年収1,000万以上の生活はどんなもの?

年収1000万円と聞いて、収入が低いと感じる人はあまりいないでしょう。

事実、年収1000万以上の就労者は全体の3%~5%ほどであり、その数はけっして多くありません。

数が少ないということは、裏を返せば、それだけその人たちが優秀であり、高い報酬をもらっているということとも取れます。

しかし、その年収帯の生活はどのようなものになっているのでしょうか。

手取りの額は700~800万円

pictures-2617949_1920

生活を語るうえで欠かせないのは、可処分所得です。

可処分所得とは、年収から税金などを引いた実際に使えるお金のことです。

聞きなれた言葉に言い換えるならば、手取り、です。

年収1000万円の手取りは細かい計算などがあるため、一概には言えません。

個人の状況によって税金の額が変わってくるのは、働いている方なら十分承知しているはずです。結婚している場合、子供がいる場合、雇用保険の有無などをはじめとしてさまざまなケースがありますので、そこで税金の額なども変わってきます。

よって、ここではざっくりと750万円くらいで話を進めていきましょう。

大体、これくらいが一年間に使えるお金となってきます。

 

 

月々の生活は?

 

では、月々の生活はどのようになるでしょうか。

750万円を12カ月で割ると、ひと月62.5万円となります。こうしてみると、かなり贅沢ができそうに見えますが、これはボーナスもすべて月々の生活費に組み込んだ場合です。

仮にボーナスを4カ月分とするならば、ひと月の収入は約47万円となります。

それでも、まだ一般的な家庭に比べると十分使えるように見えます。

 

 

一般的な家庭と比べてみると

 

それでは、一般的な家庭と年収1000万円の家庭を比較してみましょう。

一般的な家庭の定義も難しいのですが、 厚生労働省が発表した平成27年度『国民生活基礎調査』のデータを見ると、日本の全世帯の平均収入は約546万円でした。

収入帯によっても前後しますが、この辺りだと手取りは0.8掛けをした440万円となります。

年収1000万円の手取りは750万円くらいなので、そこから440万円を差し引きます。

よって年収1000万円の家庭は、一般的な家庭よりも300万円ほど余分に使うことができるということがわかります。

 

 

300万円の使い道

 

年収1000万円の家庭は、一年間に一般家庭よりも300万円ほど多く使えることがわかりました。

300万円あれば、年に数回、海外旅行にもいけます。

車だったら、国産車なら毎年新車に乗り換えることもできるでしょう。

服や時計にお金をかけてもいいですし、外食もおいしい店に通えそうです。

 

上記のように一時的な消費、つまりたまに贅沢するくらいならば問題はありません。

しかし、家計でも固定費の部分を上げてしまうと生活が苦しくなってしまう場合も出てきてしまいます。

 

 

固定費が問題

 

特に年収が大台にのって、住む場所を変えた場合を考えてみましょう。

例えば、毎月10万円の物件から、20万円の物件に引っ越したとします。

そうなると固定で年間120万円が決まって家計から出てゆきます。

一般家庭より300万円ほどの余分につかえますが、これを差し引くと残りは180万円くらいになります。

ちなみに家賃10万円というのは、年収500万円世帯の平均的な家賃です。

また、家賃20万円というのも、年収1000万円世帯の平均的な家賃と言われています。

 

さらに子供の教育費などもよく考えたほうが良いでしょう。

例えば、有名私立の小学校などに子供を入れた場合、学費を含めて年間150万円~100万円が必要となってきます。

こうなると二人目の子供は同じ学校に入れられるかどうかという具合になってきます。

 

全ての生活レベルを上げると苦しくなる

 

以上、見てきたように家賃や子供の教育費などを差し引くといくらも残らないのがわかると思います。

住むところと子供が通っている学校以外は、ほとんど平均的な生活になっています。

年収1000万円は経済的にはたしかに恵まれた生活を営むことができます。

しかし、生活レベルの全てを上げることはできないのがわかります。

先に説明した通り、旅行に行くことや、車を買うことなど一時的な消費は問題ありません。

生活が苦しくなったら、それをやめればいいだけです。

しかし、今月は苦しいからと言って、家賃の低いところにいきなり引っ越したりはできません。教育費が重くのしかかってくるからと言って、子供を転校させることもできません。

生活を苦しくさせるのは固定費なのです。

実に年収1000万円以上の世帯の面白いデータがふたつあります。

一つは年収1000万円以上の世帯の約10%が貯蓄0だということ。

もう一つは、年収1000万円以上の世帯の約3割が定期的にカードローンを使用しているということです。

他の人よりも報酬をたくさんもらっているため、家計のやりくりは比較的楽なようにも見えますが、実態は支出も多いため苦しい家庭もあるようです。

 

 

まとめ

notebook-2560953_1920

年収1000万以上の生活はどんなもの? ということで見てきました。

確かに平均よりも多くの可処分所得があり、かなり贅沢な暮らしができるのではないか、と思いますが実態はそうでもないようです。

いくら年収1000万円以上でも、生活の全てを一流にするほどではないのがわかります。

一説には本当のお金持ちは年収3000万円からとも言われています。

 

合わせて読むべき記事

city-498410_1920

男性必見!東京で高収入になれる仕事はこれ!

東京で高収入の仕事 東京で高収入の仕事をするとしたら、どんな職業を選ぶのが良いでしょうか。 厚生労働…

6f9a4d25914fce9f9be9ca73e86019e3_s

年収1,000万以上の生活で気を付けるべきポイント

年収1,000万円。手取りはどれくらい増える? 年収1,000万円の生活で気を付けるポイントを知るう…

618019d28fad1ce2c7079ec146ab1c9f_s

高収入の仕事は大阪で見つかる!稼ぐ男から学ぶ5つのステップ

ステップ1 転職理由を明確にしておく ここを見ていただいている方は、ズバリ「高収入の仕事に就きたい」…

business-agency-team-working-on-new-ideas-picjumbo-com (1)

30代で年収1,000万以上稼ぐ方法とは?

登る山の高さを知る しかし、実際に30代で年収1,000万円を稼ぐにはどうしたらいいのでしょうか。 …

writing-1149962_1920 (3)

年収1,000万以上稼ぐには〇〇をしたほうがいい!

年収1,000万円は、どういうレベル?   日本人の平均年収は420万円。 男性のみに限っ…

da855702e949f2eabc2862fc66a8da6d_s

年収500万以上稼ぐのにやるべきこと

4年制大学を卒業して、新卒で一般的な企業に就職する   大学入学における難易度に関わらず、…

348c098978de9acd2e12229d0bcf388dc9df41e21394490302

年収500万以上の生活を送るために今やるべきこと

    今の年収はいくら?   この記事を読んでいる人の多くはおそらく…

29545cb16d836240304199a00ae64286_s

年収1000万以上の仕事を探すときに注意すべきポイント

年収1000万円に対する感覚   年収1000万円というのがサラリーマンにとってひとつの目…

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s

年収1,000万以上の仕事に就くために必要なスキルや知識とは

年収1000万円もらえる仕事にはどんなものがあるのか   まず、年収1000万円を超える仕…

macbook-pro-from-the-top-picjumbo-com

とにかく稼ぐ!儲かる方法7選

メルカリを利用した販売 昨今、メルカリをはじめとしたフリマアプリは誰もが保有しています。 フリマアプ…