あなたの年収はどのレベル?20代営業の平均年収

営業の仕事と聞くとどのような印象があるでしょうか。

モノを売る営業は顧客に最も近い職種の一つであり、コミュニケーション能力や、第一印象力も大切になってきます。人当たりがよく、明るくさわやかで、話し方がうまい人を想像した方も多いでしょう。

また、その一方でノルマ、歩合給などの言葉もふっと頭をかすめるかもしれません。

しかし、営業と一口に言っても業界によって仕事の仕方も待遇も様々です。

今回は、20代の営業職の平均年収を業界別にみていきたいと思います。

20代の営業の平均年収

 

国税庁の調査では、20代の平均年収は296万円となっています。日本人の平均年収が420万円であることを考えるとやはり、はたらきはじめの20代は給与が低く抑えられる傾向にあります。

もっとも、20代でも前半の平均年収では248万円、20代後半344万円となっており、社会人として業界人として一通りのことを身に着けた後では、年収にもやはり差が出るようです。ただし、これは営業職だけでなくすべての職業のデータとなります。

では、20代営業職の平均年収はいかほどなのでしょうか。今からそれを見ていきましょう。

商社営業職  360万円

商社は他社の作った製品を売る仕事です。メーカーと顧客の間を仲介するため、双方に気を遣うことになります。

メーカーの機嫌を損ねれば仕入れができなくなり、顧客にそっぽを向かれたらモノが売れなくなります。

金融と並んで、高年収の業界ですが、20代のうちはそれほど突出した年収にはならないようです。

IT営業職  400万円

IT営業は、自社のパッケージを販売したり、顧客の開発案件を受注したりする仕事となります。会社によって様々ですが、エンジニアが営業を兼務する場合もあります。というのも、ある程度ITの専門知識がなければ、顧客への提案もシステムの検討もできないからです。

不動産・住宅営業職  409万円

不動産営業は、不動産を売ったり、貸したりする仕事になります。
高額歩合のケースもあり、建売住宅では1棟50万円という話もあります。
会社によって、違うのでそこは慎重に選んだほうが良いでしょう。

広告営業職  384万円

顧客に対して、広告枠を売ったり、イベントの提案をしたりする仕事です。有名な広告会社は求人倍率が非常に高く、人気のある業界でもあります。

自分の作った広告が流れるのを目にすれば、仕事のモチベーションも上がります。

人材サービス営業職  385万円

顧客の新規開拓、ルートセールス、マッチングなどが主な仕事になります。新規顧客への提案や、すでに派遣されている人材へのフォローなどで、ほとんどが外回りの営業となります。

MR営業職  493万円

Medical Representative : 医薬情報担当官 のことです。

主に薬品の情報を医療関係者に提供する仕事です。商品を直接売ったりはしませんが、自社で開発した薬品の有効性などをアピールすることで間接的に売り上げに貢献します。

医療機器営業職  389万円

医療業界は、景気の波が少ない業界です。人間は景気が悪くなって、財布からお金が少なくなっても病院に通うことをやめたりはできません。また、これから更なる高齢化に突入するので需要はさらに増していきます。

食品・消費財営業職  353万円

食品・消費財営業は自社の商品を販売しますが、主に問屋や小売業などの法人を相手にします。店頭などで自社の商品の販売支援などもします。消費者にとって身近な製品を扱うので、自身の消費者としての感覚を生かすことができます。

電機・機械営業職  375万円

電機・機械と言っても様々です。電子部品などの小さなものから、自動車、プラントまで様々で多岐にわたります。

新たな技術が次々と生まれており、あらゆる業界の企業が瀬局的に投資しており、その中でどのようなモノが売れているのかを機敏にとらえることができれば大きな売り上げにつながります。

銀行・証券-法人営業職  444万円

銀行の法人営業です。

法人相手なので、顧客は企業の幹部や重役が多いのが特徴です。企業経営者は経済や金融について詳しい場合も多いため、当然、営業側も金融に対して深い知識を持っている必要があります。

銀行・証券-リテール営業職  380万円

銀行の個人営業です。住宅ローンなどをはじめとした融資や、資産運用などの提案をします。運用できるだけの資産のある富裕層が主な顧客となってきます。

保険営業職  355万円

ノルマも厳しく、3年以内の離職率は8割と言われています。しかし、そこは向き不向きなのか、20代で年収1000万円以上をかせぐ営業マンもたくさんいます。

個人営業と法人営業の違いや、取り扱う保険の違いもありますが、仕事も忙しいため、精神的にも肉体的にもタフなほうが良いようです。

 

参考:https://doda.jp/careercompass/hitome/nenshu.html
:https://ten-navi.com/hacks/salary-9-9164

 

まとめ

iojo02ed01htec2b6a25234g

あなたの年収はどのレベル?20代営業の平均年収、ということで見てきました。

各業界の営業職ですが、20代では最大140万円ほどの差が出ます。

しかし、商社などは20代ではそれほど多くない給料ですが、その後も昇給が続くため30代では逆転することもあります。

本記事が読者の参考になれば幸いです。

合わせて読むべき記事

pexels-photo-217661

実は苦しい?年収1,000万以上の生活の現実

年収1000万円の生活実態 手取り   では、そろそろ年収1000万円の生活実態をみていき…

P1100451

年収500万以上の生活ってどんな感じ?実は意外と普通なのでは?

生活レベルは年収の金額ではなく、手取りの金額によって決まる 一般的なサラリーマンをしていると、額面支…

macbook-pro-from-the-top-picjumbo-com

とにかく稼ぐ!儲かる方法7選

メルカリを利用した販売 昨今、メルカリをはじめとしたフリマアプリは誰もが保有しています。 フリマアプ…

9fddec4a211943f1b9cdd593b1ca7077_s

年収500万以上の生活をする人と年収500万以下の生活をする人の違い

どこで差がついたのか   近年の日本人の平均年収は420万円。 あくまで平均なので、これよ…

pexels-photo-267674

高卒だけど正社員になりたい方必見!稼げる仕事を見つけるコツ

学歴の重視されないところで勝負する   現代は大学全入時代と言われており、お金さえ払えば誰…

heart-with-whiteboard-magnets-picjumbo-com (1)

誰でもできる!年収500万以上稼ぐには?

資格を取得する職業ならば、誰にでもチャンスはある 無い袖は振れないので、あなたがどんなに上司や顧客か…

cf1e4aa2db3dfa10803c992e4d03c55f_s

年収500万以上の仕事ってどんなものがある?

  年収500万円以上の仕事にはどんなものがあるのか 年収500万円以上の仕事にはどんなも…

cellphone-desk-iphone-7100

おすすめの稼げるサービス業の仕事とは?

サービス業とは みなさんはサービス業という仕事にどのようなイメージを持たれているでしょうか? 長時間…

business-agency-team-working-on-new-ideas-picjumbo-com (3)

「年収1,000万以上」ではどんな生活になるのか

年収1,000万円の生活   それでは年収1,000万円の生活を見ていきましょう。 中小企…

8e0db9690b4151a5dfbe4658f929cdba_s

年収500万以上の職業・仕事内容について

年収500万円以上の仕事にはどんなものがあるのか では、年収500万円以上の仕事にはどんなものがある…