年収1,000万以上の仕事に就く方法

年収1000万円といえば、一つの大台と言っていいでしょう。

これだけの年収を稼げる人は、就労者全体の約3~5%ほどであり、決して多くはありません。

それどころか、人によっては生涯、年収500万円に届かない人もいます。
近年の日本の平均年収は約430万円。

その倍以上を稼げる職業に就くためには、どうしたらいいのでしょうか。

年収1000万以上の仕事にはどのようなものがあるか

c8f8ca8ca4a563c3aa4f65bf256ccb78_s

何はともあれ、まずはゴールを知らなければなりません。

方法を探るにしても、まずは目標を定めてからです。

目標は年収1000万円ですが、それだけ稼ぐことのできる仕事はいくつもあります。

日本の省庁などが発表しているデータなどを見ると、平均年収で1000万円を超えている職業は大体つぎのようなものになります。

 

  • 飛行機操縦士
  • 医師
  • 大学教授

 

その他、平均年収1000万に近いものは以下のような職業があります。

 

  • 公認会計士
  • 歯科医師
  • 大学准教授
  • 記者

 

これらの職業は大体年収800万円~900万円ですが、あくまで平均ですので十分に年収1000万円を狙っていくことができます。

 

 

年収1000万円を超える会社の数

 

職業別ではなく、業界ごとに見ていく方法もあります。

現在、日本には平均年収1000万円を超える企業が60社ほどあるというデータがあります。

それらの企業に就職するのも一つの方法と言えます。

そのような企業が多いのは、大体次のような業界になります。

 

  • 銀行・証券・保険
  • 放送
  • 総合商社
  • コンサルタント

 

 

選んだ道を進む

 

さて、今までざっと見てきましたが、ここからは自分にあったゴールを決めていく段階です。

年収1000万以上の仕事は、ざっと見渡すとこのようなものが例に上がってきます。

しかし、どの職業にもそれぞれ適正や資格があるため、就くためにはどのような努力が必要かは選んだルートで、それぞれ異なります。

ただし、大まかに言ってしまえば道は3つくらいに収束します。

 

  • 学歴を生かした仕事に就く
  • 高度な専門知識や技術が必要な仕事に就く
  • 年収1000万円以上の企業に入る

 

 

学歴を生かした仕事に就く

 

年収1000万以上を稼ごうと思ったら職業は限られてきますが、学歴を生かした仕事で高年収の筆頭に上がるのは大学教授です。

大学教授になるためには、大学で博士号を取得した後、どこかの大学に就職して、助手、講師、准教授、教授とステップアップしていく必要があります。

大学教授になれるのは、大学にもよりますが早くても30代後半と言われています。

もっとも大学講師や准教授もかなり年収が高めですので、教授になるまでがつらいと言ったことはなさそうです。

ただし、現在、少子化の影響で大学経営も苦しく、さらに教授のポストも空きがないため欠員補充が中心になってくるようです。

 

 

高度な専門知識や技術が必要な仕事に就く

 

もう一つの道は、高度な専門知識や技術が必要な仕事に就くことです。

日本の3大国家資格と言われる、医師・弁護士・会計士はその筆頭と言えるでしょう。

さらには税理士や歯科医師などもやり方次第で十分に年収1000万円をねらうことができます。

医師になるためには、大学の医学部に入学して6年、研修医として2年実務経験を積む必要があるので人生の早い段階で決断したほうが良いでしょう。

また、弁護士や会計士も膨大な学習時間が必要になってきます。

弁護士になるためには予備試験を受けるか、法科大学院を卒業してから、司法試験を受ける必要があります。

合格者の平均年齢が29.1歳というデータもあり、長い年月を学習に費やす必要がありそうです。

また、同様に公認会計士も学習に5000時間以上が必要だと言われています。

 

