年収1,000万以上の人の実生活と税金について

年収1,000万円と聞くとどのような印象があるでしょうか。

大台に乗ったので、お金持ちになった感じでしょうか。

人によっては逆に税金が厳しそうとか、実はそんなに贅沢はできないという印象もあるかもしれません。

2017年現在、日本人の平均年収は420万円です。

そして、約75%の労働者が年収500万円未満で生活している現状を考えると、その倍以上の年収は経済的には裕福なのは間違いなさそうです。

年収1,000万円の手取りはどれくらいになる?

iphone-926265_1920 (2)

一般的には手取りと言われている金額は、総支給から税金などを引いた、本当に自由に使えるお金の事です。

しかし、日本は累進課税であり、年収が高くなるほど、課税率も高くなるため手取りは計算してみないとわからない部分もあります。

そこで計算してみたところ、年収が1,000万円だと、約25%が税金や社会保険料で持っていかれることになるようです。

手取りは700万円~800万円くらいの間になります。

このように金額に幅がでるのは、個人の状況が違うからで、扶養家族の有無、雇用保険の有無、サラリーマンか事業主か、などで変わってきます。

ここで平均的な日本人の平均年収である420万円と比べてみましょう。この収入帯だと、だいたい手取りは約336万円となります。

年収1,000万円の人はざっくり計算しただけでも、平均的な人よりも年間400万円ほど自由にお金が使えることになります。

 

 

税金が高いだけじゃない? 補助や所得控除も受けられなくなる

 

税金で、どれくらい引かれるかはわかりました。

しかし、年収1,000万円の生活を語る上では、まだ少し足りません。

というのも、生活、ことに家計に影響を及ぼす要素として、国からの補助や所得控除も大きいからです。

既婚か、子供がいるかなどで変わってきますが、一例を挙げれば、高校の無償化や児童手当などはこの年収の人たちは受けることができません。

所得が増加すると二つのデメリットが出てきます。

税率も上がり、補助も受けられなくなるため、今まで出していなかったところにお金を使わなければなりません。

 

 

実生活を語るなら、世帯収入として考える

 

年収1,000万円以上のビジネスパーソンは全体の約5%と言われています。

しかし、実生活を語るのであれば、個人の年収よりも家計として考えた方が良いでしょう。

既婚者の場合、配偶者が働いている場合も多いからです。

細かいところで計算は変わってきますが、夫の年収が700万で、妻の年収が300万円でも、年収1,000万円の生活にはなります。

家計としてみたとき、日本の世帯収入の平均は約720万円です。

そして、世帯収入が1,000万円を超える家庭は平成26年では、全体の12%ほど。

つまり日本人の1割以上の家庭が年収1,000万円の生活を知っていることになります。

平均的な家庭と比べた場合、世帯収入が1,000万円の家庭は、手取りで年間200万円近く自由になるお金があります。

家計として考えるなら200万円は決して少ない金額ではありません。

しかし、不思議なことに世帯年収1,000万円超の家庭の約3割がカードローンを定期的に利用しているというデータもあるのです。

 

 

年収1,000万円もあるのに、生活が苦しくなる理由

 

年収1,000万円というのは確かに一つの大台です。

しかし、冷静になって考えてみると日本人の平均的な生活+200万円という現実が見えてきます。

では、その200万円で何が買えるでしょうか。

車を買えば、ぱっと消える金額です。

旅行なら、家族を連れて海外に数回は行けそうです。

ちょっと高級な店で食事をする回数を増やしてみたいと思うかもしれません。

このようなことが積み重なれば、馬鹿にならない支出になります。

しかし、今見て来たような一時的な支出ならまだ安心です。

問題は、毎月かかってくる固定費にあるのです。

 

 

最大の問題は固定費

 

贅沢と言っても車を購入することや、旅行にたまに行くくらいなら、まだ大丈夫です。

今年、車は買い替えるのはやめよう。旅行や外食は少し控えよう。

ちょっと家計が苦しいなと思った時に、すぐに止めることができるからです。

しかし、家賃の高い物件に引っ越した場合などはどうでしょうか。

家賃10万円の物件から、家賃20万円の物件に引っ越したら、それだけで年間120万円の支出増です。

しかも、やっぱり生活が苦しいからといってそうそう簡単に引っ越すことなんてできるわけがありません。

毎月、確実にのしかかってくる金額なのです。簡単に削減できない支出です。

固定費には子供の教育費なども挙げられます。

有名私立に子供を一人通わせた場合、年間数十万円の学費が必要になってきます。

家計がちょっと厳しいからと言って、気軽に転校することも当然ながらできません。

さらにそういう学校には本当のお金持ちなどの子女がたくさん入ってきます。

高い物件に住んだ場合、周囲はやっぱりお金持ちが多くなります。

子供の学校でも父兄の付き合いなどもあり、そういう時に着ていく服なども安物ではすみそうにありません。

予定外の支出は必ず出てきます。

固定費に合わせて、予定外の支出にも対応できるよう、しっかり家計を考えないとカードローンに頼らなければならなくなるのも納得できることです。

 

 

どこにお金を使うかを選ぶ

startup-593351_1920

今、見てきたように年収1,000万円でも、生活のすべてを一流にすることはできません。

お金を持っているからこそ、無理のない家計を考えなければならない年収帯とも言えそうです。

ちょっと余裕があるからと言って、ぱっとそういう世界に入ってしまうと、途端に支出が激しくなるのです。

合わせて読むべき記事

books-classroom-close-up-289737

年収500万以上の生活をするために、今日からできることとは

年収500万円を達成するために 年収500万円の生活は概ね中流と言っていいです。 夫婦と子供二人の4…

お金

20代必見!将来稼げる仕事に就くためには

    20代は修業の期間?     これは経営者などにも多…

616a2778ae9c17219454eaeb6a49cb12_s

年収1,000万以上の生活を送りたいなら読んでおくべき情報

大きな目標「年収1,000万」 サラリーマンで年収1,000万円以上を一つの目標にしている人も多いよ…

pexels-photo-350397

【国内・海外編】年収1,000万以上の生活

日本で年収1000万円の生活 日本で年収1000万円の生活をしている人はどのような仕事に就いているの…

6c50aaa28ba628c698280431912c9bd9_s

年収1,000万以上稼ぐには実際何年かかるのか?実現する人としない人の差とは

年収1,000万円に到達するには何年かかる? サラリーマンでも、年収1,000万円に到達することはで…

home-office-336378_1280

2017年稼ぐならこの資格!高収入の資格ランキング

求められるスキルあ詰め込まれた米国公認会計士 日本の企業相手に監査業務を行う法人を監査法人といい、監…

d3b0341ad44086c5a3ff98ca7c095ed3_t

年収500万以上の生活を送る際の注意点

年収500万円の実態 生活を語る上で必要になってくるのが家計であり、可処分所得です。 可処分所得とは…

clean-and-simple-office-workdesk-setup-picjumbo-com (2)

東京には仕事が沢山!高収入を目指す男性が知っておきたいこと

東京で高収入を目指すには   漠然と東京で高収入を目指すと言っても、おそらく身動きが取れな…

cup-of-coffee-1280537_1920

20代で500万円稼げる男性VS 30代で300万円しか稼げない人

同じオフィスで働いているのにも関わらず、年収に差がある 20代で500万を稼ぐサラリーマンは、勿論大…

macbook-pro-from-the-top-picjumbo-com

とにかく稼ぐ!儲かる方法7選

メルカリを利用した販売 昨今、メルカリをはじめとしたフリマアプリは誰もが保有しています。 フリマアプ…