年収1,000万以上の生活を送りたいなら読んでおくべき情報

年収1,000万円を超える生活を夢のような世界と感じる人は少なくないでしょう。

日本人の平均年収のおよそ2.5倍にもなる1,000万円という金額。それだけあれば毎日贅沢な暮らしが送れるのではと思っていませんか。

ただ、日本では稼いだら稼いだ分だけ税金や保険で吸い上げられていきます。これは他の先進国と比べてもとても高年収ほど高い税率が課せられているためです。
年収1,000万円という大台の人生。その暮らしぶりは実際どのようなものなのでしょうか。

d1425906122aff1e90b9fa29ba8fc74c_s

大きな目標「年収1,000万」

サラリーマンで年収1,000万円以上を一つの目標にしている人も多いようです。大企業のうちマスコミや外資系では若いうちから年収1,000万円以上を稼ぐ人もたくさんいます。

それに比べると、日本全体の平均年収はおよそ400万円程度。苦しい生活に耐えている人がほとんどです。サラリーマンで働く以上「年収1,000万円以上あればなあ」と夢を描いてしまうのも無理はありません。

年収1,000万円の手取り

ただ収入には額面そのものと手取りの2つがあります。実質的な手取りで計算をしないと、実際の暮らしがどのようになるかはわかりづらいものです。

サラリーマンなら会社からの支給額が額面と呼ばれます。額面の年収が1,000万円だったとしても、税金や保険で次々と容赦なく引かれていって、手元に残る手取りは大幅にダウンします。

世帯状況その他の条件で変化しますが、一般に年収1,000万円なら手取りは700万〜800万円弱となります。つまり、大きく稼いでいるようでも、3分の1から4分の1は国や社会保険に支払っているのです。

もしこれが年収600万円だったら手取りはどのくらいになるのでしょう。サラリーマンが手に届く目標年収はおよそ600万円程度といわれています。手取りにすると500万円ほど。年収1,000万円の人より税金や保険で支払う割合は少なく、「働き損」になる割合は減ります。

年収1,000万円だからといって、懸命に働いた分がそのまま報われるかというとそうでもないのが現実です。

cbf9ebaa3a9aab6b45ea17b2b4831fbf_s

年収1,000万円以上の暮らしの現実

年収が高ければ生活も豊かになるのが当然なのですが、実際、手取りにはそれほど反映されません。まず、所得税の税率が年収600万円を境に10%から20%にアップすること、子育てや生活安定のために設けられた行政の生活補助制度の適用から外れることなどが原因です。また、健康保険料や介護保険料なども収入によって引き上げられますので、稼いでも手元に残る金額は少なくなってしまいます。

また、サラリーマンなら年収1,000万円以上の大企業は大都市に集中しているため、家賃や生活費なども割高です。子供が居れば育児費や教育費が必要ですし、交際費や住宅ローンなども重くのし掛かってきます。

ちょっとした贅沢なら楽々クリア、でも・・・・・・

日本人の数%しか達成できない年収1,000万円以上の暮らし。車をワンランク上に買い替えたり、外食をいつもより高級なレストランや居酒屋にしたり、生活のいたるところで贅沢ができるようになります。将来のため貯金もしやすくなるでしょう。

ただ、年収がどれだけアップしても自分がどういった生き方をしたいのかを忘れては意味がありません。年収を上げて稼ぐことだけに意識を向けすぎると、日々の暮らしを楽しみ、家族を大切にするという基本的な部分が抜け落ちやすくなります。

以前からワークライフバランスの重要性が叫ばれていますが、日本人の平均年収より大幅に高い1,000万円以上を稼ぐためには自分の時間や体力を犠牲にして、努力を続ける毎日も待っているのです。

華やかな年収の影に

若い世代ほど年収への焦りもあるでしょう。ユーチューバーやデイトレーダーを見るまでもなく、いまや年齢に関係なくあっという間に大きな稼ぎを得る人も少なくないからです。

ですが、そうした人たちには運だけでなく才能やセンス、見えない努力が隠されているもの。自分も同じように真似したからといって、安易に仕事を辞めて転職するのは考え物です。

まとめ

実は、年収1,000万円以上稼いでも生活が厳しい場合もあると知られるようになりました。税金や保険のために働いているようなものだとため息をつく人もいます。

たしかに、婚活女子のなかには簡単に相手の希望年収を聞かれて1,000万円以上と答える人も少なくありません。実際にサラリーマンとして働いていると、それがどれほど大変な数字かわかるでしょう。

ちょっとした贅沢ができて余裕のある暮らしがしたいという程度なら、仕事のハードさを考えると年収1,000万円以上の暮らしはなかなか大変です。とはいえ、ワークライフバランスを考えながら自分らしい生活を送るため、一つの目標になる年収額といえるでしょう。

合わせて読むべき記事

pexels-photo-261662

年収1,000万以上の仕事に就くためにしておきたいこと

年収1,000万円の仕事 年収1,000万円以上稼げる仕事に就くには、少なくとも一つ以上は社会的に認…

business-agency-team-working-on-new-ideas-picjumbo-com (1)

30代で年収1,000万以上稼ぐ方法とは?

登る山の高さを知る しかし、実際に30代で年収1,000万円を稼ぐにはどうしたらいいのでしょうか。 …

pl-201459057306-550x365

年収1,000万以上稼ぐのにやるべきこと

求められるスキルを見定めるスキル 転職市場で求められるスキルを見定めるスキルが最も大事です。 直接的…

pixta_18670327_S

年収1,000万以上の仕事探しのコツとは?

  年収1000万以上の仕事探しのコツ   では、その3%に入るためには何をした…

man-relaxing-in-office-with-legs-up-all-work-done-picjumbo-com

年収500万以上の生活を送りたい方必見!求人サイトでチェックしておくべきポイント

  求人サイトのチェックポイント   年収500万円以上を目指すなら、きちんとし…

work-and-travel-hotel-room-office-picjumbo-com

比較的簡単にとれて給料がいい資格って何? 

そこそこ難しくはあるが、独立・副業も出来る行政書士 法律系資格は数多くあり、司法試験・司法書士試験か…

gahag-0043019318-1

稼げる仕事が見つかる!高卒でも安心して働ける正社員の仕事とは

高卒でも高収入が狙える仕事 高卒でも高収入が狙える仕事は、主に3点です。 まずは資格が必要な仕事です…

d3b0341ad44086c5a3ff98ca7c095ed3_t

年収500万以上の生活を送る際の注意点

年収500万円の実態 生活を語る上で必要になってくるのが家計であり、可処分所得です。 可処分所得とは…

home-office-336378_1280

2017年稼ぐならこの資格!高収入の資格ランキング

求められるスキルあ詰め込まれた米国公認会計士 日本の企業相手に監査業務を行う法人を監査法人といい、監…

glasses-472027_1920 (1)

年収1,000万以上の仕事に就く方法

年収1000万以上の仕事にはどのようなものがあるか 何はともあれ、まずはゴールを知らなければなりませ…