ベンチャー企業を起業するために必要不可欠な能力

ベンチャー企業という言葉を知っていても、その意味まで理解している人はどれくらいいるのでしょうか。

ベンチャー企業と普通の企業の違いとは何か、と問われてもなかなか答えられないと思います。

ベンチャーとは冒険的な事業の事で、今まで誰もやったことがないような事業の事です。

ベンチャーとは

white-iphone-5s-with-headphones-picjumbo-com

ベンチャーとは冒険的事業の事です。

起業家は、これなら利益を出せると踏んで起業しますが、今まで誰もやったことがない方法や、新しい発想で商品やサービスを提供していくため、前例がほとんどありません。

新しい収益構造を構築したり、今まで社会になかった商品を販売したりと、自分たちが先駆者となって開拓していくことになります。

もともと社会にない発想や考え方が根本にあるので、その商品やサービスが受け入れられるには時間がかかる場合もあります。

ただし、先行者利益もあります。

そのビジネスが成功した場合、マーケットのシェアを一気に拡大することができます。

また、消費者や顧客の心の中にブランドイメージを築くこともできるので、大きなリターンが期待できます。

 

 

ベンチャーで起業するための必要な才能

 

では、ベンチャーを起業するために必要な能力を見ていきましょう。

 

 

発想力

 

まず、なにより発想力です。

今まで社会になかったものを生み出して、人々の生活をより豊かにするためには発想力が必要です。

革新的なアイデア、斬新な手法。

現在の社会的な課題は何なのか、何を作って売れば人々の生活を改善できるのか、アプローチの方法は様々ですが、その発想こそがベンチャーの根本になってきます。

そして、それがビジネスになると感じたなら起業の準備を始まるのです。

 

 

起業する能力

 

ただし、発想だけでは会社は作れません。

このアイデアは素晴らしいと思っても、どうやってそれを実現したらいいか、わからなくて断念する人も多くいるはずです。

会社を興す能力がなければスタート地点にさえ立てません。

経営学の知識・経験、資金の調達方法、部下の管理、業務周辺の法律の知識などなど、求められるものは多くあります。

 

 

逆境に立ち向かえる心

 

上手くベンチャーを起業にこぎつけられたとしても、ここから先が本番です。

何せ、今まで社会になかった商品、サービス、やり方でビジネスを展開していくのです。

全ては手探り状態。

ベンチャーは冒険です。

今までなかったものなので、見込み顧客や、利害関係者も首をかしげます。

 

「これ、何の役に立つの?」

「本当に便利なの?」

 

まずは、ビジネスを認知してもらうところからスタートです。

がんばって営業をして、自社と商品の説明をします。

しかし、なかなか食いついてこないのが普通です。

最初は会社に人がいません。商品も売れないので、売り上げも上がりません。売り上げがなければ、会社の運転資金は持ち出しです。

手持ちの資金だけが目減りしていく……。

このまま、何もないまま資金が底をついて倒産、なんてことも考えられます。

 

しかし、ここで心が沈んでしまう人にはベンチャーは向きません。

冒険に危険や障害はつきものです。逆に楽しめないようなら、すぐにやめた方がいいかもしれません。

テンションが下がった状態で営業に出ても、成果は得られにくいです。

しょぼくれた顔をした人から、商品を買う人はいません。

逆に奮起して、今まで以上の力が出せる人こそ、ベンチャー向きと言えるでしょう。

 

 

計画性・大局観

 

ベンチャー企業というのは成長途中の企業です。

社会的認知がないため、これからマーケットを開拓していく必要があります。

なんとかうまく回りだして、商品の事を消費者に知ってもらうことができると、商品が売れ始めます。すると会社の状況に変化が起きます。

商品が売れるのでお金が入ってきます。

より売れるようになれば、人を増やす必要があります。

会社が手狭になれば、引っ越しも考えなくてはいけません。

成長途中の企業は、様々なものが短期間で変化します。

しかし、それらのイベントが起こるたびに後手に回って対処しているようでは、更なる成長のチャンスを逃す可能性もあります。

会社にとって、今はどういう時期なのかが見えていないと大きな失敗をする恐れもあります。

少し売れ始めたからと言って、商品が十分認知されていない間に、一気に投資をしても売りさばくには無理があります。

サービス業なら店舗拡大になるのでしょうか。

何事にも適切な時期があります。

身を亀のようにして守りに入る時期なのか、それとも一気に攻める時期なのか、それを判断する大局観がないと事業は成功しません。

ベンチャー乗り出すような性格の人には、攻めの経営をする人が多いように見えます。

しかし、攻め一本調子でどんどん資金を投入したのはいいが、タイミングがずれていてあまり成果を出せず、借金に苦しむ人も多いです。

 

 

ベンチャーは冒険

iphone-5s-gold-with-a-box-picjumbo-com

ベンチャー企業を企業するために不可欠な能力ということで見てきました。

ベンチャーは冒険です。同時に新しいものを世に送り出すことができる発想力と実行力が必要になってきます。

また、冒険には様々な障害や危険が待っています。

情熱をもちつつも、冷静に判断しながら歩みを進めることができれば、大きな失敗も防ぎやすくなります。

合わせて読むべき記事

designer-home-office-picjumbo-com

独立して稼げる仕事、独立開業できる職種とは?

国家資格タイプ 国家資格タイプの仕事は、国家資格あるいはこれに準じたものが必要なものです。 国家資格…

aerial-business-computer-1011329

男性に人気!大阪で探す高収入のお仕事

      大阪で探す高収入の仕事     1.保…

publicdomainq-0007765xmg

20代の営業が年収400万以上稼ぐための秘訣とは?稼ぎたい人が習得するべき営業スキル

行動力   まず何よりも行動力です。 学歴はなくても営業に就職し、持ち前の行動力と人当たり…

1fb44a9754ff0e5b28f08b8fc6ad607b_s

未経験から正社員に!稼げるお仕事ランキング

    未経験から正社員へ。稼げる仕事ランキング     1…

office-2609253_1920

実は稼げる!サービス業の仕事の実態について

サービス業の種類 宿泊サービス レジャーサービス 金融サービス 教育サービス 情報サービス 医療サー…

iphone-lying-on-macbook-keyboard-picjumbo-com

営業の年収はどのくらいなのか?20代でも稼げる営業マンになれるコツ

孫氏の兵法!事前に顧客情報を知り分析する 孫氏の兵法の「彼を知り、己を知れば百戦危うからず」という言…

8012c9c117c4dafcac4e925aaf43f9f7_s

30代営業職の平均年収は?-年収アップのコツ

30代営業職の平均年収 給与に差がつき始めてくると気になるのが、他の人はどれくらい給料をもらっている…

6f7b1b75c0c333f0d2326e7e0668918b_s

未経験OK!男性が稼げるお仕事一覧【大阪編】

     未経験OK、大阪で稼げる仕事   厚生労働省の『賃金構造基本…

20170306232216

年収500万以上稼ぐには?共通点はコレ!

    職種で見る、年収500万円以上仕事   共通点を探る前にまずは…

3c37af3d77d928de9d5dc325f49fcf9a_s

30代が稼げる仕事や必要な資格とは?

30代で稼げる職業その① 国家資格 30歳で他の仕事よりも稼げるものを上げるとすれば、まずは日本の3…