【職種別】年収1000万以上稼ぐにはどうすれば良い?

年収1000万円以上稼いでいる人の割合は、全体の3~5%ほどになります。
100人いたら、3人から5人は年収1000万円をもらっている計算になります。

これを聞いて多いと思うか、少ないと思うかは意見の分かれるところですが、少なくとも普通にやっていたのではなかなかたどりつけない年収であることに変わりはありません。

では、年収1000万円以上稼ぐにはどうすればいいのか、それを職種別で見ていきましょう。

サラリーマンの場合

pexels-photo (2)

もっとも多いのが大学を卒業して、企業に就職するサラリーマンでしょう。

しかし、入る業界や会社によって状況は各々異なってきます。

ここでは、会社の状況別に年収1000万円を稼ぐにはどうすればいいか見ていきましょう。

 

 

一流企業に勤めている場合は、そのまま走れ

 

東証一部に上場している企業の平均年収を見ると、1000万円を超えている会社が60社ほどあります。

その中のどれかに入ることができれば、そのまま会社で努力を続けていればいずれ年収1000万円に届くでしょう。

ただし、そのような会社は役職無しの社員でもかなりのやり手が大勢います。

自分もその一人になるために、就職後も走る必要があります。

その他、年収が高い業界を見るなら、金融・商社・テレビや新聞などのメディアになります。

 

 

大手企業に勤めている場合は、中間管理職

 

そこまでの一流企業でなくても、大手企業に入ることができれば年収1000万円も比較的近くにみえてきます。

大手企業で、それだけの報酬を得たいと思うならば、中間管理職になる必要があります。

そのためには出世が必要になってきます。

自分の仕事をきちんとこなして評価をもらうことは基本ですが、さらにそこにリーダーシップも求められます。

役職について部下を得るのですから、これも当然のことです。

やる気のない部下の尻を叩き、かみついてくる部下をなだめ、同じ目的に向かって走らせる能力が必要になってきます。

 

 

中小企業に勤めている場合は、役員になれ

 

会社の規模と年収は比例する傾向にありますので、中小企業ではそれほど高い年収は望めないかもしれません。

しかし、それでも役員になれば年収1000万円の道もみえてきます。

あるデータによると100人くらいの規模の会社の役員に年収1000万円が多いと言われています。

100人の会社なら、役員は3~5人なので、大体統計とも一致してきます。

小さい会社とはいえ、役員になるのはなかなか大変です。

リーダーシップもそうですが、経営に携わることになるので、社会情勢に常にアンテナを張って、いろいろな策を講じていくだけの能力が必要になってきます。

経営知識、人脈なども必要になってくるので、日々の仕事の中以外でもそれらを培っていく必要があります。

 

 

士業の場合

 

サラリーマン以外に士業に携わっている方もいるでしょう。

資格をとって、その知識を駆使して働いている方たちです。

代表的な士業を見ながら、考えていきたいと思います。

 

医師もそのまま走れ

 

厚生労働省の統計では平均年収は1000万円近いので、慣れれば比較的年収1000万円は近くなるはずです。

ただし、なること自体が非常に難しい職業です。

まずは医学部に入って6年、それから研修医として2年以上働いて実務経験を積む必要があります。

勤める病院によって年収も違ってきますし、開業しても違ってきます。

どちらかというと地方のほうが医者不足の影響で年収が高いというデータもあります。

 

弁護士・会計士・税理士は少し考える必要がある

 

この三つの職業の平均年収は700万円程度と言われています。

やはり開業して成功すれば、2000万、3000万と稼げる職業ですが、そこには営業の手腕も必要になってきます。

会社に入って企業内弁護士などとして働くこともできますが、やはり会社の規模によって年収にも差が出てくるようです。

年収1000万円を狙うなら、開業も視野にいれつつ、やり方を少し考える必要がありそうです。

 

 

大学教授になることさえできれば

 

大学教授もまた年収1000万円を狙える職業です。

平均年収が1000万円を超えているので、なることができれば目標はほぼ達成と言えます。

しかし、やはりなるまでが大変です。

少子化で教授のイスの数も増えませんので、ポストが空くのを待つ必要もあります。

博士号を取得して、どこかの大学に就職してからがキャリアの始まりです。

助手、講師、助教授と順番に出世していく必要があります。

教授になれるのは早くて30代の終わりと言われています。

ただし、大学によって違うので一流大学ほど教授になるのが遅くなるでしょう。

 

 

まとめ

 

【職種別】年収1000万以上稼ぐにはどうすれば良い? ということで見てきました。

年収1000万円を狙える職業というのは大体決まっています。

サラリーマンならば、会社の規模に応じての出世が必要です。

また、士業で狙いやすいのは医師・弁護士・会計士・税理士など難関資格となっています。

それ以外の職業でももちろん年収1000万円をねらうことはできます。

ただし、それにはその業界や職種で一握りの人間になる必要があります。

合わせて読むべき記事

f679324f53a54779994a8e8fa532d3

学歴もスキルもないけど年収1,000万以上稼ぐには?

学歴もスキルもないけれど 学歴や資格というのは、はっきりと目に見える能力・成果と言えるでしょう。 独…

outdoor-office-workspace-setup-with-high-ceiling-picjumbo-com

稼げる仕事に就くために!今注目の職業3選(大阪編)

個人営業の飲食店が日本全国の繁華街の中でも最も多い 大阪という街は、日本全国の繁華街の中でも個人営業…

bc0e5a0a438b321594ed1d73d29f330c_s

年収1,000以上の生活の実態調査

年収1,000万円の手取り 総支給から税金などを引いた、実質自由に使えるお金のことを可処分所得と言い…

P1100451

年収500万以上の生活ってどんな感じ?実は意外と普通なのでは?

生活レベルは年収の金額ではなく、手取りの金額によって決まる 一般的なサラリーマンをしていると、額面支…

writing-1149962_1920

独身者と既婚者で違う!年収500万以上の生活とは

年収500万円の生活 まずは手取りを考える   すでに社会に出ている人なら、説明の必要もあ…

cf4eb4f1668a9e0a8243d5e8f056a09e_s

日本人の平均年収よりやや上?年収500万以上の生活とは

年収500万円に到達できる時期   年収500万円以上もらっているのは、全労働者のうちの約…

pexels-photo-533189

男性必見!東京で高収入な仕事ランキング

【東京】高収入仕事ランキング   東京都の平均年収612万円。 中央値572万円となります…

865b8c7dbaf1c427818a6e2bf3599084_s

どうやったら年収500万以上の生活ができるの?稼ぐ男から学ぶワークライフバランスとは?

ワークライフバランスで重要なのは年収? まず、ワークライフバランスという言葉の定義から念のため説明し…

29545cb16d836240304199a00ae64286_s

年収1000万以上の仕事を探すときに注意すべきポイント

年収1000万円に対する感覚   年収1000万円というのがサラリーマンにとってひとつの目…

business-2297833_1920 (2)

年収500万以上稼ぐには絶対に外すことができない条件

年収500万円以上を達成するための条件 年収500万円以上を達成するためには、どうしたらいいでしょう…