年収1,000万以上の仕事の種類とは

年収1000万円がひとつの目標になる理由として、サラリーマンでも十分実現可能だから、というものがありそうです。

年収2000万円とか3000万円ともなると、普通のひとなら大企業で上り詰めるか、起業して成功するかのどちらかくらいしか道がないように思えます。

しかし、東証一部上場企業の中には平均年収が1000万円をこえる会社が数十社もあり、それらの会社に入社して平均的な働きができれば、十分達成可能な年収と言えます。
それ以外にも年収1000万円を狙う道はたくさんありそうです。

年収1000万円以上の仕事

adpDSC_6578-750x499

それでは年収1000万円以上を狙える仕事にはどのようなものがあるのか、見ていきましょう。

 

航空機操縦士

飛行機のパイロットです。年収2000万円以上とも言われています。
なるためには、大学を卒業して航空会社に就職しパイロット養成コースに進むか、あるいは航空大学校でライセンスを取得してから就職する方法の二種類があります。
年に2回ほど厳しい身体検査があるようです。
それに合格できないと最悪、ライセンスがはく奪されてしまうようなので、健康には特に気を遣う必要があります。

 

医師

平成28年のデータだと、平均年収1300万円とも言われています。
医学部に入学すること自体がまず高いハードルなのですが、それを飛び越えた後で6年間大学で学び、さらに2年以上研修医として実務を経験する必要があります。

本格的に活躍できるのは30歳近くになってから。
医者不足の叫ばれる地方のほうが、都会の医師よりも年収が高いと言われることもあります。

 

大学教授

平均年収1079万円です。
大学教授になるのにもっとも順当なパターンは、博士号を取った後、どこかの大学に就職して、助手、講師、助教授、教授とステップアップしていくことです。
少子化が叫ばれる現在では、教授のポストも増えないと言われています。

ポストは少ないので、なりたくてもなかなか慣れない職業と言えます。
大学にもよりますが、大学教授になれるのは早くても30代の終わり頃だそうです。

 

公認会計士、税理士

日本の3大国家資格公認会計士です。それと税理士です。
年収913.27万円であり、1000万円には少し足りませんが、本人の努力次第で十分1000万円にとどく職業と言えます。
資格取得には3000時間から5000時間の学習時間が必要と言われており、数年がかりで努力をする必要があります。

独立して事務所を持つイメージが大きいですが、起業に就職する道もあります。
いわゆる企業内会計士、企業内税理士です。
しかし、就職すると安定はしますが、年収はやはり下がります。

 

弁護士

弁護士です。
社会正義を実現する、社会的地位もある職業と言えます。
近年では弁護士の貧困などが取りざたされることもありますし、数が増えたことによって競争の原理が働いて、厳しい状況になったとも聞きます。

しかし、平均年収は700万円以上であり、まだまだ普通以上に稼げる仕事には違いないです。
年収1000万円を狙うには独立する道があります。

 

歯科医師 年収896.79万円

コンビニよりも歯科医院の数のほうが多いと言われています。
弁護士と同じで、歯科医師の数が増え、競争原理が働いたために儲からなくなったとも聞きますが、やはりまだまだ大丈夫です。
基本予約制ですので、残業はなく、プライベートも充実させることができると言われています。

 

一部上場企業

先にも話した通り、一部上場企業では平均年収が1000万円を超えるかいしゃが数十社あります。
そのどれかに入り、平均的な働きをしていれば年収1000万円も稼げる可能性が高くなります。

最も、年収が高い代わりに激務である場合も多いです。
金融系・メディア・商社などの業界が比較的年収が高い傾向にありますが、同期との出世争いが激しかったりといった話も聞きます。

 

営業系の仕事

人柄と行動力に自信があれば、営業系の仕事も良いでしょう。
営業系で高年収の仕事だと、保険外交員や自動車外交販売員などが目につきます。
基本給は低く抑えられていますが、その分歩合給の割合が高く、成績さえ出すことができれば、1000万円でも2000万円でも稼ぐことができます。
ただし、まったく成績が振るわない場合は、低い基本給だけで生活しなければならなくなり、それを理由に退職する人も多いです。

 

独立

年収1000万円を狙う方法の最後に、独立して起業することを挙げます。
しかし、成功と言ってもどれくらいの成功をおさめればいいかの目安が必要です。
それはずばり、社員100人規模の会社を作ること、と言えます。
年収1000万円以上の人には、社員1000人くらいの中小企業の経営者や役員が多いという
データもあります。

まとめ

publicdomainq-0012743cgp

年収1,000万以上の仕事の種類とは、ということで見てきました。
年収1000万円以上の人の割合は、全体の3~5%ほどとなっています。
つまり、100人いたら、3人から5人は年収1000万円です。
これを多いとみるか、少ないとみるかは意見の分かれるところですが、それでも決して手の届かない数字ではないことが分かると思います。

合わせて読むべき記事

office-2009693_1920

年収1000万以上稼ぐには外せないビジネスの心得と稼ぎ方の全て

年収1000万円稼ぐためのビジネスの心得 まずは自分の現状を確認   年収1,000万円稼…

business-2042282_1280

20代で高収入を得るために知っておきたい7つのこと

20代は、商流に敏感になるべし 例え営業関係の職種ではなくても、サラリーマンたるものビジネスの現場で…

fc0827f351a1f069a316268a7650fc19_s

年収500万以上稼ぐには?今すぐはじめたくなる3つのヒント

アルバイトでも年収500万は可能 結論としては、アルバイトやフリーターの方でも年収500万円以上稼ぐ…

24341487fc26056fffcdb77bc2e8c468_t

将来年収500万以上稼ぐには?転職をする時のポイント

  転職ポイント   ここでは、年収500万円を達成したい人のために、転職に話を…

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s

年収1,000万以上の仕事に就くために必要なスキルや知識とは

年収1000万円もらえる仕事にはどんなものがあるのか   まず、年収1000万円を超える仕…

865b8c7dbaf1c427818a6e2bf3599084_s

どうやったら年収500万以上の生活ができるの?稼ぐ男から学ぶワークライフバランスとは?

ワークライフバランスで重要なのは年収? まず、ワークライフバランスという言葉の定義から念のため説明し…

pl-201459057306-550x365

年収1,000万以上稼ぐのにやるべきこと

求められるスキルを見定めるスキル 転職市場で求められるスキルを見定めるスキルが最も大事です。 直接的…

watches-picjumbo-com

年収を増やすために役に立つ資格とは?

情報処理推進機構の定める資格 情報処理推進機構という独立行政法人があります。 この法人では、基本情報…

achievement-agreement-arms-1068523

年収500万以上の仕事に就く方法と知って得する簡単アドバイス

年収500万円稼いでいれば上位20%! 年収500万円と聞いて、みなさんはどのように思われるだろうか…

pexels-photo-217661

実は苦しい?年収1,000万以上の生活の現実

年収1000万円の生活実態 手取り   では、そろそろ年収1000万円の生活実態をみていき…