年収1,000万以上の仕事に就くためにしておきたいこと

年収1,000万プレイヤーは、全体の3~5%ほどと言われています。

ある意味大台であるため、優秀なビジネスマンが目指す一つの到達点でもありますが、そこに辿りつける人はそれほど多くはありませんし、人によっては一生届かない年収です。

しかし、特別な人にしか達成できない数字かというとそうでもありません。
努力次第、やり方次第では多くの人が十分に達成可能と言えますので、目指すならば事前に準備しておきたいことがいろいろあります。

年収1,000万円の仕事

年収1,000万円以上稼げる仕事に就くには、少なくとも一つ以上は社会的に認められた成果を上げているとよいでしょう。

簡単に言えば、偏差値の高い大学を卒業しているか、何らかの資格を取得しているかと言ったことですが、何もなければ自分の実力はそのままぶつけるしかないので持ち前の人柄と行動力を発揮できる仕事に就くと良いでしょう。

基本的に年収の高い仕事は、大きな責任を背負っている仕事、高度な専門知識が必要な仕事、成果がそのまま給料に結び付く仕事となります。

目の前のことを必死に頑張る

そのような仕事に就くために事前にしておきたいことはいくつもありますが、まずは目の前のことを必死に頑張ることが大切です。
それもできるなら10代から。

年収1,000万円を超える職業の多くは、高い学歴を持っていたほうが就職しやすいです。

学歴は10代の自分の成果です。
一定以上の成果を上げていることは社会に出る前の人間にとっては大きな評価項目の一つなのは言うまでもないことです。

東証一部上場企業で平均年収が1,000万円を超える会社は60社ほどあります。
10代で目の前の勉強を頑張って、名門大学に入って卒業、そのまま一流企業に入ってしまえば、あとはその流れに乗っていけば年収1,000万円は達成しやすくなります。

すでに20代で学校を出た後の人でも、与えられた仕事に前向きに取り組んでください。

一度、就職した後に転職するときは前職の実績が大きな評価項目になります。
海外では働いていてもキャリアアップしたいと思えば一度、大学に戻って勉強しなおすこともありますが、日本ではあまり一般的ではありません。

経済的に成功した人に10代・20代の頃の話を聞くと、「目の前のことに全力に取り組んだ」と口を揃えて言います。

必要な資格を取得しておく

20代のうちに必要な資格を取得しておくことをお勧めします。
20代で年収1,000万円を超えている人は0.2%ほどしかいないため、かなり難しいことがわかります。

それでも20代のうちに達成できるようにチャレンジするか、それとも20代は修業の期間だと割り切って力を蓄えるかは選択になってきます。

日本で1億円以上の資産持つ人が、その資産をどうやって築いたかと言うと次の三つが多いというデータがあります。

 高度な知識やスキルの報酬として稼いだ
 独立して成功した
 企業で上り詰めた

それぞれ25%程度です。
ちなみに投資で資産を得たという人は2%ほどでそれほど多くいません。
企業に入って役員に上り詰めるのも、高度な知識やスキルを取得して報酬を得るのも時間がかかります。

何歳で年収1,000万円を超えたいかにもよって選択肢も変わってきます。
20代でもそれだけ稼ぎたいと思ったら、もっとも可能性があるのは独立と言えます。
年収1,000万円超えを考えるなら医師や弁護士がありますが、医師は大学で6年・研修医として2年以上学ぶ必要があり、実質的に30代からが活躍の時期とみていいです。
また、弁護士の平均合悪年齢は28~29歳程度となっていて、やはり30代から本格的に仕事に取り組むことになります。

リーダーの資質を磨いておく

ちなみに20代で年収1,000万円稼いでいるのは0.2%と言いましたが、30代では1%、40代で9%、50代で22%と言われています。

実質的に年収が1,000万円を超えるのは40代くらいから、と言えそうです。
これは勤めている会社や職業によるので何とも言えないところですが、年収1,000万円を超えた時には部下がいる場合が多いはずです。

そんな時、必要なのはリーダー経験ですが、部下を統率できそうもない人が役職に就くことは稀だと言って良いでしょう。

人をまとめることができると思うからこそ、リーダーに抜擢できるのです。
自分自身を管理するだけならばそうでもないですが、他人を管理するのはとても大変なことです。

人はうそをつく生き物であり、虚偽の報告が上がってくることもあります。
知らない間に勝手なことをして顧客を怒らせることもあります。
そんな時、あなたはどのような態度を取るでしょうか。

仕事なんだからしっかりしろ、というだけなら誰でもできることですが、果たして部下は前向きに思い直してくれるでしょうか。

まとめ

pexels-photo-267669

以上、年収1,000万以上の仕事に就くためにしておきたいことということで見てきました。
とにかく目の前のことを必死に頑張ること、必要な資格やスキルを取っておくこと、リーダーとしての資質を磨いておくこと、です。
本記事が読者の参考になれば幸いです。

合わせて読むべき記事

618019d28fad1ce2c7079ec146ab1c9f_s

高収入の仕事は大阪で見つかる!稼ぐ男から学ぶ5つのステップ

ステップ1 転職理由を明確にしておく ここを見ていただいている方は、ズバリ「高収入の仕事に就きたい」…

achievement-agreement-business-886465

年収1000万以上稼ぐには?高収入者の共通点

    【年収1000万円以上】高収入者の共通点   「学ぶ」という言…

cf4eb4f1668a9e0a8243d5e8f056a09e_s

日本人の平均年収よりやや上?年収500万以上の生活とは

年収500万円に到達できる時期   年収500万円以上もらっているのは、全労働者のうちの約…

a634afe9b04a20bfbab1252c021c0bc7_s

20代営業マンが年収アップするためにすべきこと

20代営業マンが磨くべき能力 対人コミュニケーション能力   営業に絶対不可欠なのが、コミ…

8012c9c117c4dafcac4e925aaf43f9f7_s

年収1,000以上稼ぐには何ができる?稼ぐ人の特徴と人生を変える方法

稼ぐ人の特徴 能力やスキルをいきなり向上させることはできません。 よっぽどの天才か、もともとの素養が…

729e60915227a2124ca6595a4d2e5618_s

年収500万円を稼ぐためにはどれくらい働けばいい?営業マンと飲食店で徹底比較

  正社員・中堅という基準を設けてみる 両者を比較する為に、正社員・中堅という基準を設けて…

images (2)

あなたの年収はどのレベル?30代営業の平均年収

業界別・30代営業職の平均年収 まずは一つの基準を得るために平均的なデータを見てみましょう。 30代…

fc0827f351a1f069a316268a7650fc19_s

年収500万以上稼ぐには?今すぐはじめたくなる3つのヒント

アルバイトでも年収500万は可能 結論としては、アルバイトやフリーターの方でも年収500万円以上稼ぐ…

stunning lifestyle imagery for modern creatives...
check out another scenery / perspective

年収500万以上の仕事内容と仕事を効率的に進める裏技

30代後半~40代前半というステージ   先にも説明した通り、平均的な男性の場合に年収50…

access-1846056_1920

年収1,000万以上の人の実生活と税金について

年収1,000万円の手取りはどれくらいになる? 一般的には手取りと言われている金額は、総支給から税金…