし、業界年収が高いからどこの会社でもいいかと言うとそうはなりません。

やはり平均給与が高いのは業界の大手企業です。

新聞なら全国紙、TVならばキー局、金融業界ならメガバンクなど。

業界の平均年収が高いということは同業界への転職の際に減俸のリスクが小さくもなり、また同業界の中小企業でしっかりキャリアを積めば大手に転職して収入を上げることも可能になりますので一考の余地があります。

 

 

20代のうちに必要な資格の取得をしておいたほうがいい

 

10代・20代ともにお勧めなのが、資格の取得です。

自分の進む道に必要な資格取得を目指してもいいですし、自分の仕事で補助的に使うものでも20代のうちに揃えておくのが良いです。

特にそれ一本で稼げる資格と言うと筆頭は弁護士・公認会計士などですが、これは医師と並んで日本3大国家資格と言われています。

ただし、資格取得には膨大な学習時間を確保する必要があり、5000時間以上だと言われています。

一日4時間勉強したとしても4年ほどになります。

弁護士の合格平均年齢は28~29歳。公認会計士で26歳程度となっています。

また、現在の仕事に必要な資格も取っておいたほうが良いでしょう。

不動産関係なら不動産鑑定士や土地家屋調査士、開発関係などならIT関係の資格、商社ならTOEICなどで高得点を取得するなどです。

 

 

人の使い方を学んでおいたほうがいい

 

年収1,000万円を超え始める人が増えるのは、30代後半~60代にかけてになります。

それくらいの年齢のビジネスマンに求められるのは、リーダーとしての素養や、管理者としての実力になってきます。

逆に言えば、リーダーや管理者になるからこそ高年収の道が見えてくるとも言えるのです。

さらに年収1,000万円を超えているのは、社員100人ほどの中小企業の経営者や役員も多いというデータもあります。

年収1,000万円以上の人の割合は5%未満と言いましたが、100人の企業なら役員は5人程度でしょうから、数字と現実が何となく重なって見えてくると思います。

しかし、人の使い方、管理の仕方とはどのようなものでしょうか。

これは会社や管理者個人によって違うので一概には、言えません。

放任主義で任せておいたほうがいい場合もあれば、毎日、日報を提出させてその仕事を管理する場合もあります。

 

 

まとめ

pexels-photo-416704

年収1,000万以上稼ぐには〇〇をしたほうがいい!ということで見てきました。

高年収の仕事に就くためには、学歴、専門知識やスキル、資格の取得、リーダーとしての資質などが必要になってきます。

どれか一つでも持っていれば目標の年収を稼げる可能性がぐっと高まってきます。

合わせて読むべき記事

865b8c7dbaf1c427818a6e2bf3599084_s

どうやったら年収500万以上の生活ができるの?稼ぐ男から学ぶワークライフバランスとは?

ワークライフバランスで重要なのは年収? まず、ワークライフバランスという言葉の定義から念のため説明し…

fc0827f351a1f069a316268a7650fc19_s

年収500万以上稼ぐには?今すぐはじめたくなる3つのヒント

アルバイトでも年収500万は可能 結論としては、アルバイトやフリーターの方でも年収500万円以上稼ぐ…

pexels-photo-267674

20代で年収500万以上稼ぐには?読んでおきたいビジネス本5選

  20代で読んでおきたいビジネス書5選   20代で読んでおきたいビジネス書5…

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s

年収1,000万以上の仕事に就くために必要なスキルや知識とは

年収1000万円もらえる仕事にはどんなものがあるのか   まず、年収1000万円を超える仕…

9fddec4a211943f1b9cdd593b1ca7077_s

年収500万以上の生活をする人と年収500万以下の生活をする人の違い

どこで差がついたのか   近年の日本人の平均年収は420万円。 あくまで平均なので、これよ…

08e52cdf6522eafd070571b437159297_t

年収1000万以上の生活を送る際の注意点

年収1000万円以上という意識 年収1000万円といえば、大台です。 割合も5%未満なので全体的に見…

bc0e5a0a438b321594ed1d73d29f330c_s

年収1,000以上の生活の実態調査

年収1,000万円の手取り 総支給から税金などを引いた、実質自由に使えるお金のことを可処分所得と言い…

laptop-with-time-screen-saver-on-office-desk-picjumbo-com

業界別20代の営業職の平均年収は?

 業界別の平均収入 同じ20代で、同じ営業職でも業界によって平均収入は違ってきます。時代の流れや、景…

watches-picjumbo-com

年収を増やすために役に立つ資格とは?

情報処理推進機構の定める資格 情報処理推進機構という独立行政法人があります。 この法人では、基本情報…

gahag-0115295021-1

【大阪版】働く男はかっこいい!稼げる仕事一覧

  大阪で稼げる仕事一覧   それでは大阪で稼げる仕事の一覧を見ていきましょう。…