年収1000万以上稼ぐために、今日からできることとは

日本の平均年収は420万円なので、年収1000万円といえば、その倍以上を稼いでいることになります。

ちなみに年収1000万円を超えている人の割合は3%~5%ほどとなっています。

100人のうち3人から5人が年収1000万円を超えていると聞いたとき、それを多いと思うか少ないと思うかは人それぞれだと思います。

しかし、それだけの数の人がいるのなら、もしかしたら自分も狙えるのではないかと思える金額でもあります。

事実、年収1000万円は多くのサラリーマンの目標であり、自分で起業しなくても十分達成できるだけの額だからです。

 

 

年収1000万円を稼ぐために

 

さて、それでは年収1000万円を稼ぐためには何をしたらいいのでしょうか。

方法はいろいろありそうですが、何事も今の自分ができることから始めるしかありません。

今日からできることを積み上げることで、いずれ大きな目標に到達するのです。

しかし、やり方を考える前にゴールを設定する必要が出てきます。

年収1000万円というゴール地点は、実はいくつも存在しているので、そのどこかに到達するためにできるだけ努力を集中したいからです。

ゴールがいくつもあるからと言って、その間をふらふらしていてはいつまでたっても到達できません。

ここでは、そのゴールの姿、つまり、年収1000万円を稼いでいる人がどんな職業についているのかを見ていったほうがよいでしょう。

 

 

年収1000万円を稼いでいる人たち

 

年収1000万円以上、稼いでいるのはどのような人たちでしょうか。

 

  • 一流企業のサラリーマン
  • 大手企業の中間管理職
  • 中小企業の経営者や役員
  • 大学教授
  • 飛行機のパイロット
  • 医者
  • 弁護士
  • 会計士
  • その他、高度な専門知識やスキルを持つ人
  • トップ営業マン

 

などが当てはまります。

0c05603b88d41b6f2f81d1d266475581_s

年収1000万円を狙う場合

 

東証一部上場企業の中には、平均年収が1000万円を越える会社が60社ほど存在しています。そのような会社に入るためには、新卒の場合はまずは学歴が必要となってきます。

また就職前に何らかの社会的な成果をあげていた場合も評価の対象になります。

仮にそのような会社に入れなかったとしても、会社の中で出世していくことができれば、年収1000万円に到達する見込みは十分あります。

大手企業ならば中間管理職くらいで、この辺りの年収を得ることができます。

100人程度の会社ならば、役員や社長の給料は大体1000万円ほどになりますので、中小企業に勤めているからと言って可能性がないわけではありません。

 

サラリーマンが年収1000万円を達成しようとおもったら社内の出世が第一候補に上がります。しかし、出世と一口に言ってもなかなかできるものではありません。

成果を出したり、上司に認めてもらったりする必要もあるのですが、そのために今日からできることを考えてみましょう。

 

 

1.意識を変える

 

まずは仕事に対する意識を変えるところからスタートするのが良いでしょう。

意識だけならば、すぐに変えることができます。

まずは前向きに仕事をこなしているかということ。

給料が低いと感じている場合、こんな給料で仕事ができるか、と腐ってしまう場合もありますが、その考え方を180度変えます。

そもそも給料を会社からもらっているという意識を変えていきます。

給料というのは、自分が会社の信用と資源を使って稼いだお金の分け前、です。

まずは会社を儲けさせなければ、自分の取り分が増えることはありません。

チームの勝利なければ、所属する個人の幸せはないのです。

 

経営者は会社のために必死に働いてくれる社員、前向きに仕事に取り組んでくれる社員を常に見ていますので、後々には社内での出世にもつながっていきます。

 

 

2.とりあえずやってみる

 

もし、自分に足りないものがあるとわかった場合は、それを補うために行動するだけです。

ただし、わかっていてもなかなかこれができません。

学生時代に試験勉強しなければいけないのに、漫画を読んでしまったというような経験は誰にでもあるはずです。

大切なのはとりあえずやってみること。

あとはそれを継続する必要があるのですが、それはその人のモチベーション次第となります。継続さえできれば、誰でもそれなりの成果が出てきます。

今の仕事でステップアップできる資格をとるにせよ、ゴールを決めたら後は何も考えずに一歩を踏み出します。大切なのはスタートするまでに時間をかけないことです。

時間がたつほど、やらない言い訳を考え始めるので、決めたら即実行です。

 

otoko-syuunyuu

3.体力をつける

 

稼げる人の多くはバイタリティにあふれていることが多いです。

多少やり方は拙くても、人の倍働くことで何かを成し遂げてしまうことが多々あります。

成功者の多くは、休まず働く人が多いですが、本当に稼ぎたいなら、人の2倍3倍と働く必要があります。

その際、どうしても必要になってくるのが体力です。

運動をしたり、食事と睡眠をしっかりとるなど、体調をしっかり整えることで、アクティブに動ける時間を延ばすのです。

 

 

まとめ

 

 

以上、年収1000万以上稼ぐために、今日からできることとは、ということで見てきました。

意識を変える、とりあえず動く、動ける体力をつける、と簡単なことから始めていきましょう。飛躍はその先にあります。

 

合わせて読むべき記事

a6d764716c71d94030951648ae611459_t

仕事を探している男性必見!高収入を狙える職種とは?【大阪版】

    大阪で高収入を狙える仕事   同じ仕事をしたとしても、働いてい…

0da314e13c4114e3baffc10a7ac3a8dd_t

年収1000万以上稼ぐために、今日からできることとは

    年収1000万円を稼ぐために   さて、それでは年収1000万…

publicdomainq-0019218vqg

年収をUPさせたい…20代の営業マンが年収UPするためにすべきこと

営業マンに求められるもの それでは営業マンが年収をアップさせるために必要なものは何でしょうか。 営業…

outdoor-office-workspace-setup-with-high-ceiling-picjumbo-com

稼げる仕事に就くために!今注目の職業3選(大阪編)

個人営業の飲食店が日本全国の繁華街の中でも最も多い 大阪という街は、日本全国の繁華街の中でも個人営業…

d3b0341ad44086c5a3ff98ca7c095ed3_t

年収500万以上の生活を送る際の注意点

年収500万円の実態 生活を語る上で必要になってくるのが家計であり、可処分所得です。 可処分所得とは…

da855702e949f2eabc2862fc66a8da6d_s

年収500万以上稼ぐのにやるべきこと

4年制大学を卒業して、新卒で一般的な企業に就職する   大学入学における難易度に関わらず、…

a42c34c31fdf5617a3fe500a87bdf0da_s

年収500万以上の仕事を見つけたいなら読んでおくべきお役立ち情報

平均年収500万以下の業界 まずは、平均年収が500万円以下の業界について、ご紹介しましょう。外食関…

pexels-photo-51415

年収500万以上稼ぐにはマストなスキルと知識があるってホント?

年収500万円とはどういうことか 年収500万円の人の割合は全体の30%ほどと言われています。 日本…

achievement-agreement-arms-1068523

年収500万以上の仕事に就く方法と知って得する簡単アドバイス

年収500万円稼いでいれば上位20%! 年収500万円と聞いて、みなさんはどのように思われるだろうか…

home-office-336378_1280

2017年稼ぐならこの資格!高収入の資格ランキング

求められるスキルあ詰め込まれた米国公認会計士 日本の企業相手に監査業務を行う法人を監査法人といい、監…