特に日本の職業の中で、高収入なのは飛行機のパイロットです。

厚生労働省のデータでも、平均年収が2000万円を超える特に高年収の仕事です。

パイロットになるには、大学を卒業して航空会社に就職し、パイロット養成コースに進むか、高校卒業後、航空大学校に進学してライセンスを取得後に就職する二つの道があります。

ただ、飛行機のパイロットは短いスパンで定期的に綿密な身体検査を受けて、それに合格しないとパイロット資格がはく奪されてしまうこともあるので、健康には十分に気を付ける必要があります。

 

 

年収1000万円以上の企業に入る

 

当たり前と言ってしまえばそうですが、これがなかなか難しいのは皆さん、ご存知だと思います。

基本的に、年収1000万円以上の企業は先にも述べた様に、金融・放送・総合商社・コンサルタントなどに多くあります。

しかし、同じ業種でも会社によって給料は大きく違う場合もあるので、そこは会社次第となっています。

もう一度言いますが、年収が1000万円を超える上場企業は日本に約60社あるため、そのどこかに入ることができれば、年収1000万円を手にする可能性はぐっとあがります。

ただし、それらの企業は名門大学を中心に採用するので、大学受験を必死に乗り切って勝利した人がたどれるルートと言えます。

 

 

まとめ

 

以上、年収1000万以上の仕事に就く方法ということで見てきました。

それだけの年収を得るためには、高度な専門知識や技術、あるいは相応の学歴が必要になってきます。

高年収を得ようと思ったら、できるだけ若いうちから、特に10代のうちからの努力が必要になってきます。

ただし、働きながら資格を取ったり、学校に通ったりする人も多くいますので、ステップアップできるかどうかは本人の意志の強さ次第とも言えます。

本記事が読者の参考になれば幸いです。

wacom-2618896_1920

合わせて読むべき記事

pexels-photo-261662

年収1,000万以上の仕事に就くためにしておきたいこと

年収1,000万円の仕事 年収1,000万円以上稼げる仕事に就くには、少なくとも一つ以上は社会的に認…

calculator-1680905_1920

現在のあなたはどのレベル?20代営業の平均年収

20代営業職平均年収 20代の平均年収は近年350万円前後。 その中で営業職の平均年収が364万円と…

images

年収1000万以上稼ぐにはまず何から始めると良いのか

意識を変える   まずは意識を変えましょう。 会社から給料をもらうのではなくて、自分で稼い…

business-office-morning-coffee-picjumbo-com

年収1,000万以上稼ぐには?今から行うこと

日本人の年収1,000万円以上ってどれぐらい? 実際に年収1000万円以上を稼いでいるのは日本人全体…

macbook-923975_1280

男で高収入を得るために気をつけておかなければいけない7つのこと(男 高収入)

転職エージェントは、何を利益にしているか考えよう 高年収をうたって転職希望者を囲い込もうとしている転…

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s

年収1,000万以上の仕事に就くために必要なスキルや知識とは

年収1000万円もらえる仕事にはどんなものがあるのか   まず、年収1000万円を超える仕…

gf01a201502191800

年収500万以上の仕事に転職する方法

年収500万円以上の仕事   それでは年収500万円くらいの仕事はどのようなものがあるでし…

stunning lifestyle imagery for modern creatives...
check out another scenery / perspective

年収500万以上の仕事内容と仕事を効率的に進める裏技

30代後半~40代前半というステージ   先にも説明した通り、平均的な男性の場合に年収50…

gahag-0043019318-1

稼げる仕事が見つかる!高卒でも安心して働ける正社員の仕事とは

高卒でも高収入が狙える仕事 高卒でも高収入が狙える仕事は、主に3点です。 まずは資格が必要な仕事です…

bc80812f137c9c76b0a0c6186d9bb218_s

【営業職】20代のうちから年収をアップさせるポイント

営業職は20代からでも大きく稼げる可能性がある 先に書いた通り、良くも悪くも営業職は成績次第で給与が…