年収1,000万以上の仕事の種類

年収1,000万円以上の仕事にはどのようなものがあるのでしょうか。

近年の日本の平均年収は420万円前後ですが、その2倍以上を稼ぐ仕事の種類はやはり限られています。

今回は、いくつかのデータから年収1,000万円の仕事をピックアップして、紹介していきたいと思います。

年収1,000万以上稼げる仕事の特徴

pic01

基本的に年収が高い仕事の特徴は、次の2つです。

 

 

その① 高度なスキルや知識が必要とされる仕事

 

当然のことですが、高度な専門知識やスキルは簡単に身に着くものではありません。

習得までに時間がかかり、才能や学習能力を必要とするため、専門性をもった仕事になります。当然、誰でもできる仕事ではないため、依頼する側もできるだけ信頼できる人に仕事を頼まざるを得ません。

仕事によっては資格が必要なものもあり、その資格は多くの場合、難しい試験に合格することが求められます。

社会的に需要の高く、資格取得の難しさが参入障壁になるため、年収も高くなる傾向にあります。

 

 

その② 自分が働くのではなく、人に仕事をさせて稼ぐ仕事

 

自分ではなく人に仕事を任せて、その管理をすることで稼ぐ仕事です。

ただし、人を使う仕事は多くの人を巻き込み、必然、動くお金も大きくなる傾向があるので、それに伴って責任も大きくなっていきます。

一般企業でもプロジェクトのリーダーから役員、経営者まで考えられる仕事です。

特に経営者になった場合は、金銭面をはじめとして、すべての責任を背負います。

その反面、成功すれば莫大なリターンがあります。

 

では、実際に、どのような仕事があるのか見ていきましょう。

 

 

年収1,000万円以上の仕事の種類

 

 

医師

 

専門に分かれるため、医師にもいろいろありますが、今回は医者の3分の1くらいを占めると言われる内科医の年収を見ていきたいと思います。働き方としては、勤務医と開業医があります。

平均年収は勤務医で800万円~1000万円。

開業医で1200万円~1500万円と言われています。

 

 

公認会計士

 

大手の監査法人に勤めている公認会計士で、平均年収は1,000万円前後という事です。

独立する道も選び、会計事務所を開いた場合、平均年収は2,000万円程度になるようです。

 

 

アクチュアリー

 

アクチュアリーは、保険数理士や保険数理人などとも呼ばれる職業です。

確率や統計学などを用いて保険や年金の掛け金と支払い金額の分析や評価する専門職です。

勤め先は、金融機関、保険会社、監査法人など。

平均年収が1,000万円~であり、外資系企業なら年収2,000万円以上になります。

日本企業での平均年収1,000万円~

外資系企業の平均年収2,000万円~

 

 

ファンドマネージャー

 

投資家からお金を預かって、それを運用する仕事です。

資産運用を委託された職業ですので、それを責任をもって運用するために、金融市場や株価の動向などを把握・分析できる能力が求められます。

ファンドマネージャーの平均年収の範囲はおよそ760~1300万円という事です。

 

 

大学教授

 

専攻分野の研究と、大学の講義などが主な仕事です。

学校の運営に携わったり、学会に出席したりもします。

メディアへの出演や、執筆活動、講演なども副業として挙げられます。

有用な人材を輩出するための社会的意義の高い仕事でもあります。

平均年収は1,112万円。

 

 

弁護士

 

医師と並び、高年収と言われて最初に思い浮かぶ職業のツートップです。

東京の法律事務所 平均年収1200万円~1500万円

刑事事件の弁護などをイメージしている方も多いかもしれませんが、

民事事件の離婚調停、金銭トラブルなども多いです。

 

 

航空機パイロット

 

飛行機のパイロットも高年収です。

しかし、パイロットもやはり大企業に就職した方が有利なのは変わりません。

1,000名以上の企業で年収1,323万円程度ですが、規模の小さい会社のパイロットになっていくと年収もそれに応じて少なくなっていきます。

 

新聞記者

 

新聞社はたくさんがありますが、小さい新聞社だとやはり給料もそれなりです。

大手新聞社である、朝日・読売・毎日・産経・日経の5紙の記者が、平均年収1000万円以上だという事です。

 

 

大手企業管理職

 

大手の企業の管理職も年収1,000万円以上となることが多いです。

2016年のデータを参照すると上場企業のうち、平均年収1,000万円以上が約60社あります。

 

 

スポーツ選手

 

野球選手で平均年収が、約3500万円~

サッカー選手(J1リーグ)の平均年収が、約2000~3000万円

 

参考:http://heikinnenshu.jp

 

 

やり方次第で、いろいろな職業で年収1,000万円は狙える

pillar-of-golden-gate-bridge-in-san-francisco-vintage-edit-picjumbo-com

やり方次第で年収1,000万円を狙える仕事はたくさんあります。

ファイナンシャルプランナーなどは平均年収300万円~という事ですが、人によっては2,000万円~3,000万円の年収を稼いでいる人もいます。

行政書士、司法書士、弁理士なども同様です。

また、飲食業、理容美容業なども平均年収が低い傾向にありますが、その中でも群を抜いた技術を持っている人は高年収になります。

今回はわかりやすく平均年収が1,000万円を超える仕事をご紹介しましたが、一般的に年収が低いと言われている職業でも高年収の方もいます。

逆に、高年収の職業でもその知識やスキルをうまく活用できなければ、年収はぐっと下がってしまいます。

本記事が、読者の皆様の参考になれば幸いです。

合わせて読むべき記事

80ae103cc037d9440c333be42634f325_s

年収600万以上稼ぐには何をすべきで何を身に付ければいいのか

年収600万円以上稼ぐためにすべきこと まず、残酷な話をしなければなりませんが、生涯身を粉にして働い…

9fddec4a211943f1b9cdd593b1ca7077_s

年収500万以上の仕事をしている人の共通点

  年収500万円以上の仕事   では、年収500万円の人に共通点があるかどうか…

0da314e13c4114e3baffc10a7ac3a8dd_t

年収1,000万以上の仕事に就きたい男性必見!身に付けておくべきビジネスマナー

  年収1,000万円以上の仕事で必要なマナーを考える   様々な統計を見ると年…

cup-of-coffee-1280537_1920

20代で500万円稼げる男性VS 30代で300万円しか稼げない人

同じオフィスで働いているのにも関わらず、年収に差がある 20代で500万を稼ぐサラリーマンは、勿論大…

startup-593327_1920 (1)

年収500万以上稼ぐには〇〇が必要だった!?

500万円稼ぐために必要なこと それでは年収500万円以上を稼ぐためには何が必要か一緒に考えていきた…

network-1987209_1920

業界別30代の営業職の平均年収は?

30代営業職の業界別平均収入 営業職は他の職種に比べると求人の多い職種です。技術職や他の専門職に比べ…

clean-and-simple-office-workdesk-setup-picjumbo-com (2)

東京には仕事が沢山!高収入を目指す男性が知っておきたいこと

東京で高収入を目指すには   漠然と東京で高収入を目指すと言っても、おそらく身動きが取れな…

entrepreneur-593378_1280

年収600万以上の仕事とは

とにかく画一的な業務ではない 担当する人が変わっても提供するサービス自体が変わらないスーパーのレジや…

54bbdd1ce11887f5356271e59daa0343_s

年収1,000万以上の仕事の人気ランキング

    年収1000万円以上が望める、人気の仕事ランキング   1.金…

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s

年収1,000万以上の仕事に就くために必要なスキルや知識とは

年収1000万円もらえる仕事にはどんなものがあるのか   まず、年収1000万円を超える仕…