今からでも間に合う高収入資格ランキング

今の仕事から転職したいときや収入アップを目指すために、資格を取得しようと考えている人もいると思います。
ただ、資格を取るには時間がかかります。

医者は医学部に入学してから6年間大学で学ぶ必要もあり、さらに弁護士には5000時間以上の勉強時間
(一日5時間でも最低2年半以上)が必要と言われています。

資格を取って収入をアップさせたいと思っていても、働きながらだと、そこまで時間に余裕がないかもしれません。
あるいは年齢的に資格を取得するのに時間をかけられない人もいるでしょう。

しかし、まだあきらめるには早いかもしれません。

医師・弁護士・公認会計士は日本の三大国家資格と言われており、最難関の資格なのです。
目標をもう少し下げれば、今からでも取得できる高収入の資格は存在します。

今からでも間に合う高収入資格ランキング

new-iphone-5s-gold-in-cafe-picjumbo-com

それでは、すでに就職してしまって仕事の忙しい人、時間のない人向けの資格ランキングを発表していきたいと思います。

一般に学習時間が3000時間を超えるような資格を除外し、仕事をしながらでも取れる資格を掲載します。

 

 

中小企業診断士

取得までの学習時間の目安 1300時間

 

中小企業診断士は企業の経営状態を分析し、健全な経営を行うための助言や指導をおこなう仕事です。

中小企業診断士を取得する人の中には、どこかの企業で働きながら、キャリアアップや自己啓発を目的としている人もいますが、独立して開業している人もいます。

一般的に年収500万円~700万円と言われていますが、独立してコンサルタントとして働く人の中には、年収1,000万円~稼いでいる人もいます。

 

社会保険労務士

取得までの学習時間の目安 1000時間

 

社会保険労務士の仕事は、労働社会保険諸法令に基づく書類の作成・提出、同法に基づく帳簿の作成、人事・労務に関するコンサルティングの3つが主な仕事です。

独立開業もできるのですが、企業内にも需要があるため会社勤務もしやすいのが特徴です。

事務所勤務での年収が400万円~650万円、独立した場合が年収450万円~800万円ほどと言われています。

 

 

行政書士

取得までの学習時間の目安 600時間

 

行政書士の仕事は、内容証明や相続・遺言などに関する書類の作成と、それらの行政機関への提出です。

取り扱える書類は1万種類を超えると言われています。

多くの行政書士はいくつかの専門分野をもって業務を行っています。

年収600万円~くらいという事ですが、独立して、うまく集客できれば1000万円を超える年収の人もいます。

士業で独立した人すべてに言えることですが、年収をアップするには営業力も必須です。

また、同業者と差別化するために、+αが必要になってきます。

競争優位を得ることができれば、年収が何倍にもなる可能性は十分あります。

 

 

ファイナンシャルプランナー

取得までの学習時間の目安 350時間

 

顧客は個人となり、その人のにあったライフプランニングを提供し、資金計画や助言を行う仕事です。FPともよく略されます。

企業に勤めている場合でも、この資格が有利に働くことはままありますが、自分の勤めている会社がFPの資格を重視するかどうかをまず確認したほうが良いでしょう。

仕事だけでなく、実生活にも生かせるため、年収アップ目的でなくても取得する人もいます。

平均年収は300~400万円と言われています。

ただし、働く業界によっても年収に差があるようです。

不動産業界で特に生かせる資格のようで不動産業界のFPの平均年収は650万円とのデータもあります。

 

 

宅地建物取引主任者

取得までの学習時間の目安350時間

 

平均年収は320万円~540万円ほど。

宅地建物取引士の仕事は、宅地重要事項の説明、重要事項説明書への記入・押印など独占業務もあります。

独立後は不動産の仲介が主な仕事となります。

仲介ですので、自分で土地や物件を持つ必要もないので、開業資金はそれほど必要ありません。

宅建の仕事内容には独占業務も含まれており、契約締結前の重要事項の説明や、締結後の署名押印などがそれにあたります。

 

 

第2種電気工事士

取得までの学習時間の目安150時間

 

第二種電気工事士は、屋内の配線作業・コンセントの設置・アース施工などの各種電気工事、その後の保守・点検が主な仕事になります。

第二種は600V以下で受電する一般住宅や店舗をはじめとして、規模の小さい工場やビルも含まれるので、需要はかなりあります。

よって就職先も豊富で、電気工事会社、建設会社、工務店、家電量販店などがあります。

勉強時間もそれほどかからないため、いざというときのために持っておいても損のない資格です。

年収は300万円~700万円となっています。

 

 

まとめ

creative-869200_1920 (1)

今からでも間に会う高収入資格ランキングということで見てきました。

就職してからでも転職には厳しい年齢でも間に合う様に、比較的学習時間の短いものや、独立開業がしやすいもの、働きやすいものを選んでご紹介しました。

資格は強力な武器には違いありませんが、基本的に業務知識です。

よって、その知識だけで独立することは難しいですので、経営や営業などの周辺知識も蓄えてから独り立ちすることをお勧めします。

 

合わせて読むべき記事

gf01a201502171000

【未経験から正社員へ】稼げる仕事に就くために!面接で有利になる資格やスキルとは?

    面接で有利になる資格   面接で有利になる資格とはどのようなも…

modern-black-and-white-home-office-workspace-picjumbo-com (2)

独立しやすい資格と開業するのに役立つ資格

独立しやすい資格 独立しやすい資格とはどのようなものでしょうか。 例えば、市場規模がないとお客さんが…

hand-1076597_1280

今後伸びること間違いなし!?独立・開業で食っていける資格とは 

かつては「食える資格」であった弁護士(司法試験)・公認会計士 例えば司法試験の場合、一昔前は、大学卒…

writing-1149962_1920

今後伸びる業界の独立しやすい資格とは?

独立しやすい資格 一般的に士業と言われる資格の職種は独立しやすいのは説明の必要がない事かもしれません…

1369e8024cf51a6585381076715a38e6_s

今後伸びる業界の給料がいい資格とは?

日本の今後を考えると 未来は現在の延長線上にあります。 現在の社会状況を知ることが、将来を知ることの…

75a1eb92160ba23a809763d5b141ae47_s

今後伸びる業界の資格!高収入の資格ランキング

今、高収入の資格でも将来的にはどうなのか? 今の日本は技術進歩が速く、社会状況の変化が激しい時代でも…

simple-minimalistic-home-office-with-equipment-on-wooden-desk-picjumbo-com (1)

知らないと損する給料がいい資格

比較的簡単に取れて給料が良い資格 もらえる給料と資格の取得の難しさは、やはり比例する傾向にあるようで…