年収1,000万以上の仕事探しのコツとは?

年収1000万円はサラリーマンでも達成可能な現実的な目標と言えます。

意識をしていなくても、これだけの年収を得た瞬間に大台に乗ったと感じる人も多いはずです。

しかし、年収1000万円以上もらっている人はどれくらいいるのでしょうか。

いくつかの統計によれば、大体3%~5%ほどと言われています。

つまり、100人中3人から5人ということになります。

これを多いと見るか、少ないと見るかは人によるでしょう。

otoko-kousyunyu

 

年収1000万以上の仕事探しのコツ

 

では、その3%に入るためには何をしたらいいのでしょうか。

何かコツはあるのでしょうか。

今からそれを一つずつ見ていきましょう。

 

 

年収1000万円以上の仕事に就くために

 

まずは年収1000万円以上の仕事にはどのようなものがあるかを知ることが大切です。

目標を設定しなければ、今の自分の立ち位置からどうやって進んでいいかわからなくなるからです。

そのうえでどうやったらその仕事に就けるのか考えていきましょう。

 

ではさっそく見ていきます。

 

 

職業という観点から

 

年収1000万円稼げそうな職業には以下のようなものがあります。

 

  • 航空機操縦士                     年収    2056.78 万円
  • 医師                                 年収    1300.74 万円
  • 大学教授                           年収    1079.27 万円
  • 公認会計士、税理士            年収    913.27 万円
  • 歯科医師                           年収    896.79 万円
  • 大学准教授                        年収    865.97 万円
  • 記者                                 年収    812.97 万円
  • 不動産鑑定士                     年収       729.1万円
  • 弁護士                              年収       719.05万円
  • 保険外交員                        年収       636.85万円

 

 

あくまで平均年収なので、記載されている額の倍以上稼いでいる人も中にはいます。

十分、年収1000万円以上を狙える職業といえます。

こうやってみると、かなり限られているのが分かります。

 

これらの仕事に就くためには、まず資格を取る必要があるものが多いです。

航空機操縦士をはじめとして、医師、会計士、歯科医師、弁護士などが名前を連ねていることからも明らかです。

高い専門知識とスキルを必要とする仕事、責任の重い仕事には自然と高い給料が支払われます。

ただし、資格の取得には何千時間という学習時間の確保が必要となります。

 

逆に学歴も資格も必要のないものもあります。

保険外交員などがそうです。

基本給が少ない代わりに歩合給の割合が大きく、高い成績を出せばそれが給与に直接反映されます。

これは自分自身で責任を請け負っているとも言えます。

自分で稼ぐ気概のある方には向いている仕事と言えます。

 

 

サラリーマンで年収1000万円

 

また、別の観点から見ていきましょう。

先ほどは職業という点から見てきましたが、次は会社という単位で考えてみたいと思います。

例えば、会社員として年収1000万円以上もらえる会社というのはどれくらいあるでしょうか。

東証一部に上場している会社で、平均年収が1000万円を越えているのは約60社あります。

これも多いと見るのか、少ないと見るのか。

これら60社は業界もバラバラで、人によっては業界にこだわらないかもしれませんが、それでもすべて会社に応募することはできません。

そう考えると非常に少ないと言えるでしょう。

これらの会社に就職するためには何が必要になってくるでしょうか。

 

学歴不問と世間がうたっている中、それでも学歴というのは就職にとって非常に大きな要素となります。

一流企業が名門大学の卒業生を中心に採用をするのはみなさんご存知の通りです。

語弊を承知で言えば、学生時代は勉強だけやっていればいいのである意味でこれが一番楽な道とも言えます。

ある漫画で「ブスとバカほど東大に行け」と言う有名なセリフがありましたが、考えることが少なくて済む分、ある意味で真理とも言えます。

 

 

今の仕事で年収1000万円を達成できるか

 

もう一つ合わせて考えておきたいのは、今の仕事で年収1000万円を達成できるかどうか、ということです。

ある統計によると、年収1000万円以上の人のなかには100人くらいの規模の企業の役員や経営者が多いとされています。

これは、年収1000万円以上の割合が3~5%ほどという結果に合致してもいます。

給与は企業の規模に比例するという統計結果もあるため、うちは中小だからとあきらめている人もいるかもしれません。

しかし、そこでも役員までになれば年収1000万円を達成できる可能性は十分あります。

 

今の会社では年収1000万円は無理だな、と判断したなら選択肢の一つに加わるのが転職です。

ただし、転職には様々なリスクが伴うので、そこを十分に考慮した上で行いたいところです。

1000万円以上の仕事に転職するというのは相当大変なことですが、可能性が無いわけではありません。

今の会社でエース級の活躍をしているならば、もっと良い条件の会社に転職することも可能になります。

 

AdobeStock_64617196

 

まとめ

 

以上、年収1,000万以上の仕事探しのコツとは?ということで見てきました。

年収1000万円というのは、サラリーマンでも十分に達成可能です。

ただし、普通のサラリーマンでは無理なので、どこかでそれなりの成果を出す必要があります。

やり方は無数にありますが、特に高度なスキルや資格を身に着けることを優先する、学歴で勝負する、自分の現状をしっかり把握することが大切です。

大学に入りなおすのは年齢的につらい人もいると思いますが、入った会社で活躍したり仕事をしながら高度な資格を取ることなら誰でもできます。

コツは自分の現状を冷静に見極めて、次のステップを設定して順次クリアしていくことと言えます。

 

合わせて読むべき記事

AdobeStock_64617196

意外と苦しいって本当?年収1000万円以上の生活の実態とは

年収1000万円の生活を考える   生活を考えるときにまず念頭に置かなくてはいけないのは可…

achievement-agreement-business-886465

年収1000万以上稼ぐには?高収入者の共通点

    【年収1000万円以上】高収入者の共通点   「学ぶ」という言…

bc0e5a0a438b321594ed1d73d29f330c_s

年収1,000以上の生活の実態調査

年収1,000万円の手取り 総支給から税金などを引いた、実質自由に使えるお金のことを可処分所得と言い…

man-checking-his-iphone-working-at-home-office-picjumbo-com

年収1,000万以上の仕事って実際どうなの?職種から手取り、貯金まで徹底調査

年収1,000万円を実現できるのはどんな職業? 年収1,000万円というと「高給取り」の代名詞です。…

publicdomainq-0005634wpk

東京の高収入男性がしている人気の仕事とは

高収入で人気のある仕事 今回は平成28年度の厚生労働省『基本賃金構造統計』から、東京都のデータをピッ…

a6d764716c71d94030951648ae611459_t

仕事を探している男性必見!高収入を狙える職種とは?【大阪版】

    大阪で高収入を狙える仕事   同じ仕事をしたとしても、働いてい…

pexels-photo-518543

年収1000万以上稼ぐにはどのような準備が必要なの?

年収1000万以上稼げる仕事につく 近年の日本の平均年収は420万円ほど。 年収1000万円となると…

a634afe9b04a20bfbab1252c021c0bc7_s

20代営業マンが年収アップするためにすべきこと

20代営業マンが磨くべき能力 対人コミュニケーション能力   営業に絶対不可欠なのが、コミ…

cup-mug-desk-office

「年収500万以上」ではどんな生活になるのか

 年収500万円の生活 それでは年収500万円の生活とはどのようなものでしょうか。 年収がそのまま可…

9fddec4a211943f1b9cdd593b1ca7077_s

年収500万以上の仕事をしている人の共通点

  年収500万円以上の仕事   では、年収500万円の人に共通点があるかどうか…