年収1,000万以上の生活を送るためには?読んでおくべき本5選

年収1,000万円以上を稼ぐビジネスパーソンの特徴の一つに、読書習慣があります。

読む本の種類はひとによって様々ですが、その中でも割合が多いのがビジネス関連の書籍となっています。

読書をする人のうち、61%がビジネス関連の書籍を読んでいます。

読書の目的も様々ですが、「教養を広げる」「仕事に活かす」「情報収集」と自分の人生や生活を向上させるために行っていることが多いです。

 

 

目指せ、年収1,000万! 読んでおきたいおすすめ書籍

 

なぜ、年収1,000万円を超えるようなビジネスマンは本を読む習慣があるのでしょうか。

それは高品質なアウトプットを出すためには、良質なインプットが必要だからです。

知りたい情報が分かりやすくまとめられ、手ごろな価格で手に入る書籍は情報源としては非常に優秀です。

 

今回は、多くの優良なビジネス書籍の中でも特におすすめできる5つの本を紹介していきます。

 

book-eyeglasses-eyewear-831430

『人を動かす 新装版』 デール カーネギー  (著)

 

ビジネス書籍のおすすめを検索すれば、どのサイトにでも紹介されているのがカーネギーの『人を動かす』です。

自己啓発本の原点ともいわれ、1937年に発行されてから現在までビジネスバイブルとして、君臨しています。

人間は社会的な動物であり、そこから逃れることはできません。社会の中でどのように人間関係を構築していくか、その原則が書かれています。

 

カーネギーが実践で磨いたテクニックが現代でも読み継がれているのは、そこに人間の本質がひそんでいるから、です。

 

経済的成功には、15%の専門知識と85%の「人を動かす力」が必要だと成功者のカーネギーは言います。

相手の立場に立って観察すること、他人に共感してもらう方法、他者と目的を共有する方法などが書かれた名著です。

 

 

ネクスト・ソサエティー − 歴史が見たことのない未来が始まる:P・F・ドラッガー

 

経済学部出身であれば、ドラッガーの名前を知らない人はいないでしょう。

ビジネスパーソンでも、マネジメントにたずさわる人なら誰もが知っている名前です。

『ネクスト・ソサエティー』はそのドラッガーによる未来予測です。

 

本書の中でドラッガーは、これまで人類が経験したことのない未来がやってくると警告しています。

特に、日本の最大の問題は経済ではなく社会問題の方だと断言しています。

 

近年、最大の問題である少子高齢化、フリーランスをはじめとした自由な働きかたにみられる雇用形態の変化など。

これから起こりうる未来の中でどのようにキャリア形成をしていけばよいのかが記されています。

 

 

『ザ・ゴール』 エリヤフ・ゴールドラット (著)

 

名著であるにも関わらず、2001年発売から17年間、日本での出版が許可されなかったのがこの『ザ・ゴール』です。

この本の趣旨は「全体最適化」の手法なのですが、すでに「部分最適化」で世界一の日本人がこれを知ったら貿易摩擦が起きて世界経済が混乱する、というのが出版されなかった理由だそうです。

 

本の内容は物語形式となっていて、非常に読みやすくなっています。

メーカー工場の長であるアレックスが、本社から工場閉鎖を言い渡されるところから物語は始まります。

そこに恩師のジョナが現れて、彼に工場再建の知恵を授けます。

 

 

『孫子』

 

こちらも時代の波に流されながら、擦り切れることなく現代まで残った名著です。

『孫子』は中国最古の兵法書です。

計篇、作戦篇、謀攻篇、形篇、勢篇、虚実篇、軍争篇、九変篇、行軍篇、地形篇、九地篇、火攻篇、用間篇の十三篇から成り立っています。

著者の孫武は紀元前500年ごろの人物です。

戦争について書かれたものですが、現代ではビジネスに置き換えて読まれています。

 

本書の大きな主張の一つとして、「戦わずに勝つ」というものがあります。

100戦100勝よりも0戦100勝のほうが優れているとし、そのためには相手の軍隊よりもその「意図」をくじく必要があると語ります。

先に意図をくじいてしまえば、それを実現する手段である戦争は起こらないのです。

 

 

夢をかなえるゾウ

 

普段から読書の習慣がない人でも読めます。

ユーモアあふれる文体が特徴の非常に読みやすい本です。

ゾウ面の古代インド神「ガネーシャ」が、一人の若者の前に現れて、成功するためのアドバイスをする物語形式の啓発書です。

 

関西弁を話すガネーシャは、若者に助言を与えて、行動を促します。

若者はそれらをうさんくさいな、と思いながらも少しずつ実行していきます。

毎日、わずかばかりの成果を感じる若者は、ガネーシャに最後の助言を与えられ、一気に加速します。

 

 

おすすめビジネス書5選まとめ

 

『人を動かす 新装版』 デール カーネギー  (著)

人間の本質とその動かし方を学べます。

 

『ネクスト・ソサエティー』 − 歴史が見たことのない未来が始まる:P・F・ドラッガー

未来のキャリア形成についての指針が印されています。

 

『ザ・ゴール』 エリヤフ・ゴールドラット (著)

全体最適化の手法を知ることができます。

 

『孫子』

戦争の本ですが、ビジネスに置き換えて読むこともできます。

 

『夢をかなえるゾウ』

自分のできることから少しずつはじめたい人におすすめの本です。

 

 

以上、参考になれば幸いです。

合わせて読むべき記事

wood-2557258_1920

独身で年収500万以上稼ぐ人の生活の実態とは

年収500万円の可処分所得 可処分所得という言葉をご存知でしょうか。 よく言われている言葉を使うと、…

thought-2123971_1920

年収1,000万以上稼げる方法はこれ!

すでに整備されている道を歩く 車輪の再開発、という言葉をご存知でしょうか。 車輪は長い年月の間、様々…

cf1e4aa2db3dfa10803c992e4d03c55f_s

年収500万以上の仕事ってどんなものがある?

  年収500万円以上の仕事にはどんなものがあるのか 年収500万円以上の仕事にはどんなも…

stunning lifestyle imagery for modern creatives...
check out another scenery / perspective

年収500万以上の仕事内容と仕事を効率的に進める裏技

30代後半~40代前半というステージ   先にも説明した通り、平均的な男性の場合に年収50…

P1100451

年収500万以上の生活ってどんな感じ?実は意外と普通なのでは?

生活レベルは年収の金額ではなく、手取りの金額によって決まる 一般的なサラリーマンをしていると、額面支…

cup-mug-desk-office

「年収500万以上」ではどんな生活になるのか

 年収500万円の生活 それでは年収500万円の生活とはどのようなものでしょうか。 年収がそのまま可…

9fddec4a211943f1b9cdd593b1ca7077_s

年収500万以上の生活をする人と年収500万以下の生活をする人の違い

どこで差がついたのか   近年の日本人の平均年収は420万円。 あくまで平均なので、これよ…

office-2009693_1920

年収1000万以上稼ぐには外せないビジネスの心得と稼ぎ方の全て

年収1000万円稼ぐためのビジネスの心得 まずは自分の現状を確認   年収1,000万円稼…

pexels-photo-261662

年収1,000万以上の仕事に就くためにしておきたいこと

年収1,000万円の仕事 年収1,000万円以上稼げる仕事に就くには、少なくとも一つ以上は社会的に認…

skyscraper-2561415_1920

年収1,000万以上の仕事の種類と仕事を成功させるコツ

平均年収が1,000万円以上の仕事 それでは平均年収が1,000万円を超えると言われる職業を見ていき…